2017年10月22日 更新

あなたのピッタリが見つかるかも!?東京モーターショー2017ダイハツ出展車両まとめ

最近のダイハツといえば、トヨタやスバルなどを兄弟車種としているトールの人気が素晴らしいですが、他にもムーヴなど様々な人気の軽自動車をメインに販売していることで有名ですね!今回はそんなダイハツ注目の東京モーターショー出展車両についてご紹介していきたいと思います!

あなたのピッタリが見つかるかも!?東京モーターショー2017ダイハツ出展車両まとめ

「一人ひとりにうれしいものを」

 (16506)

東京モーターショー2017の開催も近日に迫り、各自動車メーカーが公開する車両を発表しておりますが、2017年に創業110周年を迎えるダイハツのブースに今年は注目かもしれません、、、

「Light you up」を新たに掲げ、「一人ひとりにうれしいものを」のコンセプトとした様々な車両をお客さまに提供するとのこと。

東京モーターショー2017でも、そのコンセプト通りに様々な用途、好みに合わせた世界初公開車両(コンセプトカー)を披露してくれることでしょう!

今回はそんなダイハツで注目のコンセプトカーについて、解説していきたいと思います!

東京モーターショー2017に出展の注目すべき車両一覧

MOTOR SHOW 2017/2018 | ダイハツ工業株式会社 (16510)

早速ですが、創業110周年のダイハツが提案する世界初公開となる車両の数々を見ていきたいと思います!

DN PRO CARGO(ディーエヌ プロ カーゴ)

ダイハツ 第45回 東京モーターショーに「DN PRO CARGO」「DN COMPAGNO」などを出展|ニュース&トピックス|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト (16513)

様々な仕事やライフワークを力強くサポートしてくれる。

DN PRO CARGOを紹介するのであれば、このような言葉が最適かもしれません。

DN PRO CARGOは、1957年に発売し様々な用途にて活用された「ミゼット」を現代版にリメイクしたような車両となっています。
 (16515)

DN PRO CARGOは2名定員の電気自動車となっており、軽自動車ながら広い室内を最大限に活用し商業車にも個人の趣味としてのレジャ車両にもオススメの1台。

室内は1,600mmの高さを誇り、ウォークスルーも可能となって使い勝手も抜群です!

さらにマルチユニットシステムを搭載し、自分の用途に合わせて車両室内を自在に変更できますので、自分好みの室内空間を演出できます。
 (16517)

電気自動車が主流となれば、広い室内からキャンピングカーとしても利用できそうです!

ただし低身で車高もあまり高くはないので、荒地は無理がありそうですが、高い室内性能は今後の軽自動車に受け継がれていくことでしょう!

DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)

ダイハツ 第45回 東京モーターショーに「DN PRO CARGO」「DN COMPAGNO」などを出展|ニュース&トピックス|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト (16520)

先ほどご紹介したDN PRO CARGOが商業車よりだったのに対して、家庭がある、特にお母さんを意識した車両となっているのが、このDN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)です。

名前の通り、ゆとりある室内環境を強みにしている車両で、普段使いでとても便利な機能が満載の軽自動車となっています。

デザインはエクステリア、インテリア共に近未来的であり、シンプルなデザインでまとめられており、幅広い層のユーザーの支持を得られるものとなっていますね!

 (16522)

特に注目なのが、中央のピラをなくした上に、大きくスライドして開くドアで、車両に乗り込む所からゆとりを感じさせる作りとなっています。

また助手席は画像のように前方へ簡単に畳むことが可能ですので、お子さんを乗せる際や荷物を乗せる時にとても便利!

パワートレーンに関しては、ガソリンエンジンとなっているようで、今後の市販化が楽しみな1台ですね!

軽自動車だけじゃないダイハツのコンセプトカー!

 (16525)

ダイハツは軽自動車といったイメージが強いと思いますが、今回の東京モーターショーで注目するのは軽自動車だけではありません。

ダイハツは軽自動車以外に新たに提案する3つのコンパクトカーが出展され、それぞれ個性を持った素晴らしい車両となっているように感じられます!

ここではそんな三台について、簡単に特徴を紹介していきたいと思います!

「DN COMPAGNO(ディーエヌ コンパーノ)」

INTERVIEW | MOTOR SHOW 2017/2018 (16528)

この車両は、1963年に発売した「コンパーノ」を彷彿とさせる美しいボディに4人乗車できる機能性も備えたコンパクトクーペとなっています!

エクステリアの美しさも素晴らしいですが、前席のゆったりシートとアナログとデジタルの良いところを合わせたようなインテリアにも注目です。

パワートレーンには1,000ccのターボエンジンと1,200ccのHVとなっている模様!

走りの楽しさとお手頃さを体感できる1台となりそうな予感がします!

「DN TREC(ディーエヌ トレック)」

ダイハツ 第45回 東京モーターショーに「DN PRO CARGO」「DN COMPAGNO」などを出展|ニュース&トピックス|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト (16531)

街乗りにも休日のレジャーやアウトドアにも性能は発揮してくれる、「DN TREC(ディーエヌ トレック)」はユーザーを選ばない手頃なSUVとなっています!

パワートレーンは先ほどのDN COMPAGNOと同じ2種類のラインナップとなっており、エコを意識する方から走りを重視するユーザーにまで幅広く対応してくれます。

エクステリアも欧州車に近い雰囲気を感じさせており、見た目も性能も文句なしの新たなSUVの誕生となりそうです!

「DN MULTISIX(ディーエヌ マルチシックス)」(コンパクトカー)

ダイハツ 第45回 東京モーターショーに「DN PRO CARGO」「DN COMPAGNO」などを出展|ニュース&トピックス|ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト (16534)

個人的に一番好みなのが、この「DN MULTISIX(ディーエヌ マルチシックス)」です!

この車両は6人乗りのプレミアムSUVとなっており、ゴージャスなエクステリアとゆとり溢れる室内空間が魅了的な車両となっています。

ダイハツのプレミアムSUVってどうなんだろうか?

このような疑問もあるかもしれませんが、1,500ccと低排気量のガソリンエンジンを搭載したこの車両は他のプレミアムSUVに比べて手の出しやすい車両となるかもしれません!

この見た目と室内環境でお手頃なら十分ヒットするように感じる(個人的に)ので、是非とも市販化してもらいたい1台です!

東京モーターショー2017は10月28日より一般公開!

MOTOR SHOW 2017/2018 | ダイハツ工業株式会社 (16537)

今回はダイハツが東京モーターショー2017に出展する車両をご紹介していきましたが、いかがでしたか?

軽自動車からコンパクトカーまで、コンセプトに合わせた様々な車両が揃っている印象です。

車だけでなく可愛いコンパニオンの女性も見所な東京モーターショーは10月28日より一般公開となっているので、会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか?
*ここで公開できていない車両の写真については、公式ホームページにて公開されております。

気になる方は、こちらをどうぞ↓
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき