2019年7月4日 更新

トヨタのアクアが一部改良と、ビジネス仕様の特別仕様車を追加!

アクアは、トヨタの代表的なハイブリッドコンパクトカーであり、低燃費が特に魅力のモデルになっています。そんなアクアが一部改良とビジネス仕様の特別仕様車を追加ということで、その詳細を紹介していきます。

トヨタのアクアが一部改良と、ビジネス仕様の特別仕様車を追加!

アクアの概要

トヨタ アクア | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (63131)

アクアは、トヨタが2011年から製造・販売しているハイブリッドコンパクトカーです。現行モデルが初代のモデルであり、2度のマイナーチェンジと幾度かの一部改良が行われてきました。
ハイブリッドシステムは、3代目のプリウス(1.8L、3ナンバー)と同様の「リダクション機構付THS-II」ですが、それと同型のシステムだとボディサイズの小さいアクアに搭載するには全体の質量が大きすぎるため、それよりも小さな2代目プリウス(1.5L、3ナンバー)に採用されていた「THS-II」を基本として、より小型・軽量に新規開発されたものを搭載しています。燃費性能はJC08モードで38.0km/Lとなっており、クラストップレベルの燃費性能を実現しています。
今回はそんなアクアが一部改良とビジネス仕様の特別仕様車を追加したということで、その詳細を以下に紹介していきます。

アクアの一部改良点

今回の一部改良では、駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを新たに設定しました。また、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーには、車両後退時に助手席側の鏡面が自動で下向きになり駐車ラインなどの確認が容易になるリバース連動機能を採用しました。さらに、ドアミラーは、付着した霜や曇りを取り除くヒーターを全車に標準装備しました。

パノラミックビューモニター

トヨタ トヨタの最新技術 | 快適便利・運転支援 | パノラミックビューモニター | トヨタ自動車WEBサイト (63169)

パノラミックビューモニターは、車両の前後左右に搭載した4つのカメラから取り込んだ映像を合成して、クルマを真上から見ているような映像を表示してくれ、駐車時の安全確認をしっかりサポートしてくれます。駐車時はもちろんのこと、狭い道での対向車とのすれ違いなどでも、人の目で確認しにくい死角を映し出してくれるのでとても便利な機能です。

内外装の仕様変更

TOYOTA、アクアを一部改良し、安全・安心装備を充実 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (63171)

外装は、フロントグリルとホイールキャップの意匠、リヤコンビネーションランプの加飾を変更しました。また、外板色には新規設定色サーモテクトライムグリーン(オプション)を含む全11色(Crossoverは全12色)を設定しました。

内装は、Gグレードのシート表皮をダークブラウン基調としたほか、Sグレードの内装色レッドを選択した場合、インストルメントパネルの助手席側カラーをブラック、レジスターリングをレッドに変更するなど落ち着きのある印象を付与しています。

特別仕様車 S“Business Package”

TOYOTA、アクアを一部改良し、安全・安心装備を充実 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (63174)

特別仕様車 S“Business Package”は、Sグレードをベースに、ビジネス用途に合わせて装備を厳選したほか内装色ナチュラルグレーが採用されています。また、衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードなど、安全・安心・便利機能を特別装備し、様々なビジネスシーンでの活用に適した仕様になっています。なお、外板色はスーパーホワイトⅡを含む全3色が設定されています。
特別仕様車 S“Business Package”の価格は1,917,000円~になっています。
TOYOTA、アクアを一部改良し、安全・安心装備を充実 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (63176)

フルフラットデッキボード

TOYOTA、アクアを一部改良し、安全・安心装備を充実 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (63177)

フルフラットデッキボードは、三拍子そろった積載性が魅力です。
まず段差のないフラットな荷室が、配送時の効率的な積み降ろしをサポートします。また講習会や説明会で使うスクリーンなど、長尺物にも対応しており、荷室長1,204mm(2名乗車時)が確保されています。そしてダンボールなども荷くずれしにくく、毎日の納品に便利であり、ダンボール19個分の積載性を有しています。(ダンボール寸法:280×380×320mm)

まとめ

今回はトヨタのハイブリッドコンパクトカーであるアクアの一部改良点と、新たに設定されたビジネス仕様の特別仕様車の詳細を紹介してきました。
より安全性能が優れ、内外装ではカラーの追加や変更を施し、より充実した内容になっています。特別仕様車 S“Business Package”は、仕事で使用する荷物の積載性を重視し、コンパクトカーとは思えない積載性を実現しています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi