2018年2月18日 更新

セイコーとホンダNSX がコラボした“セイコーアストロンホンダNSX 限定モデル”が発売!

セイコーウオッチは世界初のGPSソーラーウオッチ、“セイコーアストロンホンダNSX 限定モデル”を発表しました。この、NSX オーナーならもれなく欲しくなるに違いない、限定1,000本の限定モデルを紹介します。

セイコーとホンダNSX がコラボした“セイコーアストロンホンダNSX 限定モデル”が発売!

“セイコーアストロンホンダNSX 限定モデル”

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23557)

“セイコーアストロン”は2012年に世界初のGPSソーラーウオッチとして登場。つまり、どこにいてもGPS衛星からの電波を受信し、現在地の正確な時刻を表示できる。しかもソーラーなので半永久的に動き続けることが可能となっています。

サファイアガラス製のベゼルリングと、シャープな面で構成されたケースとブレスレットデザインに、品格ある存在感が特徴のエグゼクティブラインから、走りの喜びをかつてない領域へと拡げ「ホンダNSX」の世界観とコラボレートし、誰も知らなかった喜びを届ける「ホンダNSX」のデザインを随所に取り入れたのが、この特別なモデルです。

“セイコーアストロンホンダNSX 限定モデル”の販売数量は限定1,000本で、発売は3月9日。価格は324,000円となっています。

では、どこが特別なのかそして、デザインのポイントはどこかを説明していきましょう。

ハニカム柄の立体成型ダイヤル

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23560)

ダイヤルは、NSXのフロントグリルをモチーフにしたハニカム柄の立体成型で、その上にはインストルメントパネルと同じアラビア書体を採用したアワーマークがレイアウトされています。

NSXのボディフォルムをイメージしたケース

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23564)

優れたエアロダイナミクス性能を発揮する、独創的なNSXのボディフォルムをイメージしたケースは、限定モデルならではの立体的な造形美となっています。

アルミホイールをモチーフにした裏ぶた

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23588)

特殊な3次元加工を施した、専用鍛造アルミホイールをモチーフにした立体的な裏ぶたのデザインは、NSXのロゴに「Limited Edition」の文字、そしてシリアルナンバーが刻印されています。

特別仕様の都市コード表記

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23572)

ベゼルの10時位置側面には、NSXの生産拠点である、オハイオ州メアリズビル「PerformanceManufacturing Center」にちなんで、メアリズビルを含むコロンバス都市圏のポート・コロンバス国際空港の空港コードを刻印しています。

「Black and Red」のレザーストラップ

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23575)

レザーストラップは、NSXのレザーシートを含むインテリアと同じく、「Black and Red」のコンビネーションカラーを採用しています。

りゅうずデザイン

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23578)

求める走りをダイヤルひとつで実現する、NSXの「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」のダイヤルデザインを、りゅうずのモチーフとして採用しています。

アクセル/ブレーキペダルをモチーフにしたボタン

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23581)

2時、4時位置にあるストップウオッチボタン(スタート/ストップ、リセット)は、スリットを施したデザインでNSXのアクセル/ブレーキペダルをモチーフにしており、ストップウオッチを操作しやすい機能性も持っています。

NSXの最高速度をあしらったタコメーター目盛り

Seiko Astron Executive Line Honda NSX Limited Edition (23584)

サファイアガラス表示板のタキメーター目盛りには、アストロン初のルミブライトを採用。ベゼルの2時位置に表記した「308」の数字は、NSXの欧州仕様の最高速度「308km」を表しており、緑に発光する特別仕様となっています。

まとめ

時計と車はどちらも男の大好物。高級ブランド時計とプレミアムセダンが似合うように、スポーツカーには最新機能を搭載した、この「アストロン」がピッタリ。

問題はこの手の限定モデル、一目見てわかる人は皆無。ひとつひとつ説明をしないとわかってもらえないこと。聞いてる人も一通りうんちくを聞かないと、解放されないというのも苦痛。NSXも同じで、その価値をわかってくれる人が同乗することは少ないのではないでしょうか。

それでも欲しいのが男。一人でNSXを操って満足し、一人で“アストロン・ホンダNSX 限定モデル”を眺めてニンマリするのも一興か。
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン