2018年10月17日 更新

トヨタ「アクア」の特徴とは?走行性能や室内スペースなど

アクアと言えば、テレビにもよく登場しているコンパクトカーで、使い勝手が良く、燃費も良い車というイメージを持つ方が多いかと思います。実際にプリウスと同じくらいの効率の良い低燃費を持っていて、先進技術を取り入れて基本性能から走行性能、安全性能が強化されたので、より多くの方が満足できる一台となっています。 また、グレードも多く存在し、スポーティーな走行を楽しむことができるグレードもあるので、若い方にも人気があります。今回は、そのアクアの乗り心地や安全性を見ていきたいたいと思います。

トヨタ「アクア」の特徴とは?走行性能や室内スペースなど

アクアの歴史

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (47245)

アクアは2011年より、小型ハイブリッド乗用車として製造、販売されている車です。そして、発売時からとても完成度の高い車として評価されています。

アクアは、歴代プリウスの3代目をベースに開発したことからヒットし、5ナンバーサイズで37.0km/Lを実現した記録を残して人気が上昇したのです。また、初代のNHP10型が登場してからデザインに大きな変化が無いということから、発売当時から多くの方にとってニーズのある「丁度良い車」として人気があるのかと思います。

日産のノートや電気自動車のリーフ、HONDAのフィットなどを見ても、コンパクトなデザインの形状が似ていることから、これからもコンパクトな形状の車の需要は減らないと思います。

アクアのエクステリアや走行性能など

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (47248)

一度は乗ってみたいと感じるアクア、その理由は圧倒的な知名度だけではなく、環境に優れた技術の鏡ともいえるような存在であることを今でも示しており、誰にとっても乗りやすそうなイメージを持っているからであります。

コンパクトながらも小さ過ぎず、デザインもカラーバリエーションの豊富な色に加えて飽きさせない黒いグリルやサイドステップなどは多くの方に親しまれると思いました。

車体の大きさ、走行性能、インテリア、どこを取っても非の打ち所がない車とも言え、スポーツタイプのグレードの「G"GR SPORT"」は逞しくスポーティーさを増したデザインと言え、専用リアバンパーも格好良く、車乗りも満足できるような作りであると思います。
トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (47250)

このようなスポーツモデルでMT仕様のお気に入りの一台を仕上げてドライブに行きたいと筆者な思います。
環境に優しい車が格好良い!アクアって結構格好良いんだな!と思われるような乗り方とデザインを兼ね備えたいと思いました。
トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (47252)

そして何よりもアクアは操縦安定性が高いのです。

見た目のデザインからも低重心で運転がしやすそうにも筆者は思いましたが、実際にアクアは車体の重心を低く下げ、エンジンなどの重量物をできるだけ車体の中央に寄せることで、高度な操縦安定性を実現しているのです。

よって、路面に吸い着くような安定感のある走りを楽しむことができるそうです。
また、前・後輪間のロングホイールベース化も、高速走行時などでの安定した走りに貢献しているそうです。
トヨタ アクア | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (47255)

ハイブリッドカーのアクアの特徴として、空気抵抗を減らすために作られた三角形のシルエットがあります。
トヨタ アクア | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (47257)

更に、フロントタイヤ前方とリヤタイヤ後方の平面形状にすることで、タイヤ周りを通る空気の整流効果を高め、操縦安定性を確保しているようです。

そして、アクアはエンジンハイブリッドによってブレーキ時も充電でき、加速時にはモーターとエンジンのダブルパワーによって駆動力を増し、同排気量クラスではトップの加速を誇るそうです。
トヨタ アクア | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (47259)

グレードの最高低燃費モデル 38km/L
G"GR SPORT"でも34.4km/L

室内もちょっと手を加えるだけで広いスペースに!

トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (47262)

カラーバリエーションが豊富なアクアには、デザインでも乗る人達を楽しませることができると思います。スポーツタイプに似合う白と赤の組み合わせや、黒と青でクールなアクアに仕上げることも可能になっていると思います。
トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (47264)

トヨタ アクア | 室内 | トヨタ自動車WEBサイト (47265)

そして、ゆとりのある着座姿勢を保てるようなシートの作りに、ドライビングポジションという機能によって、ステアリングホイールもシートもドライバーが運転しやすい位置に調整できます。またフロントシートには座面が長くシートバックを高くしたゆったりサイズのシートを採用していて、座り心地にも気を配っています。
ドライビングポジション

ドライビングポジション

また、アクアの室内空間はコンパクトSUVよりも広いとの噂があるそうです。そして、空気抵抗の大幅な低減とハイブリッドシステムの搭載による車体重量の低減を目的に全高が抑えられているからだそうです。

まとめ

エンジンとモーターの力を活かした走行性能は予想以上にパワフルな力を発揮し、環境にも優れた走行を実現していることが分かります。また、クルーズコントロールという機能により高速道路などでアクセルを踏まなくても一定の速度を保つことができるそうです。

また、走行性能や使い勝手の良さだけではなく、「Toyota Safety Sense」により安全な走行も実現できるほぼ完璧な車であると言えます。プリクラッシュセーフティによる自動ブレーキやインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)によるアクセル踏み間違い防止システムなども搭載されています。

この記事を参考に、是非「アクア」のご購入を検討されてみてはいかがでしょうか?また、興味を持っていただけたら幸いです。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan