2017年4月18日 更新

ホンダN-WGN見てきた!軽自動車のプレミアムクラス!

ホンダのNシリーズの中でN-BOXの次に売れているN-WGNを見てきました! シリーズでお届けする第一回目となる今回は、まずはN-WGNのエクステリアを見てみたいと思います!

ホンダN-WGN見てきた!軽自動車のプレミアムクラス!

N-WGNカスタムのエクステリアはカッコイイ!

2013年11月20日にデビューしたホンダの「N-WGN(エヌ ワゴン)」は、2011年12月に発売されたN BOXから始まるホンダの軽自動車「N」シリーズのひとつです。

N-BOXがハイトワゴンなのに対して、N-WGNはそこまで高くないワゴンタイプ。
Nワゴン、という名前の通りですね。
ホンダにはライフという軽自動車がありましたが、N-WGNの登場によってカタログ落ちになっています。

ライバルに当たる、スズキのワゴンRや、ダイハツのムーヴなどと同じカテゴリーとなり、スタンダードなクラスの軽自動車と言えます。
 (6482)

ホンダN-WGNのエクステリアを見てみると、昨今人気のハイトワゴンに比べると低めに構えられたデザインがかっこいいと思います!

展示車両はN-WGNカスタム。
 (6495)

N-WGNカスタムターボSS 2tone color styleパッケージだそうで。
価格は163.5万円からとなっていました。
オプションで15インチアルミホイールも装備されているようです。
かなり良いお値段がしますが諸費用などは含まれていません。
 (6480)

ホンダN-WGNカスタムのフロントを見てみましょう。
切れ長のヘッドライトにメッキのグリルがシャープな顔つきを印象づけます。
ワゴンスティングレイやムーヴカスタムなどと比べると、押し出しが強すぎず品の良い感じが好感が持てます。
 (6481)

ホンダN-WGNカスタムにはLEDフォグランプも標準装備。
ヘッドライトはもちろんLEDです。
装備や見た目で考えると、軽自動車というより小さな高級車みたいな質感がありますよね。

ナンバープレートが左にオフセットしているのもカッコイイです。
 (6483)

少し離れた位置から撮ってみました。
まとまりが良いですね。

こちらの展示車は15インチのアルミホイールがオプションで装着されています。
2トーンスタイルにすると、フォグランプ周りのメッキパーツやミラーなどがピアノブラック調になり、黒で統一されるのでよりシックに見えます。
 (6491)

続いてホンダN-WGNカスタムをサイドから見てみましょう。

サイドビューもなかなか精悍です。
ドアハンドルなどはメッキ加飾されていて高級車さながらですね。

ガラスエリアがリアまで貫通するようなガーニッシュがCピラーに付けられているのがユニーク。
 (6485)

フロントサイド部分ですが、ヘッドライトがサイドまで切れ込んできていてそれがデザインを引き締めていますね。
このヘッドライトデザインはボディをワイドに見せる効果もあって上手いなぁと感心しきり。
N-WGNのデザインは、軽自動車デザインの中でも本当に珠玉の出来だと思います。

オプションで装備されている15インチホイールもデザインがカッコイイですね。
 (6486)

ホンダN-WGNカスタムのリアサイドも見てみましょう。
完全な箱型ではなく、リアエンドも若干内側に傾斜しています。
こうしたちょっとした絞り込みが全体を引き締めて見せているのでしょう。
 (6489)

続いてホンダN-WGNカスタムのリアも見てみましょう。

リアには大型のルーフスポイラーが装備されています。こちらもブラック塗装。

ルーフが見えませんが、2トーンスタイルではルーフも黒くなっています。

リアガーニッシュもメッキで質感高いですね。
 (6490)

リアコンビネーションランプはクリアになっています。
サイドから続いている黒いラインがリアコンビネーションランプも貫通してリアガラスにつながっているんですね。
こうしたガラスエリアがリアガラスまで繋がって見えるデザインは普通車でも流行っていますね。

まとめ エクステリアは軽プレミアムと言っていい質感

ホンダN-WGNカスタムのエクステリアを見てみましたが、改めてその質感とデザインの良さに驚きますね。
確かに、ライバルの新型ワゴンRなども見てみましたがそちらも質感は良いのですが、デザインのまとまりの良さはN-WGNに軍配が上がると、個人的には感じました。
これが売れている理由なのだと思います。
2017年3月の軽自動車販売ランキングでは

6位 スズキ ワゴンR 13949台(先月12585台)↓
7位 ホンダ N-WGN 12403台(先月8599台)→

と、デビューしたばかりの新型ワゴンRと大差ない台数を売っているのは立派です。

ライフの後継モデルと考えれば、このくらい売って無ければいけないのかもしれませんけれど、デビュー4年目でもこの数字は健闘しているのではないでしょうか。

さて、次回はN-WGNの内装もチェックしてみたいと思います!
お楽しみに!
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部