2017年12月6日 更新

ダイハツウェイクが11月30日にマイナーチェンジしました。どこがアップデートされたのかを考察していきます。

今回ダイハツウェイクがマイナーチェンジしました。今回の大きな変更点はスマアシⅢの搭載によるサポカーワイドになったという点でしょう!そしてリアのコーナーセンサーも追加されたことで幅広い予防安全装備が付いたとも言えます。ウェイクの進化を解説してみます。

ダイハツウェイクが11月30日にマイナーチェンジしました。どこがアップデートされたのかを考察していきます。

ダイハツ ウェイクってどんな車?

軽自動車にもっといろいろなことが出来き、創造できる車としてウェイクは開発されました。荷室の広さやその使い方(45の使用バリエーションを想定)、視界の広さを求めた結果このような形状に成ったとも言えます。その為、車作りは勿論、レジャー等で想定されるさまざまなオプション装備も充実させています。

ダイハツ ウェイクのエクステリアデザイン!

 (19768)

エクステリア上のデザインは、大きく変更を感じることは筆者的には出来ませんでした。9色のエクステリアカラーにメーカーオプションでツートンが5パターンと成っております。
 (19769)

キャンプ等に有効的なバックドアタープ等がメーカーオプションで用意されていて実用性と趣味とをうまく調和ささていると筆者は感じます。
https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm (19770)

via https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm
サイクルホルダーもオプションで用意されており、ユーザーの必要なシーンで必要な装備が設定できる所もこのウェイクの特徴であります。
 (19771)

ダイハツ ウェイクのインテリア部分は?

インテリアの変更点も大きく変わった様子は感じられません。というよりもやはりかなり視界良好な空間となっていると筆者は感じます、とにかく大きなガラス類になるべくドライバーの視界を妨げないAピラーの作りこみのよさが伺えます。
 (19767)

 (19772)

シートアレンジもかなり柔軟に出来る設定のウェイクは、マイナーチェンジでも勿論健在であります。それとともにいろいろなところにフック等も付いており、レジャー等からビジネスでも相当有用なポイントが沢山あるように筆者は感じました。
 (19773)

ダイハツとしては、とにかくワンランク上の軽自動車を作りこみ、エクステリア・インテリア・用途全てにおいてワンランク上を実現させようと開発したものと思います。
 (19774)

最大のポイントスマアシⅢ搭載

28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me