2019年9月20日 更新

レクサスの国産高級スポーツセダン!「GS」の魅力を紹介していきます。

「GS」は、レクサスの中でも「LS」に次ぐ高級セダンとして販売されており、価格は高価ですがそのぶんデザイン・走行性能ともにそれに見合った仕様になっています。今回はそんな「GS」の魅力を紹介していきます。

レクサスの国産高級スポーツセダン!「GS」の魅力を紹介していきます。

「GS」の概要

LEXUS ‐ GALLERY|GS (66375)

「GS」は、レクサスが1993年から販売している高級セダンです。現行モデルは4代目であり、2012年から販売されています。レクサスのラインアップにおいて最上級車種である「LS」に次ぐ上位に位置する後輪駆動ベースの4ドアセダンであり、初代と2代目においては日本国内で、「トヨタ・アリスト」の名称で販売されていました。「GS」としての日本市場への投入は通算3代目からになります。
ガソリンモデルとハイブリッドモデルが用意されており、ラインナップ中でもエンジンが4気筒のモデルと6気筒のモデルが用意されているため、グレードのラインナップが豊富なのも魅力なモデルです。以下にこのモデルの詳細を紹介していきます。

「GS」のエクステリア

LEXUS ‐ GALLERY|GS (66378)

「GS」のエクステリアは、アグレッシブなフロントフェイスと端正で伸びやかなサイドビューにより、躍動感と品格をダイナミックに表現しています。パワフルなエンジンの存在を感じさせ、前に突き進むかのようなフロントノーズとともに、さらに進化した走りの躍動を体現するものがスピンドルグリルです。ロアにエアダクトを一体化したブレーキ冷却機能を織り込みながら、フレームを細く縁取るメッキモールや、グリル内部の導風形状のバーがアッパーとロアで2色が切り替わる構成により、機能美を力強さと精緻さで上質に仕上げています。レクサスを象徴するL字型に発光するLEDのヘッドランプとテールランプは、先鋭な光を放ち、残像となって、走り抜ける「GS」を鮮烈に印象づけます。
LEXUS ‐ GALLERY|GS (66380)

「GS」のインテリア

LEXUS ‐ GALLERY|GS (66382)

「GS」のインテリアは、正統派セダンとしての品格を深めディテールから美意識が薫るインテリアになっています。先進テクノロジーに基づいて、インストルメントパネルなどの機能やデザインに革新をもたらしたドライバーズ空間です。そこにレクサスの先進の美意識を注ぎ、本格セダンとしての品格が表現されています。オーナメントパネルのレーザーカット本杢は、下地にアルミを重ねた天然木を最新のレーザーカットで刻み、アルミのラインをシャープに削り出した先鋭のクリエイションです。また、本革にダブルステッチを施したステアリングパッド、ヘアラインにより金属質感を際立たせたクロックなど、素材それぞれの持ち味を活かしたレクサス独自の造形美が、室内に深みをもたらします。
LEXUS ‐ GALLERY|GS (66383)

「GS」の走行性能

LEXUS ‐ GALLERY|GS (66387)

ガソリンモデルは、L4 2.0Lターボエンジン搭載の「GS300」と、V6 3.5Lエンジン搭載の「GS350」がラインナップされています。
「GS300」は、ツインスクロールターボチャージャーと Dual VVT-i(吸気側VVT-iW)を組み合わせ、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用しています。幅広い回転域で最大トルクを生み出し、瞬時のレスポンスと伸びやかな加速をもたらします。また、アイドリングストップ機能の搭載により、燃費性能の向上にも貢献します。
「GS350」は、先進技術を結集し、パワーと環境性能で同排気量クラストップレベルに追求されています。吸気側VVT-iWを採用しアトキンソンサイクルを実現しており、さらにシリンダヘッド内の排気冷却を強化して燃費向上を図っています。また高燃圧での筒内直接噴射を実現し、吸気ポート噴射との使い分けを最適制御する新世代D-4Sや、運動系パーツの軽量化などにより、力強く爽快な加速フィールを愉しめます。

ハイブリッドモデルは、L4 2.5Lエンジン搭載ハイブリッドシステムを採用した「GS300h」と、V6 3.5Lエンジン搭載ハイブリッドシステムを採用した「GS450h」がラインナップされています。
「GS300h」・「GS450h」ともに、アトキンソンサイクルと高圧縮比による高い熱効率に加え、吸排気タイミングを最適化するDual VVT-iや、混合気の均質化を図り、筒内直接噴射と吸気ポート噴射の使い分けを最適制御するD-4Sを採用しています。「GS300h」は、この高効率エンジンに小型軽量の専用トランスミッションを組み合わせ、環境性能を追求しながら、力強い走りを生み出し、「GS450h」は、V8エンジンに匹敵するパワーと低燃費を実現しています。

「GS」の価格

「GS」の価格は、
「GS300」が、5,352,778円(ベース)~6,285,185円(“version L”)
「GS350」が、5,963,889円(ベース・2WD)~6,922,222円(“F SPORT”・2WD)、6,174,074円(ベース・AWD)~7,091,667円(“version L”・AWD)
「GS300h」が、5,707,407円(ベース)~6,639,815円(“version L”)
「GS450h」が、6,887,963円(ベース)~7,846,296円(“F SPORT”)
になっています。(※全て税抜き価格)

まとめ

今回は、レクサスの高級スポーツセダンである、「GS」の魅力を紹介してきました。
レクサスの中でも上位モデルにラインナップされているこの「GS」は全てにおいて上質な仕上がりになっており、ドライブする楽しみ、所有する歓びをともに満たしてくれるラグジュアリーなモデルになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi