2017年9月25日 更新

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!内装の評価はどう?

スズキの軽ハイトワゴン、スペーシアの追加モデル「スペーシアカスタムZ」を見てきました。 前回はエクステリアを見てみたので、今回はスペーシアカスタムZの内装をレポートします!

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!内装の評価はどう?

スズキスペーシアカスタムZの内装をチェック!

 (6204)

ではさっそくスペーシアカスタムZの内装を見てみましょう。
運転席ドアの内側はこんな感じです。
 (6205)

メッキのドアハンドルや、シルバー調のウインドウスイッチ台座もなかなか質感高いですね。

ドアポケットが2段になっているのもユニークです。
 (6206)

ドアトリムにはソフトパッドがあしらわれています。
安っぽさはあまり感じない、良いデザインだと思います。
ドリンクホルダーも有るのは嬉しいですね。
 (6207)

続いてスペーシアカスタムZの運転席周りを見てみましょう。
さすがにハイトワゴンなので、室内高がすごく高いです。
 (6208)

スペーシアカスタムZの前席全景はこんな感じです。

デザインはラウンドした柔らかさを感じます。
これはノーマルのスペーシアとデザインを共有しているため。
 (6209)

ステアリンホイールも丸い柔らかさを感じるデザイン、
エクステリアのゴッツい顔つきからはギャップを感じなくもないです…
本皮巻きではなく、ウレタンホイールです。
 (6210)

スペーシアカスタムZのメーターはこんな感じです。

白の文字盤は視認性が良いですね。
軽自動車のNAモデルでもタコメーターがあるのは嬉しいです。
 (6211)

ステアリングホイールの右側には、カップホルダーとエンジンのスタータースイッチがあります。
スタータースイッチにもメッキパーツが付いており、質感には気を遣っているのがわかります。
 (6212)

続いては、スペーシアカスタムZのインパネ周りを見てみましょう。
ナビは後付なので入ってませんが、シルバー調の化粧パネルとエアコンスイッチ周りのメッキリングなど、質感向上させている努力が見受けられますが、ライバルとなるN-BOXなどと比べるとちょっと見劣りする感じがしました。

↓こちらがN-BOXカスタムのインパネです。
 (6223)

デビューはN-BOXのほうが2011年末と古いにも関わらず、質感面ではスペーシアよりよく見えます。
 (6213)

こちらはスペーシアカスタムZのインパネです。
見比べるとどうしても無塗装プラの部分が目立ってしまいます。
やはりN-BOXは軽自動車ナンバーワンの実力があるだけに商品力には抜かりなしです。
 (6226)

続いて、スペーシアカスタムZの助手席側を見てみましょう。
ダッシュボードにはトレーになっていて、ちょっとした小物が置けるようになっています。
カップホルダーもあるので便利ですね。
 (6227)

ダッシュボード上部は収納になっています。

さらに驚いたのは、トレーに有る謎のフタ。
 (6233)

コレは何に使うのかと思ったら、ティッシュボックスを下に仕込んでおけば、ここから紙が取り出せる仕組みになっています!
これはすごい便利!
 (6228)

グローブボックスはこんな感じです。
結構広いですよね。
ここの上部にスリットがあって、ティッシュボックスを入れて置けるようになっています。
 (6229)

続いて、センターアームレストです。
ここは天板が開いて収納になっています。
 (6230)

ちょっとした小物が置けるようになってるのはありがたいですが、可動式なので小銭などは入れないほうが良さそうです。
 (6231)

続いて、助手席のシート下を開けてみると、そこには取り外し可能なトレーになっています。
持ち手もついているので、汚れ物や靴などを入れておくにも便利です。

と言った感じで、スペーシアカスタムZの内装を見てみましたがいかがでしたか?
次回では後席やラゲッジスペースをレポートしますのでお楽しみに!
38 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部