2017年10月25日 更新

BMW i Vision Dynamics Conceptがフランクフルトモーターショーで発表されました。次世代BMWの志向を追ってみます!

EV自動車としては航続距離が長くなり、しかも速度もかなり速いBMWの未来の車がフランクフルトモーターショーでお目見えしました。東京モーターショーではお目見えするかは???ですが、このEV自動車を追ってみます!

BMW i Vision Dynamics Conceptがフランクフルトモーターショーで発表されました。次世代BMWの志向を追ってみます!

まずは何をおいても動画から!

BMW としては!
BMW i Vision Dynamicsはあらゆる角度から近代性、進歩性、魅力的な技術的美学を追求しています。 BMWブランドの先駆者として、BMWグループの将来のビジョンを感情的に探求したEV化を非常にはっきりと表現しています。確かに、BMWは、今後数年間でスポーティでエレガントな車両を開発していくでしょう、と語っています。

参考URL
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/

未来系と現在系の狭間にいるエクステリアデザイン

https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16133)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
実は、一昨年前にネクスト100年ビジョンビークルをBMWでは発表しました。その一連の流れの中に今回のBMW i Vision Dynamics Conceptが位置づけられているようです。それにしてもかなり先の未来性を感じる部分も多いと感じますが、実現間近な気もして成りません。そこがBMWのデザインは新旧を融合していくということなのだろうと感心致します。
 今回のフロントデザインもひと目でBMWとわかるルックスです!、今回i8が東京モーターショーでお目見えしますがi8のヘッドライトとよく似ている気もします。今後のBMWの顔つきがこうなっていくのかなと期待も致します!!!

https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16134)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
サイドを見てもとにかく仕切り感の少ない形状となっていることが伺えます。そして大径ホイールの装着!23インチクラスはあるように思います。また今までのBMWのフロントノーズよりも短いところがEV化されたことと関係しているようにも思います。
テール部分は、表示がLEDの新デザインに成っており、ナンバープレートもこういう風に表示されたら良いでであろうなと、非常に未来性を直感させるデザインと思います。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16135)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16132)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
BMWと一発で解るデザインなのに凄く斬新なグリル!今までのグリルと違い浮かび上がるようにLEDが配置されています、そして抜き出す感じにに見せることで今までのグリル形状を思い出すことの出来るようBMWでは配慮しているようです。新旧の融合してもBMWとひと目でわかるデザインにすることが大事だということでしょう!!!
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16136)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
EV自動車とは思えないほど張り出したリア形状!BMWのロゴマークははっきりと主張しているように見えます。今回出展のi8コンセプトもテールランプの両サイドが上がり基調と成っていますが、このBMW i Vision Dynamics Conceptも同様に成っていると感じました!何となく次期BMWは、顔だけでなくお尻も強烈に主張している気が筆者は致します!
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16137)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
最近の欧州車のカラー傾向がうかがえる写真だと感じます。そうですボンネットやルーフがブラック基調となっているという点です。他のメーカーもこの配色を意外と採用もしています。そして特徴的な造形のボンネットが筆者的には格好良いなと感じます。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16138)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
この上下の二点の写真の概要を色々調べたのですが確固たる内容が見当たらなかったので、筆者個人の感想を盛り込みます。走行中に走行の右側を照らし続けているという意味があると感じます。欧州では左ハンドルなので見えづらい右側を照らしているという解釈になりました。※有っているかは不明です・・・。
https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/ (16139)

via https://www.netcarshow.com/bmw/2017-i_vision_dynamics_concept/
詳細なデータが出てきていないのですが、今回のBMW i Vision Dynamics Conceptは、600kmの航続が可能でありしかも200km/hの速度を出すことが可能という航続距離のロング化及び高速走行可能の両方を携えての登場となっております。そして完全EVとなっているようです。2025年までには、このBMW i Vision Dynamics Conceptである4ドアセダンの導入をBMWでは考えているようです。今回の東京モーターショーでお目見えするかは???ですが、将来のBMWの一台の構想図の中にあることは間違いないようです!!!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me