2017年10月10日 更新

絶版になったけど一度乗ってみたい軽自動車!スズキ セルボ編

平成18年から平成21年の販売で非常に短命では有りましたが、一度は乗ってみたいなと筆者は感じました。スペックや現在の価格帯等、筆者が乗ってみたい、乗ってもらいたい理由を記載していきます!!!

絶版になったけど一度乗ってみたい軽自動車!スズキ セルボ編

スズキ セルボの歴史を見てみましょう

まずは、発売当時のCMから!

スズキセルボの外装デザイン等

 (15756)

スズキ自動車が、開発・販売しているんですかと思うほど(失礼)、曲線的でレーシーな仕上がりになっていると筆者は感じます。実は筆者は、過去にスズキのカルタス・セルボモード・ワゴンR等を所有したことが有ります。このセルボに関しては、スズキの香りを外装からは感じませんでした。凄く新鮮な感じが致しました。もしかするとスズキらしさ不足で短命だったのかもしれません。
 (15757)

スズキセルボの内装は?

 (15758)

内装を見ていると凄くスズキの香りがします。意外とレーシーな雰囲気を出していることと、当時の年式ではゲート式のオートマというのがレーシーであったのではないかと感じます。この時代、コラムかインパネシフトというのが主流になりつつある中、あえてゲート式というのが筆者は好きなところでもあり、販売数量が少なくなってしまった要因かもしれません。
 (15759)

スズキセルボの具体的な主要緒元と車の特徴

全長 3,395mm全幅1,475mm全高1,535から1,545mm。ホイールベース2,360mm。車両重量790から 870kg。当時の軽自動車の中では、比較的軽量サイズであります。K6Aエンジン54psとK6Aインタークーラーターボ60psとなっています。特筆すべきはミッションで、スズキとしてはスポーツグレードに搭載したマニュアル機構付き7速CVTがスズキ軽自動車にて初搭載で力を入れていた部分でも有りました。私も一度試乗だけしたこと有りますが、非常に軽快で楽しかったと記憶しています。新車時の価格帯は、995,400円から1,545,600円となっておりました。
 (15760)

スズキセルボの中古車相場と購入したいグレード!!!

中古車の販売台数は、現時点では500台前後です。(本体価格は、39.000円から850.000円まで)
筆者の調べによると平成19年の走行の1番少ない3000㎞のGグレードで、車体価格55万円乗り出し価格63万円となっていました。比較的安価で購入できる車両でも有ります。走行170000㎞というのも19万円で有りましたが、ここはやはり1番程度のよく1番の乗ってみたいもしくは乗ってもらいたいグレードでご紹介をしたいと考えております。
筆者的には、三点のエアロが付いていて、マニュアルモード付きCVTそしてターボ車であるという観点からTXを選んで行きたいと考えます。FFであれば平成18年で13000㎞・45.9万円という車両販売価格が付いているものが有りました。
参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020400730170731004.html

筆者のように雪の多い地区に住んでいる場合は、どうしても4WDが必要となると考えます。実は、この4WDとなるとどの軽自動車も非常に価格帯が上がっていきます。筆者もいつも悩むところであります。
筆者が見つけた中古車では、平成22年18000㎞で85万円の車体価格
参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/939017021200903599008.html
年式が新しいということもあるのですが、お高くなっていきます。
もう少し価格を抑えた形で行くと、平成18年33000㎞で59.9万円の車体価格というのが有りました。
参考URL
http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090364530171004002.html
※(注)参考URLは、筆者調査当時のものですので、価格や掲載終了等により変更やページの消失等があるかも知れないことを予めご了承ください。

筆者的には、やはりセルボはターボのグレードで且つエアロが付いているTXを一度は乗ってみたいと感じます。又は、比較的安価な車両を手に入れて下記に有るようなアクセサリーを在庫のある限り購入して自分流にカスタマイズするというのも良い考えかもしれません。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me