2017年11月30日 更新

ルノー新型メガーヌ見てきた!価格は263万円から!美しいエクステリアを画像でチェック!

2017年11月9日にフルモデルチェンジされた新型メガーヌを見てきました! 東京モーターショーで撮影した画像で、その魅力に迫ります!

ルノー新型メガーヌ見てきた!価格は263万円から!美しいエクステリアを画像でチェック!

新型 ルノー メガーヌってどんな車?

 (19214)

今回のフルモデルチェンジで4代目となる新型メガーヌは、「ルノー・スポール」が開発したスポーツグレードであるGTシリーズのみが日本に導入されます。

新型メガーヌのグレード展開は、

・1.2リットル直噴ターボエンジンを搭載する「GTライン」
・1.6リットル直噴ターボエンジン搭載の「GT」
・1.6リットル直噴ターボエンジン搭載の「スポーツ・ツアラーGT」

の3タイプとなっています。
スポーツ・ツアラーGTは、全長がストレッチされたワゴンのようなモデルです。

今回の新型メガーヌの最大のトピックは、このクラスとしては珍しい4輪操舵システムを導入。
新型メガーヌに搭載される「4コントロール」と呼ばれる4輪操舵システムは、電子制御のアクチュエーターでタイロッドを動かしリアタイヤを操舵し、リアの切れ角は最大で2.7度となります。

多くの4輪操舵システム同様に、時速約60km未満(スポーツモードでは時速80km未満)では後輪は前輪と逆方向に向く逆位相となり、クイックなコーナリング性能を発揮。
一方、時速約60km以上(スポーツモードでは時速約80km以上の走行時)では後輪は前輪と同じ方向を向く同位相となり、安定性を高めます。

スポーツカーや高級セダンに搭載されるような4輪操舵システムを、Cセグハッチバックに搭載してくるのは大きなトピックになると思います。
 (19212)

↑新型メガーヌ スポーツ・ツアラー。
ホイールベースからストレッチされて、後席の居住性や積載性が向上したゆとりあるモデルです。

新型メガーヌGTのエクステリアをチェック!

東京モーターショー2017のルノーブースに展示してあった新型メガーヌを見てみましょう。
 (19208)

大きなルノーのエンブレムを中心に、丸みを帯びたフォルムの新型メガーヌ。
同じCセグハッチバックには、フォルクスワーゲンのゴルフやBMW1シリーズ、メルセデスAクラスなどがありますが、どれにも似ていない独特なデザインです。
 (19209)

それでいてプレミアムCセグメントにふさわしい質感も備えています。

アイライン調に光るポジションランプはヘッドライトより下側まで回り込んだデザインになっています。
グリル周りもピアノブラック塗装されていて、見た目にきらびやかで高級感を感じました。
 (19210)

リアデザインも特徴的で、左右に長いリアコンビネーションランプが印象的です。
リアに向かってボディ上屋が絞り込まれており、他のCセグハッチバックに比べてもスポーティーなエクステリアです。
非常に個性的だと思いました。

バンパー一体型になっているマフラーは、ダミーではなく奥にマフラーが見えます。
 (19215)

こちらの白いボディがメガーヌGTスポーツツアラー。
Dピラー周りが延長されてリアガラスとサイドウィンドウグラフィックが連続するデザインになっているのが見分けるポイント。

リアパンバー周りも専用デザインになっており、マフラーは片側1本出しになっています。

新型メガーヌの内装は?

続いて新型メガーヌの内装を見てみましょう。
 (19222)

まずは新型メガーヌの運転席周りから見てみましょう。

運転席ドアを開けると、ドアトリム部分に青いラインのオーナメントが入っていました。
ちなみにヒンジは鋳造製ではありません。

ドアシルプレートも付いていて、質感的には悪くありません。
 (19224)

新型メガーヌの前席はこんな感じの見栄えになっています。

デザインとしてはオーソドックスながら、全体的にスポーティな雰囲気が漂ってきますね。
 (19236)

新型メガーヌのステアリングホイールは小径で握りが太く、いかにも走りを強調したステアリングホイールになっています。
そして、大型のパドルスイッチが付いていました。
 (19225)

インテリアデザインはオーソドックスながら、メーターには昨今流行りの液晶メーターが装備されています。
液晶メーターだとスポーティな演出ができたりと、遊び心も取り入れられるのがメリットですね。
 (19226)

新型メガーヌのインパネ周りは非常にシンプル。
特にナビ周りはそっけないほど平板で何も無く、液晶パネルがくり抜かれている感じです。
このあたりの質感表現は、ライバルに対してはやや劣るなという印象です。

そのまま平板な感じがエアコンの操作パネルにまで続いています。
 (19240)

新型メガーヌには、電動パーキングブレーキが採用されています。
昨今ではCセグメントにも当たり前に装備されるようになってきましたね。
ゴルフが2013年に導入してから徐々に他のメーカーにも採用されるようになりましたが、こちらの新型メガーヌには、電動パーキングブレーキはありますが、ブレーキホールドのスイッチが見当たりません。
他のフランス車同様に、電動パーキングブレーキはあれど、ブレーキホールドは無い状態のようです。

ブレーキホールドが無いと、電動パーキングブレーキのありがたさは半減するので、ぜひとも早期導入されることを期待しましょう。
 (19227)

また、衝突被害軽減ブレーキ「アクティブブレーキ」などは、歩行者や自転車、バイクなども検知しないタイプで、完全停止までサポートしません。あくまで軽減レベルに留まり、最近の安全装備としてはやや見劣りします。
さらに、アダプティブクルーズコントロールの設定自体も無いなど、ライバルに対しては大きく劣っています。
 (19229)

続いて、新型メガーヌの後席も見てみましょう。

後席が広いスポーツツアラーでなくても、新型メガーヌの後席足元はCセグハッチバックとしては標準的な広さを確保していますね。
後席のシートもスポーティです。

また、センターコンソール後端にはエアコンのアウトレットがあり、後席アームレストも完備されています。
後席でも快適に過ごせるようにできていますね。

新型メガーヌのラゲッジスペースをチェック

続いては新型メガーヌのラゲッジスペースもチェックです。
 (19230)

スポーツツアラーは更に広いラゲッジスペースを有していますが、ハッチバックのメガーヌGTでも十分な広さがあります。

後席を倒せば、フラットにはなりませんがラゲッジスペースを拡大することも可能。
 (19231)

スポーツツアラーだと、フロアと後席を倒した部分がフラットになりさらに使い勝手が向上します。

まとめ 新型メガーヌを見た感想・評価は?

新型メガーヌGTを初めて見ましたが、そのエクステリアには純粋にかっこいいと感動できました。
低くワイドなデザインはいかにも走りそうで、ホットハッチとしてアクティブに走りを楽しみたい人にはもってこいではないでしょうか。

一方内装では、スポーティなデザインながら、ナビ画面周りなどはライバルに対しては少し質感面で劣る印象も受けました。

後席やラゲッジスペースに関しては、Cセグハッチバックとしては標準的な使い勝手ができそうです。

安全装備や先進装備ではライバルに対して遅れている部分もありますが、その分、4輪操舵を導入したりと走りの性能に振っているようです。
新型メガーヌの走りは、ぜひとも試乗して体感してみたいですね。

新型メガーヌの価格は?

ルノー新型メガーヌの価格は


・ルノー・メガーヌGT(1.6リットル直噴ターボエンジン)
 3,340,000円

・ルノー・メガーヌ・スポーツ・ツアラーGT(1.6リットル直噴ターボエンジン)
 3,540,000円

・ルノー・メガーヌGT-ライン(1.2リットル直噴ターボエンジン)
 2,630,000円


となっています。

ルノー新型メガーヌが気になる方は、お近くのルノーディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

46 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス