2018年5月5日 更新

Lotus Exige(エキシージ) Sport 410が発表されました。バージョンアップを重ねるエキシージを追いかけてみます。

ロータスは、レースの世界で培った技術を公道の世界へ持ち込むことを大前提にして各モデルを開発していると考えます。このロータスエキシージからバージョンアップした410が登場しそうです。エキシージのバージョンアップを追ってみます。

Lotus Exige(エキシージ) Sport 410が発表されました。バージョンアップを重ねるエキシージを追いかけてみます。

Lotus Exige(エキシージ)シリーズから

Exige Sport 380

ロータス・エキシージは、2000年から登場。ロータス・エリーゼのワンメイクレース用に開発されたのがそもそもの始まり。

当初は、このエキシージは販売をしない予定でしたが、沢山のファンやユーザーからの熱烈な要望に応えて販売をする事となった、ユーザー嗜好のモデルでもあります。

2世代目が2004年から登場。この頃からエキシージは多用なモデルが開発され販売されています。エンジンの出力が上がっていくごとにモデルがバージョンアップしたといっても良いでしょう。

現在日本でもロータス・エキシージが多数ラインアップ。
エキシージS
エキシージSロードスター
エキシージSクラブレーサー
エキシージスポーツ350
エキシージスポーツ380
エキシージカップ380
8,880,000円から13,662,000円

このロータスエキシージにさらにパワーアップ・バージョンアップした410が登場との事。この410を調査してみます。

Exige Sport 380日本導入モデル

 (29991)

新モデルLotus Exige(エキシージ)Sport 410のエクステリア

フロントビュー

このモデルの特徴であるフロントスプリッターは、エキシージの最大の特徴であり、デザインだけでなく車自体の気流を調整してスピードアップに寄与する重要なパーツ。

まさにレースの世界から直接フィードバックさせている部分ではないでしょうか?

380シリーズの日本導入モデルは、フロントバンパーサイドにディフェーザーが使用されています。410も日本に導入の際には、付属するかもしれませんね。
https://www.netcarshow.com (29983)

via https://www.netcarshow.com

サイドビューは

デザイン的には、エキシージシリーズと同様のフォルム。フロントフェンダーサイドの410のエンブレムが神々しく光っていますね。

エキシージ410には、ミシュランパイロットスポーツカップ2タイヤ(215/45 ZR17フロントと285/30 ZR18リア)がセットアップ。キャリパーがイエローとなっており、ホイール内で異彩を放ってもいます。

軽量の鍛造合金ホイールは、ブラックとシルバーからチョイス可能との事。
https://www.netcarshow.com (29984)

via https://www.netcarshow.com

リアビューは

各モデルで基本的なデザインは、リア部分でも同一でないでしょうか。

エキシージ410のオプションとしてリヤアクスルを超えて10kgを除去したチタン製のフル排気システムのチョイスが可能となっているようです。
https://www.netcarshow.com (29985)

via https://www.netcarshow.com
イエローに光るブレーキは、鍛造された4ピストンキャリパーと性能の2ピースJフックブレーキディスクを備えたAP Racing製。
https://www.netcarshow.com (29986)

via https://www.netcarshow.com
フルチタン製のオプションマフラーは、全体で10㎏の減量に寄与し、さらに排気効率もアップしているとの事。
https://www.netcarshow.com (29988)

via https://www.netcarshow.com

新モデルLotus Exige(エキシージ)Sport 410の内装

エキシージというよりロータスの特徴でもあるアルカンターラ素材をふんだんに使用したインテリア。中でもイエローパーツが多用なところで使用され、キャリパーとのマッチングが行われているのがポイント。

ロータスの最大の魅力でもあるオープンゲートのマニュアルシフトチェンジデザインは、410でも勿論健在。
https://www.netcarshow.com (29987)

via https://www.netcarshow.com
シートもアルカンターラ素材で構成され、イエローのステッチ、410のロゴがあしらわれています。

オプションでは、4色のカラーパックが用意されているとの事です。トランスミッションコンソール、HVACサラウンド、カーボンシートアイレット、電動ウィンドウベゼルに対比的な周囲を作り出すようにカラーリング。
https://www.netcarshow.com (29989)

via https://www.netcarshow.com

新モデルLotus Exige(エキシージ)Sport 410のパワートレイン

パワートレインは、Exige Cup 430から直接インスパイアされているとの事。

V6型3500㏄スーパーチャージドエンジンは、416psを発生。これをリアにマウントしパワー及びトルク、さらにはタイヤ設置力を最大限に活かしている事でしょう。

1,054kgという軽量重量からも生み出される走行性能は、実に100mを3.3秒で駆け抜ける速さ。エクステリアのデザイン、リアウィング、下回りのデザインから150kgものダウンフォースをたたき出し、スピードアップにも寄与。

あくまで公道を走行することを視野に入れてもいるので最高の応答性・機敏性を維持しながらバランスも計られているようです。

エキシージ380エンジン

 (30073)

まとめ

現在日本国内では、エキシージカップ380までがラインアップされています。価格は、13,662,000円となっています。

エキシージ最高峰の410も日本に導入されるのではないでしょうか?その際の価格は、1450万位となって販売されるのではと予想します。

毎年のようにアップデート・バージョンアップしていくロータスモデル。現在その中で最高峰となりえる410の日本登場が楽しみでもありますし、この先エキシージがどこまで登っていくのかワクワクもしますね!
30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me