2018年7月30日 更新

ポルシェ マカンが改良新型となりモデルチェンジ。上海で発表されたマカンの実力を調査!

ポルシェのクロスオーバーSUVと言えば、カイエンとマカン。カイエンより一回り小さいマカンが、改良新型となることが上海で発表されました。改良新型のデザイン等を調査してみます。

ポルシェ マカンが改良新型となりモデルチェンジ。上海で発表されたマカンの実力を調査!

ポルシェ マカンってどんなクルマ?

マカンは。同社カイエンより一回り小さいモデルのクロスオーバーSUVとして製造・販売されているモデル。2013年からヨーロッパで販売開始され、2014年に日本への導入が行われました。

特徴的なのは、ボディのプラットフォームなどをアウディのQ5と共用している点。パワートレインでは、全車V型6気筒エンジン、7速PDKデュアルクラッチトランスミッション、AWDのみの設定とし、排気量が3000㏄と3600㏄となっています。

このモデルも発売から4年が過ぎようとしております。そして改良新型の発表が、上海で行われました。この改良新型の進化を追いかけてみます。
 (37730)

新型ポルシェ マカンのエクステリアデザイン

フロントビュー

ポルシェのコンセプトとマカンへの想い!

常識やトレンドにとらわれることなく、信じるのはただ一つ、ポルシェ自身が、構築した信念を貫くこと、これがポルシェのクルマに対するコンセプト。

マカンは、こうした信念から生まれたモデル。スポーツ性、デザイン、毎日の実用性の全てを兼ね備えたコンパクトSUVが、ユーザーをポルシェの世界観へと誘うとの事。

マカンが、ポルシェらしいスポーティなモデルであることを象徴するフロントデザイン。911や918スパイダーのDNAを色濃く受け継いだディテールになってもいます。

新型では、ヘッドライトは3次元モジュールを駆使したLEDを標準採用し、ライティングシステムによって最適化され、さらにポルシェダイナミックライトシステムプラスでは、配光自体をオート制御してくれる優れもの。

現行モデルのフロントバンパーデザインよりもワイドに見えるように再デザインされた新モデルバンパー、特にグリルのデザインが、ワイド感を強調していますね。
 (37873)

サイドビュー

サイドビューでは、ほぼ現行型と同様の印象。このモデルが、改良新型(マイナーチェンジ)であることを象徴してもいます。

ホイールデザインが大きく変更されております。そしてホイール内のブレーキシステムは、現行型同様となっていますが、よりブレーキングしやすく、制御しやすいように手が加えられているとの事。
 (37874)

リアビュー

実は、外観デザイン上大きく変わったのがリアビュー。特にテールライトデザインは、今までの左右に分割タイプのライトから、一連の流れをモチーフにした一体式のテールランプデザインへと進化しています。

この新しいLEDテールライトは、より立体的に見えるよう再設計され、センターガーニッシュと言一体化することにより、さらに印象的なデザインへとアップデート。
 (37875)

バンパー下部が大きく前に張り出すことでスポーティをアップ、ホイールデザインも5本のブラックスポークにすることで、内部のブレーキシステムの見える部分が増え、さらにスポーツ感をアップさせていることでしょう!
 (37876)

新型ポルシェ マカンの内装デザイン

広い視界を確保して、全力でドライビングを愉しむために、スポーツ性を追求したマカンのフロントシートは、高めのポジションに設定され、路面との緊密な一体感を確保できるようにもなっている模様。

車とドライバーの繋がりをつねに考慮し、SUVでもスポーツカーを創り続けてて行きたいということでしょう。この信念から、いつでもクルマと一体感が生まれるモデルに成長しているようですね!

スイッチ類は、手が届きやすいように立体的に配置され、デザインは、コックピットと呼ぶにふさわしい空間を形成しているのではないでしょうか?

特に魅力的なのは、ポルシェコミュニケーションマネジメントの新しい11インチタッチスクリーンディスプレイ(現行は7インチ)。高解像度のフルHDとカスタマイズ可能なスタート画面によって、さまざまなオンボード機能を直感的に操作することができるようになっているとの事。
 (37877)

新型ポルシェ マカンのパワートレイン等

現在日本でラインアップされているパワートレインは、全車V型3000㏄と3600㏄で、ノンターボとターボの設定です。252psから440psまでのラインアップ構成となっております。

基本的なエンジン構成は、今回のモデルチェンジでは行われないでしょう。但し、エンジン・ミッション等、細部では改良が行われていることでしょう。

安全装備では
ポルシェ・マカンの支援システムとして、アダプティブクルーズコントロールを含む新しい交通渋滞アシストは、最高60 km / hの速度でより快適でリラックスした運転を可能にしたようです。

システムは、一部自動化された加速とブレーキ機能を有しているだけでなく、交通渋滞や低速で動く交通におけるステアリングを支援してくれるモデルへ進化。

以前からディーゼルエンジン搭載モデルが期待されていますが、今回のモデルチェンジではどうなるのかが楽しみでもあります。

まとめ

現在、現行型の幅広いラインアップのマカンホームページ内に新モデルのアナウンスも開始され始めました。日本のホームページでも現行型マカンとは別に新モデルの案内がされております。

このモデルが、そろそろモデルチェンジするであろう事が予測できますね。このモデルの正式販売開始が楽しみです。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me