2018年1月25日 更新

【比較】スカイラインVSカムリVSレジェンド!ハイブリッド・高級スポーツセダンの実力を検証!

高級スポーツセダンにもハイブリッドが搭載され、時代の波を感じますね。 高級スポーツセダンといえば、大排気量、高出力というイメージがありますが、ハイブリッドが搭載され、どう変わったのか、気になるところです。 ここでは、トヨタ カムリ G、日産 スカイライン 350GT ハイブリッド、ホンダ レジェンドについて比較します。

【比較】スカイラインVSカムリVSレジェンド!ハイブリッド・高級スポーツセダンの実力を検証!

スカイライン・カムリ・レジェンドのボディサイズを比較

 (22081)

 (22091)

ボディのサイズは、ホンダ レジェンドが他の車種より大きいです。
一番ボディが小さい日産 スカイライン 350GT ハイブリッドと比較すると、全長で180㎜、全幅で70㎜。全高で40㎜大きくなっています。
室内長や室内幅については、ホンダ レジェンドが一番大きく、室内高はトヨタ カムリ Gが大きくなっています。
車両重量はトヨタ カムリ Gがもっとも軽く、FRの日産 スカイライン 350GT ハイブリッドと比較しても210㎏も軽いです。
また、ワイドボディで4WDのホンダ レジェンドは、2tに迫る車両重量となっています。

このようなことから、ワイドボディのホンダ レジェンドが室内長や室内幅が大きく、高級スポーツセダンらしく、ゆったり運転ができそうですね。
トヨタ カムリ Gの車両重量の軽さは群を抜いており、走りや燃費に対して良い影響がありそうです。

スカイライン・カムリ・レジェンドのエンジンやミッションについて

 (22084)

 (22092)

トヨタ カムリ Gだけが無鉛レギュラーガソリンとなっており、28.4km/lという燃費も群を抜き、経済的な自動車です。
半面、日産 スカイライン 350GTは一番パワーがあり、最高出力が314PS、最高トルクが37.8kg・mとなっています。
また、燃料タンクのサイズも一番大きいです。
ミッションについては、トヨタ カムリ G だけがCVTを搭載しています。
CVTは構造が単純で、低燃費にも寄与するミッションで、普及が進んでいます。

経済性で選択するならトヨタ カムリ G、パワーで選択するなら日産 スカイライン 350GTといったところでしょうか。

スカイライン・カムリ・レジェンドのサスペンションについて

 (22087)

 (22093)

高級スポーツセダンらしく、サスは高剛性として知られるダブルウィッシュボーンやマルチリンクを採用していますが、唯一、トヨタ カムリ Gのサスペンション(フロント)だけ、マクファーソンストラット式コイルスプリングを採用ししています。
ダブルウィッシュボーンやマルチリンクは、独立したアームによって構成されるサスペンションのことで、レースで走行する自動車にも採用され、高級スポーツセダンでも、よく使われるサスペンションです。

一方、マクファーソンストラット式コイルスプリングは、コンパクトかつ簡単な構造のサスペンションとして、広く普及しています。
ホンダ レジェンドの245/40R19 94Yというタイヤは他の2車種と比較しても、扁平タイヤを装着しています。
車両重量があり、ハイパワーなホンダ レジャンドに対応したタイヤと考えられ、とてもリッチな感じはします。
最小回転半径は、日産 スカイライン 350GT ハイブリッドが他の2車種より若干小さく小回りが利きます。

まとめ

これまで、ハイブリッドを搭載するスカイライン・カムリ・レジェンドを比較してきましたが、燃費であればカムリ G、パワーであれば、日産 スカイライン 350GT ハイブリッドとなっています。

日産 スカイライン 350GT ハイブリッドとホンダ レジェンドは高級スポーツセダンらしく、300PSを超えるハイパワーでありながら、15㎞/l以上の低燃費を叩き出すことは素晴らしく、高出力と低燃費の両立が実現しています。
このようなことから、高級スポーツセダンのパワーはハイブリッドになっても健在な車種もあり、スポーティーな走行が楽しめそうですね。
高級スポーツセダンを購入検討している人の参考になれば幸いです。





14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123