2017年6月9日 更新

新型ミライース販売好調!月販目標の2倍を上回る約2万台を受注!

2017年5月にフルモデルチェンジを行ったダイハツの新型ミライースの販売が好調で、月販目標の2倍を超える約2万台を受注したとのこと!好調の理由はどこにあるのでしょうか?

新型ミライース販売好調!月販目標の2倍を上回る約2万台を受注!
 (9714)

月販目標の9,000台の2倍を上回る約20,000台を受注!

ダイハツが2017年5月9日にフルモデルチェンジして発売した軽乗用車「ミラ イース」の累計受注台数は、発売後1ヶ月(6月8日現在)で、月販目標台数(9,000台)の2倍を上回る約20,000台となっているそうです。


新型ミライースは、先代から引き継がれている低燃費性能と、842,000円からという車両本体価格のお求めやすさはそのままに、ベーシックな軽自動車ながら先進の衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」や「コーナーセンサー」を採用。
さらに基本性能や使い勝手の向上を図ることで、最もベーシックな軽だからこそ求められる、総合的なバランスを高めたモデルとなっています。

ダイハツの発表によると、新型ミラ イースをご注文いただいた顧客の8割以上がスマートアシストⅢ搭載グレードを選択しているとのこと。

さらに、購入層は50代以上を中心に、老若男女幅広い世代に支持されているそうです。
地方では日常の足としてどうしても車が必要な方もいるでしょう。
高齢ドライバーによるアクセル踏み間違えなども問題となっている昨今、お求めやすい価格で、安全装備が付いた新型ミライースは、社会貢献的な意味でも価値のある軽自動車だと思います。

好評なポイントは?

 (9715)

購入者からの新型ミライースの好評なポイントとしては、

・お求めやすい価格で設定されたスマートアシストⅢやコーナーセンサーなどの安全装備
・35.2km/Lの低燃費と842,000円からのお求めやすい価格
・力強さと先進性を表現したデザイン
・ストレスなく運転できる加速性能や上質でフラットな乗り心地などの基本性能

などが挙げられているそうです。

実際に私も新型ミライースに試乗させてもらいましたが、アクセルに対しての加速感も良いし、明るい室内コーディネートなど、ベーシックな軽自動車ながら満足できる質感を備えていると思いました。

営業車としての需要も見込める新型ミライースですが、これからの販売動向にも注目ですね!
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部