2018年1月15日 更新

2017年普通車販売台数ランキング!またしてもトヨタの1.2.3位独占で終わった2017年

日本自動車販売協会連合会は11日、2017年12月度および2017年1月〜12月の車名別販売台数ランキングを発表しました。それによると、12月度はトヨタ車がトップ3を占め、年間ランキングでは、「プリウス」が2年連続のトップとなっています。

2017年普通車販売台数ランキング!またしてもトヨタの1.2.3位独占で終わった2017年

トヨタ車がトップを3独占した12月度

12月の販売台数ランキングは、102,1751台を記録したトヨタの「プリウス」が2か月連続のトップとなり、2位は1,6601台で「アクア」、「ヴォクシー」の7,545台で、トヨタは2017年3度めとなるトップ3独占となりました。

トヨタは、5位に「シエンタ」、7位に「カローラ」、8位「ヴィッツ」、9位「タンク」、10位「C-HR」が入り、トップ10中、8台を占めることになりました。検査不正問題による出荷停止の影響で10月依頼販売が落ち込んだ日産の「ノート」は7,475台と、今だに元の好調な状態には回復しておらず、5,648台に留まった「セレナ」とともに、ブランドの失墜による影響は大きいようです。
TOYOTA、C-HRが2017年SUV新車販売台数第1位を獲得 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (21536)

スイフトとステップワゴンが急上昇

ステップワゴンG・Honda SENSING

ステップワゴンG・Honda SENSING

その他の注目車種では、マイナーチェンジされたホンダの「ステップワゴン」が、17位ながらも前年比166.3%と着実に伸びを見せて「ノア」に肉薄、スズキの「スイフト」も、カーオブザイヤーの受賞を追い風に前年比430.1%という驚異的な追い上げを見せています。心配なのが、長らくライバルの「シエンタ」を上回っていたホンダの「フリード」の大きな減少です。軽自動車の「N-BOX」に影響を受けているとしたら、復活は難しいものになるでしょう。
 (21543)

2017年12月の乗用車系車名別販売台数ランキングベスト10(前年同月比)

1位:トヨタ プリウス 12,1751台(95.3%)▼
2位:トヨタ アクア 11,6601台(101.8%)△
3位:トヨタ ヴォクシー 7,545台(106.3%)△

4位:日産 ノート 7,475台(60.3%)▼
位:トヨタ シエンタ 7,307台(75.8%)▼
6位:ホンダ フィット 7,104台(114.2%)△
7位:トヨタ カローラ 6,715台(121.1%)△
8位:トヨタ ヴィッツ 6,619台(128.4%)△
9位:トヨタ タンク 6,458台(108.9%)△
10位:トヨタ C-HR 6,421台(138.0%)△

2017年1月~12月の累計台数ランキング

トヨタアクア特別仕様車S“Style Black”

トヨタアクア特別仕様車S“Style Black”

年間ランキングでは、トヨタの「プリウス」が160,9122台で2年連続のトップとなりましたが、前年比を35.2%減という不調振り。「ノート」が順調であれば完敗していたであろう、危うい勝利となっています。2位は9月まで絶好調で「プリウス」に肉薄していた、その「ノート」。3位に「アクア」、4位にSUVの「C-HR」がランクインするなど、トヨタ車がトップ10中6台を占めています。

「プリウス」「アクア」が上位ながらも前年比を大きく割り込んでいる中、プチバンの「タンク/ルーミー」が大きく躍進。ベスト10外ながらも2車合わせると「プリウス」に迫る約15万台にもなり、トヨタの新しい顔となりつつあります。

スイフトと、インプレッサが大躍進

SUBARUインプレッサG4 2.0i-S

SUBARUインプレッサG4 2.0i-S

ミニバンでは86,772台でトヨタの「ヴォクシー」がトップですが、逆風の中、日産の「セレナ」が約2千台差まで迫っており、信頼を回復するにつれ安穏とはしていられない状況です。

全体では、前年比215.9%のスズキの「スイフト」、同172.5%のスバルの「インプレッサ」が目立っています。また、マツダの「CX-5」も前年比205.7%と順調。12月度にはこれまで常連だったベスト30から消えていますが、おそらくは新型3列シートミニバン、「CX-8」の人気の影響を受けたためで、今後は人気が二分される可能性があります。

2017年1月~12月の乗用車系車名別販売台数累計ランキングベスト10(前年同月比)

日産ノート e-POWER

日産ノート e-POWER

1位:トヨタ  プリウス 160,912台(64.8%)▼
2位:日産 ノート 138,905台(135.6%)△
3位:トヨタ  アクア 131,615台(78.2%)▼

4位:トヨタ  C-HR 117,299台
5位:ホンダ フリード 104,405台(200.0%)
6位:ホンダ フィット 97,939台(92.7%)▼
7位:トヨタ  シエンタ 96,847台(77.0%)▼
8位:トヨタ  ヴィッツ 90,248台(125.5%)△
9位:トヨタ  ヴォクシー 86,772台(94.5%)▼
10位:日産 セレナ 84,433台(114.9%)△

まとめ

三菱エクリプス クロス

三菱エクリプス クロス

2017年は日産ノートがプリウスアクアのトヨタ勢を抑えて1,2フィニッシュかとも思われましたが、終わってみれば前年と同じくトヨタ車のトップ3独占という結果に。もちろん、これは検査不正問題による出荷停止の影響で、ほぼ一か月分の販売・登録ができなかったことにつきます。話題の新型「リーフ」も出足をくじかれ、日産ブランドの失墜は、メーカーが思うよりも大きく、長く続きそうです。

さて、2018年はどうなるのか。スズキや三菱の新型SUVがどのような成績を残すのか?その他の新型車の動向は?話題が尽きない2018年の自動車業界から目が離せません。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン