2017年10月20日 更新

ホンダオデッセイが2017年秋にマイナーチェンジ!電動パーキングブレーキ採用か?

2017年のホンダはスゴイ!フィットのマイナーチェンジ、N-BOXのフルモデルチェンジ、ステップワゴンハイブリッドの登場に続き、年末頃予定されていたオデッセイのマイナーチェンジが前倒しされて秋の早い段階でマイナーチェンジが実施されそうです!

ホンダオデッセイが2017年秋にマイナーチェンジ!電動パーキングブレーキ採用か?
 (13288)

ホンダセンシングの全グレード標準装備化

現行型のオデッセイにもホンダセンシング(Honda SENSING)はグレード別で用意されていますが、今度のマイナーチェンジを機に全グレード標準装備となる可能性が高いです。
逆に、レスオプションとしてホンダセンシング無しモデルが用意されて安価に設定されるのではないでしょうか。

2017年9月に発売予定の新型ステップワゴンハイブリッドではそのような感じのグレード展開となっています。
ホンダセンシングも日進月歩で改良が加えられており、オデッセイのマイナーチェンジでも進化版のホンダセンシングが搭載されるでしょう。

Honda SENSINGの機能としては以下のようなものがあります。

・衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
 搭載された単眼カメラとミリ波レーダーで前方の歩行者・先行車・障害物を感知、衝突防止の制動を行います。


・歩行者事故低減ステアリング
 単眼カメラとミリ波レーダーで路側帯の歩行者や車線を感知。
 衝突の恐れがある場合は、ドライバーに警告後ステアリングアシストによって回避支援を行います。


・ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
 単眼カメラとミリ波レーダーによって先行車を追従し、加減速を行います。


・LKAS〈車線維持支援システム〉
 単眼カメラによって車線を感知して、車線中央を維持するようステアリングアシストを行います。


・路外逸脱抑制機能
 単眼カメラによって車線を感知し、ステアリング制御を行い車線逸脱を防ぎます。


・誤発進抑制機能
 不注意による急発進を抑制注意喚起。


・先行車発進お知らせ機能
 信号待ちなどで先行車の発進に気づかない際に、音と表示でドライバーに知らせます。


・標識認識機能
 道路標識を単眼カメラが読み取り、メーター内のディスプレイに表示。


現行型のオデッセイでは、アダプティブクルーズコントロール(ACC)は30km/h以下の速度になると解除されてしまうタイプでしたが、今回のマイナーチェンジでそれがバージョンアップする模様です。
 (13209)

電動パーキングブレーキ採用や全車速追従機能付きACCに進化!

 (13211)

今回のマイナーチェンジで新型オデッセイは電動パーキングブレーキが採用されるとの噂が聞こえてきました!

電動パーキングブレーキはヴェゼルにも採用されており、なぜ上位車種のオデッセイに採用されていないのか疑問でしたが、それがようやく解消されそうです。
先立ってマイナーチェンジを行うステップワゴンでは、ハイブリッドモデルにのみ電動パーキングブレーキ+ブレーキオートホールド機能が搭載されますが、オデッセイではどうなるかはまだ不明です。
もしかしたらステップワゴン同様にハイブリッドモデルにのみ電動パーキングブレーキ+ブレーキオートホールドが採用されるかもしれませんね。

いずれにせよ、ライバルであるアルファード・ヴェルファイアには採用されている電動パーキングブレーキがオデッセイにも採用されれば、商品力は高まります。

そして電動パーキングブレーキとオートホールド機能が採用されると、ACCが全車速追従機能にも対応しそうです。
従来型は30km/h以下の速度域になると、ACCが解除されてしまいましたが、新型オデッセイでは全車速追従機能付きに進化しそうです。
これもライバルであるアルファード・ヴェルファイアには搭載されるので、ようやく同等の機能を手にすることになります。
一方で、オデッセイのほうがアルヴェルよりも優れている点として、アルヴェルではステアリング制御付きのレーンキープアシストが用意されていません。
また、標識読み取りや先行車発進機能などもアルヴェルには用意がありませんので、オデッセイのほうが優れた先進装備を身につけることになりそうです。

登場時期は2017年10月?当初の予定より前倒し!

 (13252)

オデッセイのマイナーチェンジは、当初の予定では2017年末〜2018年初頭となっていましたが、それが前倒しされて2017年秋に早まるようです。
早ければ10月?それとも11月くらいでしょうか。

同じくマイナーチェンジが予定されているヴェゼルよりも先にオデッセイのマイナーチェンジが来るということなので、10月くらいにマイナーチェンジになるのではないかと予想します。

「箱型のようなミニバンは好きじゃない、もっと走りを楽しみたい」というユーザーにはオススメのミニバン、オデッセイですが、電動パーキングブレーキや全車速追従のACCが無いことでアルファードやヴェルファイアに後塵を拝する結果となっていましたが、今回のマイナーチェンジで面目躍如となるでしょうか。

情報が入り次第、追記加筆していきますのでお楽しみに!

14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部