2018年4月16日 更新

トヨタ サクシード・プロボックスにハイブリッドが登場!2018年秋に販売予定。スペックや燃費等を検証

ビジネスマンのためのクルマ、それがサクシード・プロボックスです。多くの荷物が詰めて、ドライバーのための装備が充実しているのがポイント。これにどうやら2018年秋にハイブリッドモデルが追加されそうです。燃費も向上し、セーフティセンスCも搭載されそうです。同車の燃費やスペック等を検証していきます。

トヨタ サクシード・プロボックスにハイブリッドが登場!2018年秋に販売予定。スペックや燃費等を検証

トヨタ サクシード・プロボックスってどんなクルマ?

初代サクシード・プロボックス

 (25947)

2002年かた登場したサクシードとプロボックス。当時は乗用系が、サクシード。商用系はプロボックスという位置づけでスタート。カルディナバンの後継としてサクシード。プロボックスは、カローラバン・スプリンターバンの後継として登場。

初代は、2002年7月-2014年8月という長い期間販売されていたモデル。ガソリンでは、1300cc・1500ccを来院アップ。ディーゼルは、1400ccを搭載。2007年にディーゼルは、排ガス規制等の影響で販売を終了しました。

2013年にカローラフィールダーに統合される形でワゴンタイプの販売が終了しました。

2代目は、2014年から登場。フルモデルチェンジというよりは、マイナーチェンジをした印象。フロントフェイス等のデザイン変更を行い、インテリアもよりドライバーの使いやすさを重視。

1300cc・1500ccは、新型エンジンとなり燃費を大幅に改善。歩行者障害軽減ボディ構造を新たに採用し、さらにVSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備することで安全面を向上させています。フロントディスクブレーキを大径化(13インチ→14インチ)したことで制動力をも高めました。

2016年のマイナーチェンジで、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備とすることで、更に安全面に配慮したモデルへ成長しました。

このサクシード・プロボックスが、さらに進化しハイブリッドモデルの販売を行いそうです。ハイブリッドモデルを予想していきます!

2代目サクシード・プロボックス

 (25949)

トヨタ サクシード・プロボックス(ハイブリッド)のエクステリア予想

 (25927)

ロングランとなっているサクシード・プロボックス、エクステリアは、誰が見ても同車とわかるデザインですね。とにかくスクエアなエクステリアが、魅力でもあり、売りでもあります。

 (25928)

ハイブリッドモデルが登場したら、ボンネットエンブレムもブルーデザインになるでしょう!
 (25986)

サイドビューでもフロントフェンダーにHYBRIDのエンブレムが、インストールされてくるのでは?

それ以外にもリアのハッチにもエンブレムが付き、明確にガソリンエンジンとハイブリッドが区分けされると予想。
 (25987)

スクエアであることで、理想の荷室空間を実現していますね。荷物を置きやすいように低くフラット構造な床面に、ホイールアーチを最小限にしたリアクォーター内側。

雨天時でも作業のしやすいバックドアデザインを採用。
荷物のことを最優先にした結果のスクエアデザインとなっています。

勿論ハイブリッドモデルも同じように考えられて作られているでしょう!バッテリーの搭載位置が、荷室に影響しないよう設計してくると予想します。
 (25929)

トヨタ サクシード・プロボックス(ハイブリッド)のインテリア予想

 (25930)

ドライバーには、なるべく疲れないシート。荷室では、広い空間を確保できることを前提としたシートアレンジ。商用ベースの仕様ですが、フロントシートは、乗用車の質感に、長時間運転でも疲れないよう配慮もされているようです。

ハイブリッドモデルでも、インテリアはドライバー目線でデザインされてくると予想します。

 (25935)

 (25931)

とにかく車内でドライバーが、いろいろな仕事がこなせて、休憩等も取りやすいようにデザインされています。大きなセンターとレイは、筆者もプロボックスで体験しましたが、非常に活用できる装備でした。
 (25932)

いろいろな装備が、標準化されていて、あとから量販店等でアクセサリーとして「買わなきゃ」と思うことが少ないでしょう!
 (25933)

トヨタ サクシード・プロボックスには、セーフティセンスCが標準装備(ハイブリッドにも)

 (25936)

勿論、ハイブリッドのモデルが登場した際には、セーフティセンスCは搭載。ハイブリッド化によって、システム上走行管理モニターが設置されるようですので、安全装備の表示もリンクするかもしれませんね!
 (25937)

トヨタ サクシード・プロボックスハイブリッドのパワートレーンは?

 (25939)

スペック 新型プロボックス/サクシード

全長 ×全幅×全高(mm)=4,245×1,695×1,525(mm)
エンジン 1.5L 直4 DOHC+モーター
最大出力 74ps/4,800rpm
JC08モード燃費 34.4km/L
と筆者は予想します。

すでに、アクアやカローラフィールダーハイブリッドでも搭載のハイブリッドシステムとなるので、安心感のあるシステムとなるでしょう!

ハイブリッド化されることで燃費も非常に良くなり、ビジネスシーンの多いサクシード・プロボックスでは、お財布に優しくなるともいえます。
 (25938)

まとめ

筆者は、サクシード・プロボックスハイブリッドの販売が2018年秋以降と予想。
販売価格は、200万円と予想したいのですが、カローラフィールダー等でのエンジン車とハイブリッド車の価格差を考慮すると、210万円から220万円ではないでしょうか?

商用ベースの魅力は、荷物の積みやすさ、広さ、そして車体価格が抑えられている点です。車体価格が余り高くならないことを願いつつ、登場を楽しみにしています。
35 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me