2017年4月10日 更新

N-BOX が2年連続トップ!強すぎる!2016年度軽自動車販売ランキング

全国軽自動車協会連合会が発表した2016年度(2016年4月~2017年3月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)では、ホンダのN-BOXが13ヶ月連続1位で2016年度のトップに輝きました! これは2015年度から2年連続!強すぎる!!

N-BOX が2年連続トップ!強すぎる!2016年度軽自動車販売ランキング
 (5663)

モデル末期とは思えない強さを誇るホンダN-BOX!

 (5655)

昨日の記事で、2017年3月度の軽自動車販売ランキングをご紹介しましたが、年度末の3月が締まったことで、2016年度全体のランキングも発表されています。

全国軽自動車協会連合会が発表した2016年度の軽四輪車通称名別新車販売台数ランキングでは、ホンダのN-BOXが19万2369台(11.4%増)で、2年連続のトップとなりました!

N-BOXは2011年のデビューからもう6年目に突入しているモデル末期ながら、他社の軽自動車を寄せ付けない強さでトップに君臨!
どうしてそこまで強いのか!?
chibica編集部ではその秘密に迫るレポートをしてきましたので、近日公開したいと思います!

そして、N-BOXはモデル末期なだけに、今年の8月ころにフルモデルチェンジを控えています。
こちらのフルモデルチェンジ情報も入り次第お伝えいたします。

2位はダイハツのタント!

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (5654)

2016年度の軽自動車年間販売台数ランキングの2位はダイハツのタント!

3代目となるタントは、「打倒N-BOX」を命題に、両側スライドドア+ミラクルドアという他社にはない魅力を搭載してデビュー。
2016年度の販売台数は14万8727台(2015年度対4.5%減)と、人気に若干陰りが見えてきていますが、その商品力は未だ一線級です。

3位はダイハツムーヴが昨年超え!

3位にはダイハツのムーヴがランクイン!11万5177台を販売し、2015年対比15.8%増で昨年の6位から大躍進!
これは、2016年秋に発売されたムーヴキャンバスが台数に加えられているため。
ワーゲンバスのような可愛らしいスタイルのムーヴキャンバスは女性を中心に支持されていて、その影響が大きいようです。
ワンダー速報 (5658)

4位以下は明暗分かれる

2016年度の軽自動車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年度比)。

1位:N-BOX(ホンダ)19万2369台(11.4%増)
2位:タント(ダイハツ)14万8727台(4.5%減)
3位:ムーヴ(ダイハツ)11万5177台(15.8%増)
4位:デイズ(日産)10万3193台(26.5%減)
5位:アルト(スズキ)9万6043台(10.1%減)
6位:スペーシア(スズキ)9万2711台(22.3%増)
7位:N-WGN(ホンダ)8万6627台(2.8%増)
8位:ハスラー(スズキ)8万4624台(9.2%減)
9位:ワゴンR(スズキ)8万3213台(17.2%減)
10位:ミラ(ダイハツ)6万8148台(20.1%減)

大幅減になっているのは、燃費不正問題の影響が出た日産のデイズ。
逆に大幅増になっているのがスズキのスペーシア。N-BOXやタントの影に隠れてしまっていますが、真面目に作られているし安全装備も充実している実力のある車です。
スペーシアカスタムZという押し出しの強いマスクのモデルもデビューし、販売を底上げしています。

まとめ 2017年はさらに軽自動車ランキングが荒れそう?!

N-BOXが不動の1位をキープしていますが、そんなN-BOXのフルモデルチェンジが控えています。
そして、2017年2月にはスズキの主力車ワゴンRもフルモデルチェンジを済ませたばかり。
2017年は、ミライースを始め、軽自動車のフルモデルチェンジが相次ぐのでこれからのランキングも目が離せない物になりそうです!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部