2017年3月29日 更新

残価設定型ローンてぶっちゃけどうなの?軽自動車だとメリット有り?!

残クレなどと呼ばれて最近の自動車メーカーではどこも用意されている残価設定型のクレジットローンですが、実際普通にローン組むのとどっちがオトクなんでしょうか?軽自動車だと意外な事実もあるんです…

残価設定型ローンてぶっちゃけどうなの?軽自動車だとメリット有り?!

残価設定型クレジットローンとは?

thinkstock (4886)

最近ではどのメーカーでも残価設定型クレジットローンを用意しています。
これはどういうことかというと、車を買った時から3年・5年のときの残価(残存価値、つまり下取り価格)を設定して、その金額を引いた残りの金額でローンを組むというもの。
3年と5年で設定があり、その期間が満了したら、車を返却するか、もしくは再度ローンを組んで乗り続けるという選択もできます。

普通のローンと違うのは、残価の分を引いてローンが組めるので、月々の返済額が大幅に安くて済むというのが主なメリットです。
ただし、車の名義は販社になるので、ローンの満了期間が終わっても自分の名義にはなりませんが、あまり名義を気にして乗る人もいないでしょう。

例えばスズキの場合は「かえるプラン」という名前で残価設定型クレジットローンを用意しています。
軽自動車の場合、3年時点での残価率は50%と非常に高いです(普通車は40%で設定)。
なので3年まで車の価格の半額でローンが組めます。
しかもこのかえるプランは2017年4月までの期間限定ですが、年率1.9%という超低金利でローンが組めるのも魅力!
スズキの残クレでないローンの場合、金利は年率6.9%で設定されているので、どれだけ優遇されているかがわかると思います。

残価設定型クレジットローンの注意点

thinkstock (4887)

3年後に50%での残価が保証されているなら、どんな乗り方をしても良い!ってわけではありません。
規定以上の過走行だったり、ぶつけまくってボコボコになっていたら残価はもちろん下がります。
3年や5年という残価設定型クレジットローンの満期のときまで、大切に乗らないといけません。

また、3年で残クレを組んだ際の満期時に、5年まで再度ローンを組んで乗りたいとなった場合には、4年目以降は優遇された金利にはならないので、総支払額は5年間残クレを使ったときより増えるのでご注意ください。
最初から長く乗るつもりなら5年で残クレを組んだほうが良いです。

残価設定型クレジットローンのメリット

月々の支払が少なくて済む

これが一番のメリットでしょう。
支払いは先に伸ばしたほうが時間を有効に使っているのと同じです。
もちろん、現金一括で買ってしまったほうが金利分は払わなくて済むので一番無駄がないですが、まとまった額の現金が一気に無くなるのは家計にとってはリスクにもなります。
内部留保をしておく意味でも、月々の支払いが少ないのはメリットです。

金利が優遇されている

上記でも述べましたが、残価設定型クレジットローンの金利は、普通に自動車ローンで組むよりも金利が大幅に優遇されていることが有ります(メーカーによって異なります)。
なぜ残クレの金利が優遇されているかというと、メーカーにとっては3年や5年のタイミングで新車に買い換えてもらいやすくなるということと、程度の良い下取り車を得ることができるというメリットが有ります。
そのため、積極的に残クレを使って車を買うように促されるのです。

3年・5年で新車に乗り換えやすい

残価が保証されてその金額で下取り(返却)できるので、買い替えサイクルが早く安く済むのがユーザーのメリットです。
心理的な部分が大きいですが、確実に保証してくれているのは安心できます。
ただ、残クレで引き取るよりも、中古車買取店のほうが高く買ってくれることも多く、その場合は中古車買取店に売却して、そのお金でローンを一括返済してしまえば良いです。

車検費用がかからないなど点検パックが用意されている

3年で乗り換える場合は車検が不要です。
5年の場合はメンテナンスパックに入っておけば、それも含めたローンになっているので、3年目の車検時に別途車検費用が必要になることはありません。
それ以外でも、延長保証のたぐいも含まれていることが多いです。

残価設定型クレジットローンのデメリット

走行距離やキズ汚れによって残価が保証されないことも

残価設定型クレジットローンの注意事項として、車両残価の保証の欄にいろいろな条件があります。

例えばスズキの「かえるプラン」の場合、5年間での走行距離6万km以内とされており、それを超えた場合には超過1kmにつき5円かかるとされています。

また、傷や凹み汚れなどや改造があった場合残価の保証はされません。
カスタマイズなんてもってのほかってことですね^^;

一方で、逆に走行距離が50,000km未満だと10,000円のボーナスが入ったり、禁煙車だと10,000円ボーナスがついたりと、優遇されることもあります。
thinkstock (4888)

スズキの「かえるプラン」には禁煙車ボーナス10,000円あり!

残価設定型クレジットローンで買っても、買取店に出しても良い

先程も書きましたが、残価設定型クレジットローンを組んだからと言って、必ずディーラーに返却しなければならないわけではありません。
月々の支払いを安くしつつ、残価額を超える高値で買い取ってくれる事が多いので、ディーラーにそのまま返却するのではなく、併せて中古車買取店に査定をお願いしておくのが賢い手と言えます。
私も実際、残クレでローンを組んで、買取店に売却しています。

一番支払額が少ないのは現金一括ですが、月々の支払いを減らして乗れるのはやっぱりメリットもあると思います。
特に軽自動車の場合は残価率も高く、金利も優遇されているところもあるので、普通車よりも残価設定型クレジットローンを使うメリットは多いのではないでしょうか?
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部