2019年10月23日 更新

トヨタ コペンGR SPORTが登場、メーカーの垣根を越えてコラボ!

メーカー間の垣根をなくしたことで誕生したコペンGR SPORTが、トヨタから10/15に販売開始になりました。爽快に走れ、軽快なハンドリング、シックな内装が魅力になっていそうです。同モデルの特徴等をご紹介します。

トヨタ コペンGR SPORTが登場、メーカーの垣根を越えてコラボ!

トヨタ コペンGR SPORTの概要等

トヨタは、新型車「コペン GR SPORT」を2019年10月15日より発売開始しました。価格は2,380,000円~2,435,000円(消費税込み)です。

コペン GR SPORTは、トヨタ GAZOO Racingが展開するスポーツカーカスタマイズ「GR」シリーズで初となる軽規格の2シーター・オープンスポーツモデルとなっています。ダイハツ自体がトヨタ GAZOO Racingモータースポーツ活動の中で培った経験を開発に取り入れたOEM供給車です。

トヨタとダイハツがメーカーという垣根をなくして、「もっといいクルマづくり」を目指したことで、トヨタの商品ラインナップにはないライトウェイトスポーツ「コペン」と「GR」が理想とする走りの融合ができたモデルに仕上がっていそうです。

路面や車体の挙動をダイレクトに感じることが出来き、スポーツカーらしいハードな乗り心地が楽しめる「コペン」の可能性がさらに広がる、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR」のエントリーモデルとなっていますね。

オープンエアの喜びと、トヨタ GAZOO Racingの意のままに操る喜びを融合した新感覚ライトウェイトスポーツとなる同モデルは、道を選ばず、走り出した瞬間から全ての速度域でも接地感あるフラットな乗り心地に、レスポンスの良いリニアなハンドリング特性、操舵と車両の動きの一体感による「気持ち良い」走りが魅力的ですね。

トヨタ コペンGR SPORTの3つの特徴
・走るための機能性を研ぎ澄ましたエクステリアディテールです。
・黒を基調としたスポーティで上質なインテリア仕上げです。
・解放感あふれる、爽快なオープンエアクルージングが可能なモデルです。
 (67909)

トヨタ コペンGR SPORTの特徴等

トヨタ コペンのチューニングでは、ボディ剛性や足回りのチューニングを中心に搭載されています。フロントブレース追加やセンターブレースのデザイン変更など、ボディに最適な剛性バランスを与えるように付加されていますね。

造り込んだボディ剛性アップに対して、サスペンションのスプリングレートを最適化を行い、専用ショックアブソーバーと組み合わせることで、しなやかな動きと接地感のあるフラットな乗り味を可能にしています。

専用チューニングされた電動パワーステアリングの採用で、ステアリング操作とクルマの動きとの一体感をアップさせています。軽だからこそのエンジンパワーを使いきれる仕様で、日常生活の中でもライトウェイトスポーツらしい、意のままに車両をコントロールする「気持ち良さ」が体感できるようになっていますね。
 (67913)

トヨタ コペンGR SPORTのエクステリア等

エクスリアデザインでは、走るための機能性を最優先にした仕様です。フロントフェイスは、水平・垂直を基調とした、「GR」のアイコンである“Functional MATRIX”グリルが採用されています。冷却性能向上に貢献する大開口ロアグリルと、走行性能向上に寄与するアンダースポイラーデザインのフロントバンパーが、精悍さを表現するだけでなく、低重心、ワイド&ローをも強調していますね。

バンパーサイドの延長化やフロントバンパーエアアウトレットの設定などにより空気を整流することが出来き、空力性能の向上も図られています。
 (67907)

主な装備内容

エクステリア
・専用フロントバンパー&専用ラジエーターグリル(Functional MATRIXグリル)
・専用リヤバンパー(ディフューザー形状)
・BBS製専用鍛造アルミホイール(専用色マットグレイ塗装)
・専用LEDヘッドランプ+ブラックエクステンション加飾
・専用LEDリヤコンビネーションランプ+ブラック加飾
・専用LEDフォグランプ/フォグランプベゼル
・GR SPORTエンブレム(フロント/サイド/リヤ)

GRマインドが、ふんだんに取り入れられた仕様であることが伺えますね。軽自動車規格であっても、妥協の無い開発が行われていることが装備内容からも想像できます。
 (67908)

トヨタ コペンGR SPORTの内装等

インテリアは、専用レカロシート、専用自発光式3眼メーターの搭載によって、走りへの高揚感を演出するとともに、専用ピアノブラック調装飾のセンタークラスターが、上質感ある雰囲気を醸し出しだしています。ボディカラーは、全8色が用意され、内装色はブラック基調となっています。
 (67916)

電動開閉式ルーフとなる「アクティブトップ」を標準装備したことで、オープンエアの清清しい風に身を任せられる爽快感を手軽に味わえるように仕上げています。
 (67918)

内装装備内容等

・専用レカロシート(GR刺繍ロゴ)
・専用自発光式3眼メーター(GRロゴ・針赤・赤照明)
・MOMO製専用革巻ステアリングホイール(GRエンブレム+スポーク部ガンメタリック加飾)
・専用ピアノブラック調加飾(センタークラスター/ドアグリップ)

操舵系装備
・専用チューニング電動式パワーステアリング

足回り系装備
・専用チューニングショックアブソーバー(コイルスプリング赤塗装)

ボディ剛性装備
・専用フロントブレース追加
・専用センターブレース形状変更(専用床下スパッツ付)

駆動系
フロントスーパーLSD(マニュアル車標準)

グレード一覧
GR SPORT 2WD(FF) KF(インタークーラーターボ付660cc) 5速マニュアル 2,435,000円
GR SPORT 2WD(FF) KF(インタークーラーターボ付660cc) 7速スーパーアクティブシフト付CVT+パドルシフト2,380,000円
 (67910)

まとめ

トヨタ・ダイハツが、メーカー間の垣根をなくしたことで、完成したのがコペン GR SPORTです。開発には、トヨタとダイハツの両者が関わっています。モデル名に、コペンを踏襲したことで、協業したモデルであることが強調されていますね。軽自動車に走りを追求した一台に仕上がっていそうです。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me