2018年2月19日 更新

Tata Motorsから2モデルのコンセプトカーH5X&45Xが公開!インドメーカーの未来は?

インド最大の自動車メーカーTata(タタ)から2種類のコンセプトカーが、オートエキスポ2018で登場しました。インドでは、お得意の最新テクノロジーをも駆使しているようです。コンセプトカー2モデルに迫ります!

Tata Motorsから2モデルのコンセプトカーH5X&45Xが公開!インドメーカーの未来は?

Tata Motors(タタモーター)って?

タタモーターは、インド タタグループ会社の一部門であります。ムンバイに拠点を置き、インドでは最大級の自動車メーカーでもあります。もともとは、商用車(バスやトラック)を開発・生産しているメーカーでした。乗用車部門への進出は、後発ながらもインドシェア率は、マルチスズキについで2位となっているようです。

資金面では、グループ会社としての資産も豊富で、ジャガーランドローバー、韓国のタタ大宇、スペインのタタ・イスパノなどを傘下に収めて、世界的にも進出している企業であります。

そのタタモーターから、2種類のコンセプトもモデルが発表となりました。それらが、H5Xと45X。インドデリーで開催のオートエキスポ2018でお披露目となりました。自国での発表ですので、タタモーターでも非常に力を入れていると思います!この2モデルに迫ってみます!

①Tata H5X Conceptのエクステリア

エクステリアは、タタモーターにとってはじめてのスポーツSUVの開発になるようです。先進的なデザインであっても、インドでは実用性も重要視されるとのことで、どちらも兼ね備えたモデルに仕上げているとのことです。

今回、傘下に収めているジャガーランドローバーと共同開発しているとのことです。これにより先進的で効率的なアーキテクチャを採用できているとタタモーターでは、発表しています。

フロントビューでは、非常にヘッドライト形状に特徴があると感じます。そしてデザイン的にもフロントに重厚感を持たせていると感じます。
https://www.netcarshow.com/ (23522)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、クーペスタイルのSUVを目指しているのであろうというのが伺えます。これからインドでのユーザー嗜好が、クーペスタイルSUVになることを予想しているかのようですね!

https://www.netcarshow.com/ (23523)

via https://www.netcarshow.com/
ルーフデザインは、非常にユニークでモダンなデザイン。ブラックカラーやガラス素材でブラック基調というは、最近多くあります。H5X Conceptは、ボディー同色でまるで彫刻のように描かれたデザインは、先進性と斬新さを感じます!
https://www.netcarshow.com/ (23524)

via https://www.netcarshow.com/
一方実用性を追求している部分も垣間みえます。リアのハッチが大きく開くことにより、荷物の載せ降しが楽であったり、積込量を多く出来るようになっているのがうかがえます。
https://www.netcarshow.com/ (23525)

via https://www.netcarshow.com/

Tata H5X Conceptのインテリア

インドのインターネットテクノロジーやPCテクノロジーは、すさまじい加速をしていると筆者は感じます。今回H5Xは、このテクノロジーをふんだんに盛り込んできてると考えます。

上質なインテリアに液晶モニターを2個搭載してインフォメンティブで視認性の良いものに仕上がっていると感じます。
https://www.netcarshow.com/ (23526)

via https://www.netcarshow.com/
ルーフのデザインとフロアのデザインがシンクロされていることがわかりますね!セパレート4人乗りで、広々空間が演出されているのがわかります。

Tata H5X Conceptのサイズ等
全長×全幅×全高(㎜)=4,575×1,960×1,686(㎜)
エンジンは、ディーゼルとの事!
https://www.netcarshow.com/ (23528)

via https://www.netcarshow.com/

②Tata 45X Conceptのエクステリア

タタモーターでは、一気に未来へ向かう車を開発したと発表しているようです。そしてデザイン・技術ともに今もっている最高のものと未来性を兼ね備えてコンセプトカーに仕上げているとのことです。

ダイナミックなハッチバックがコンセプト!都市部で走る車のデザインを、根本的に変革するべく開発しているようです。

フロントビューでは、やはりデュアルウルトラスリム・ヘッドライトと呼ばれる最新LEDライトが特徴的です。そしてフロントバンパーデザインが、先進性を感じさせますね!
https://www.netcarshow.com/ (23529)

via https://www.netcarshow.com/
サイドは、これからの主流となるであろうクーペスタイルハッチバック!

全長×全幅×全高(㎜)=4,253×1,850×1,451(㎜)
タイヤサイズは、235/35ZR20とのことです。このサイズのモデルにしてはかなり大きめのサイズとなっていますね!
https://www.netcarshow.com/ (23530)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューは、H5Xと45Xともに、これからのタタモーターの基本的なデザインアーキテクチャーになるような気がします。

現在日本でもフロントビューは、キーンルックやVモーション等、ひと目でメーカー名がわかるようにしています。
各メーカーとも、リアビューでもこれからわかるようにしようという試みも始まっています。
インドでも同じことが起きてくるのではないでしょうか?
https://www.netcarshow.com/ (23531)

via https://www.netcarshow.com/

Tata 45X Conceptのインテリア

将来に向けてのコンセプトカーで登場している45X。もう少し実用化には時間がかかるかもしれませんが、次世代カーモデルを感じさせるデザインに仕上がっていると感じます。
https://www.netcarshow.com/ (23532)

via https://www.netcarshow.com/
https://www.netcarshow.com/ (23534)

via https://www.netcarshow.com/
特徴的なのは、やはりルーフデザイン!開放的過ぎるくらいの全面ウィンドーとなっていると感じます。

https://www.netcarshow.com/ (23533)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

世界に進出しているタタモーター。日本では余りなじみがないかもしれませんが、技術吸収、そして共同開発等でこれから躍進していきそうな自動車メーカーです。

今回のコンセプトカーが、市販車両になる頃にどの位タタモーターが、躍進しているかが楽しみであります!
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me