2018年2月8日 更新

2018年1月の販売台数はN-BOXが王座へ!人気車両の気になる販売台数ランキング!

2018年も早いもので1ヶ月がたってしまいましたが、2018年最初の月に最も売れた車両は19,309台の販売台数を誇るN-BOXとなりました!今回は、そんな2018年1月の人気車両を見ていきたいと思います!

2018年1月の販売台数はN-BOXが王座へ!人気車両の気になる販売台数ランキング!

2018年もN-BOXの独壇場か?

N-BOX「全てが新しくなった」篇 30秒

2018年になって早い事で1ヶ月が過ぎてしまいましたが、そんな1月に最も売れた車両は冒頭でもご紹介した通りホンダのN-BOXとなりました!

2017年12月にライバルである新型スペーシアの登場などもあったものの、2017年9月に発売された2代目N-BOXの人気は衰えることを知らず、2017年12月より4.6%増となる19,309台を売り上げて堂々の王座に輝きました!(ちなみにスペーシアは10,399台、前月比118.8%で軽自動車の中で5番目に売れた車両となっております。)

この結果は、先月比を落とすことなく好調な売り上げを記録していることから、スペーシアにユーザーを奪われることなく人気を維持したと見えますね。

他にも今月は、デイズが大幅に売り上げを伸ばして登録車両、軽自動車合わせて2位にランクインするなど気になる車両も続々出てきております。

今回は、そんな2018年1月の販売台数ランキングとともに、売れた車両の人気の秘密に迫りたいと思います!

2018年1月の販売台数ランキング

Free vector graphic: Gui, Interface, Internet, Program - Free Image on Pixabay - 2311261 (23156)

N-BOXの圧倒的人気で始まった2018年ですが、その他車両の人気はどうなっているのでしょうか?

早速ですが、2018年1月の販売台数をランキング方式でご覧いただきたいと思います!

1:【ホンダ】N-BOX (19,309台) 4.6↑

2:【日産】 デイズ  (14,843台) 59.8↑

3:【日産】 ノート  (12,444台  11.8↓

4:【ダイハツ】タント (12,125台) 38.7↑

5:【ダイハツ】ムーヴ (11,342台) 12.6↑

6:【スズキ】スペーシア(10,399台) 18.8↑

7:【スズキ】ワゴンR (10,065台) 21.5↑

8:【トヨタ】プリウス (9,264台)  6.3↓

9:【トヨタ】アクア  (8,741台)  6.3↑

10 :【日産】 セレナ   (7,823台)  30.0↓

(*日本自動車販売協会連合会、全国軽自動車協会連合会調べ)
上記のように、2018年は軽自動車の需要が高まっており、それに比べて普通乗用車(登録車)はアクア以外前月比を落とす結果となっております。(一番後ろの数値が前月比率になっております。)

ちなみに、2018年1月の普通車の販売台数が115,373台と前月、前年比を落としているのに対して、軽自動車の販売台数は156,105台と前月、前年ともに増加傾向にあります。

細かい車両の詳細については後ほどご紹介するとして、軽自動車の需要拡大は今年も高まる傾向にありそうです。

1月の売れた車両の秘密とは?

日産自動車、1月の国内登録車販売で「ノート」が1位を獲得 - 日産自動車ニュースルーム (23178)

2018年1月の販売台数で1位に輝いたのはホンダのN-BOXとこれまでとあまり変わらない結果に思えますが、意外なのが2位にランクインしているデイズや大きく先月比を落としながらも全体的に高い人気を得ているセレナなどが挙げられると思います。

特に、モデルの登場から長い月日がたっているのにも関わらず先月比50%以上の販売増加を記録しているデイズは異常に思えるのではないでしょうか?

そんなデイズですが、2017年の累計販売台数は137,514台と前年より3割も増加傾向にあり、長期間に渡って人気を維持し続けている1台となっています。

特に昨年は、日産、スバルと検査員の無資格検査問題で販売台数を大きく落としたものの、モデル末期やフルモデルチェンジから一年以上経っている車両がこの結果を残しているところを見えるとよほど車両自体に魅力があると言わざるを得ません。

デイズの場合は、軽自動車の価格が高騰し続けるなか、上質なエクステリアやインテリアなどを中心にライバルに対して価格以上の価値を提供できていることがポイントとして挙げられそうです。

セレナに関しては、ミニバンで長く人気を誇っているトップランナーであり、近日e-POWERが販売予定であるのに関わらず人気を維持し続けているのには、ミニバンとしてのインテリアの使い勝手や家族を安心して運ぶための先進技術など、バランスの良さにあるかと思います。

先ほどもご紹介したように、ノートでおなじみのe-POWERがセレナにも搭載されて発売されるので、今後この人気がますます高まることに期待したいですね!

2018年2月はどうなる!?

NEW VEZEL|ヴェゼル|Honda (23184)

2018年1月の人気車両は軽自動車を中心に、ノートやアクアといったコンパクトカーが上位を占めていたわけですが、世界的にSUVの人気も高まっていることから、現在のコンパクトカーの人気にコンパクトSUVが再度割って入るかもしれません。

特に2月は上記のようにホンダの人気コンパクトSUVであるヴェゼルのマイナーチェンジもありますので、来月以降の人気の傾向が大きく変わる可能性も・・・

他にも、本文中でご紹介したように、新型セレナe-POWERや軽自動車では新型ジムニーの登場など話題は目白押しですので、チビカで続報があり次第またお伝えしたいと思います!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき