2019年10月4日 更新

BMW 4 Conceptがフランクフルトモーターショーで公開に!

BMWは、BMW 4 ConceptをIAA・フランクフルトモーターショー2019で公開しました。流れるようなクーペデザインに、BMW固有のキドニーグリルを強力にアピールしたモデルになっていそうです。同モデルをご紹介します。

BMW 4 Conceptがフランクフルトモーターショーで公開に!

BMW 4 Conceptのエクステリア等

フロントビュー

BMWコンセプト4は、非常に低フォルムなディテールが特徴的です。独特のキドニーグリル、注目度のあるエア吸入口、際立ったディテールが施されたエクステリアは、車のパフォーマンスにドライバーが魅力的に感じるキャラクターとなっています。

スリムで焦点をあわせたツインヘッドライトは、わずかに角度が付けられていて、キドニーグリルと連動して、フロントエンドに強いアイデンティティのあるモダンな印象に仕上げています。印象的なLED照明素子には、ガラスカバーが無い仕様です。

ヘッドライトは、立体的な彫刻のようにボディに組み込まれています。これによって、フロントエンドにさらに現代性と技術的な洗練感を感じることが出来ますね。シャープな輪郭のボンネットは、強力なボリュームと正確な縁取りが行われていて、フロントエンドのラインを押し出し感のあるものに昇華しています。大胆な構造で、キドニーグリルを宝石のように縁取っていますね。
https://www.netcarshow.com/ (66171)

via https://www.netcarshow.com/

サイドビュー

BMWコンセプト4は、BMWの特徴的なプロポーションを最新の設計で表現しています。引き伸ばされたボンネットや長いホイールベースに、流れるルーフラインや短いオーバーハングは、モダンでエレガントでダイナミックなクーペディテールをス繰り上げています。

シルエットの中で、BMWコンセプト4の超高純度のエクステリアは、強力で魅力的なディテールを形成しています。きちんと彫られたボリュームと少数の非常に正確な輪郭の相互作用によって、躍動感とダイナミズムが映し出されていますね。

表現力豊かなエクステリアペイントであるForbidden Redは、車のボディを特に鮮やかに強調するカラーです。いつでも豊かで光沢のある赤を投影し、影はコントラストを作り出してくれます。

アスレチックなサイドボディには、細長い窓開口部のガラスハウスが組み込まれていて、サイドのダイナミズムがさらに強調される仕様です。長く広がりのあるルーフラインはトランクリッドにスムーズに流れ込むことで、後部に高級でスポーティーな印象を与えています。

膨らんだ後輪アーチは、全体的なボディに流れる力を視覚的に与え、ショルダー部をより高く持ち上げたデザインです。前輪の上の細いプレスラインは、きちんとした動的バランスとしてデザインされています。この前後の調節されたボリューム感によって、視覚的に美しく力強いディテールに仕上がっています。2組のホイールアーチを組み合わせることで、BMWコンセプト4であることを主張する仕上げですね。

ホイールアーチ間の水平なメインラインは、サイドの個性を映し出す特徴的なディテールです。車のサイドに沿って比較的低く走り、視覚的な重心が低く見える仕様になっています。さらに下のラインでは、前輪後部からトランクリッドに向かって上昇するキャラクターラインが描かれていて、走行性能の高さが伺えます。
https://www.netcarshow.com/ (66172)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

BMW Concept 4のリアは、スポーティな車にふさわしくするために、低フォルムなデイテールです。キャラクターラインは、側面から幅広で水平方向に後端に移行し、クーペデザインをさらに視覚的に低く見える仕様としていますね。

同モデルは、フロントエンドからボディサイズに流れる線を限りなく少なくして作り上げるのがテーマです。リアエンドは、すべての要素を最期に受け止めるボディ部分として、テールグラフィックとして完成させています。スポーティーなガラスパーツは、パワフルボディにインストールされていて、BMWコンセプト4のデザインに幅広でアスレチックなショルダー部を与えています。
https://www.netcarshow.com/ (66173)

via https://www.netcarshow.com/

フロントとリアでのポイント等

フロントエンドの中心で注目を集めるのは、垂直デザインのキドニーグリルです。グリルは、常にBMWモデルの中心であり、ポイントとなっていますね。BMWコンセプト4は、象徴的なグリル機能を上品に取り入れています。BMWコンセプト4は、今後の4シリーズデザインの方向性を示唆しているとも言えますね。

垂直方向のグリルラインは、フロントエンドにはシームレスに接合し、BMWの輝かしい過去モデルを髣髴とさせるデザインです。BMWでは、グリル形状とデザインをBMW328やBMW 3.0 CSiなどの伝説的なクラシックを参考にして設計したとの事です。BMWブランドの優れたクーペメーカーとしての長い歴史にスポットライトを当てていますね。

キドニーグリルには、いくつか手の込んだ仕掛けがあります。格子自体には、フロントエンドのスポーティなデザインに対してきちんとしたコントラストを作り、グリルに深さと排他性を与える、ファセットカットの水平トリム要素が含まれています。近くを見ると、別のハイライトが明らかになります。キドニーグリルとエア取り入れ口内の複雑な格子は、一緒に結合された小さな「番号4」の配列で構成されています。
https://www.netcarshow.com/ (66174)

via https://www.netcarshow.com/
リア部のスポーティな水平方向に焦点をあてると、道路上でも頑強なスタイルを主張するのが伺えます。スパルタンなリアエプロンに組み込まれたディフューザーは、車を垂直方向に分割するように設計されています。垂直フィンは、車のテールのきれいな面を分割して、さらにスポーツ性能を表現しています。

金属粒子による高光沢ブラック塗装仕上げは、視覚的なインパクトをさらに追加していますね。スクエアマフラーエンドのペアは、BMWコンセプト4のデザインを新しくダイナミックなものにアップさせています。それぞれの輪郭が、後部にスポーティな水平方向の焦点を強調して、道路上で頑強なスタイルを主張しています。

https://www.netcarshow.com/ (66175)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

BMWは、フランクフルトモーターショー2019でBMW 4 Conceptを公開しました。未来の4シリーズになるとの予想もされているので、現時点でエクステリア等は、市販に向けた完成度も高いのではないでしょうか。現在内装やパワートレインの詳細がはっきりしていないのですが(筆者調べ)、今後さらに多くの情報がわかりましたら、改めでご紹介できればと考えます。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me