2017年6月7日 更新

【速報】2017年5月度軽自動車販売ランキング!

一般社団法人全国軽自動車協会連合会から2017年5月度の軽自動車販売ランキングが発表されました! chibicaでも速報としてランキングを掲載!

【速報】2017年5月度軽自動車販売ランキング!
 (9646)

ミライースの新車効果でランキングに変動

2017年5月度の軽自動車新車販売ランキングでは若干の順位変動がありました!

ではさっそくランキングを見てみましょう!
1位 ホンダ N-BOX 13118台 昨年同月比114.2% →
2位 ダイハツ ミラ 10562台 昨年同月比196.8% ↑
3位 ダイハツ ムーヴ 10448台 昨年同月比 205.9% ↓
4位 日産 デイズ 10198台 ↑
5位 ダイハツ タント 9868台 昨年同月比87.5% ↓
6位 スズキ ワゴンR 8807台 昨年同月比154.4% ↓
7位 スズキ スペーシア 7747台 昨年同月比116.0% ↓
8位 スズキ アルト 7447台 昨年同月比103.3% ↓
9位 ホンダ N-WGN 5317台 昨年同月比86.2% ↓
10位 スズキ ハスラー 5211台 昨年同月比84.1% ↓

となっています。

N-BOXが首位をキープ

 (9635)

ホンダN-BOXが5月度もまたまた1位!
今年モデルチェンジを控えているモデル末期の車とは思えない販売数です。
しかも、昨年同月比でも114.2%と、昨年よりも売れていて販売絶好調。

モデルチェンジを控えていながらも、特別仕様車などのお買い得モデルがお客さんの心をがっちり掴んだ用で、それで販売が落ちない模様です。
これには販売店の営業マンも驚くほど。
たしかに実際にN-BOXを見てみると、その商品力の高さには売れるのも納得と思わざるを得ません。

2位に大差を付けて首位をキープ!

2位はダイハツミラが10位からランクアップ

 (9636)

2位はダイハツのミラが先月10位からランクアップ!

5月9日に発売された新型ミライースの新車効果で、ダイハツミラの販売台数が上乗せされています。
低燃費を売りにした先代のコンセプトはそのままで、さらには安全装備も充実。
次世代軽自動車のスタンダードとも言える仕上がりではないでしょうか。
そして何より価格が100万円以下から用意されているのは素晴らしいですね。

過去にchibicaで特集した試乗インプレッションも併せてどうぞ。

3位はダイハツムーヴ

 (9639)

ムーヴキャンバスが好調なムーヴが3位でしたが、ダイハツ勢がかなり健闘していますね!
今ではムーヴの販売比率の大半がムーヴキャンバスが占めているそうで、去年デビューしたダイハツ車の中では稼ぎ頭になっていますね。
たしかに可愛いエクステリアと、使い勝手の良いスライドドアは利便性も高いです。

4位は日産デイズ!

 (9643)

日産のデイズがここへ来て順調に推移しています。

「インテリジェント軽」などいうと言葉巧みな販売戦略は流石です。
わかりやすさがユーザーに支持されたのでしょうか。
また日産の販売網の強さもありますね。
昨年の燃費不正問題からは完全に脱却した模様。
ユーザーは燃費が数km/L悪かろうと気にしないということがわかります。
そりゃ燃費が良いに越したことはないでしょうけどね。

5位以下は順位繰り下がり

5位以下は、先月のランキングから上位に来た車種と入れ替わって順位が下がった車種が続きました。

それにしても強すぎるN-BOXの快進撃はフルモデルチェンジまで続きそうですね。
8月末を予定しているホンダの新型N-BOXですが、他社は一矢報いることができるのでしょうか?!

6月以降のランキングも注目です!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部