2018年7月13日 更新

欧州のコンパクトSUVは個性的!そして以外にお買い得!

国産車でもコンパクトSUVがかなり増えてきましたが、欧州のコンパクトSUVは個性の強さがハンパない!性能もいいですし、そして価格もかなりリーズナブルですよ!

欧州のコンパクトSUVは個性的!そして以外にお買い得!

プジョー・ 2008

プジョー・ 2008

プジョー・ 2008

プジョー・ 2008

プジョー・ 2008

車内

車内

まずはフランスの「プジョー・ 2008」です。

基本的にプジョーはコストフォアバリューの高いメーカーですが、走りにも定評があります。SUVにおいても、最新テクノロジーに五感を刺激するような演出がプラスされ、ドライビングプレジャーを感じやすくなっています。ちょっと新しい体験を求めて走り出すというようなシーンにピッタリかもしれません。

サイズは4,160mm×1,740mm×1,570mmとかなりコンパクトですが、精悍さをしっかり感じるフォルムです。水平基調のボンネット、直立した大型グリルは小型車のフロントフェイスとは思えません。開放的なパノラミックガラスルーフもプジョーの魅力のひとつです。

エンジンは1.200cc、PureTech3気筒DOHCターボ110PSでEAT6のミッションが組み合わされます。小排気量ながら200バールという高圧燃料噴射システムにより、高い燃焼効率を実現しています。低回転域(1,500rpm)から十分にトルクフルで、ハイウェイからワインディングロード、未舗装路でもパフォーマンスを発揮します。最低地上高165mmで、これはSUVとしては必要最小限でしょう。

前サス:マクファーソンストラット式、後サス:トーションビーム式、JC08モード燃費は17.3km/Lです。

車内については特に豪華さというのはありませんが、ホールド性の良さそうなシートなどスポーティなムードで、ガラスルーフにすればかなり開放的です。

Allureは263万円、GT Lineでも285万円からということで、国産ならトヨタ・CH-Rやホンダ・ヴェゼルと価格的にもクロスしている価格ゾーンです。

エントリーモデルでも、アクティブシティブレーキ、バックソナー、LEDランプ付ハロゲンヘッドライト(ツートーン)、タッチスクリーン、左右独立調整式オートエアコン(花粉フィルター付)が標準装備です。コストパフォーマンスはかなり高いと思いますよ。

シトロエン・C3

シトロエン・C3

シトロエン・C3

シトロエン・C3

シトロエン・C3

車内

車内

次は「シトロエン・C3」です。ちなみにシトロエンはプジョー株式会社の傘下となっていますので、共有パーツも多くなっています。

シトロエン・C3は見た目からしてとにかく個性的です。3,995mm×1,750mm×1,495mm、ホイールベース2.535mmというというコンパクトなボディですが、ユニークポイントがたっぷり詰め込まれています。

非常にユニークなライトの配置、エアバンプなどSUV要素を取り入れた大胆デザイン、そしてバイトーンルーフなど随所にカラーアクセントを配していて、ひとめでC3だとわかる強い個性があります。国産車にはまず無い要素です。

エンジンはプジョー・ 2008と共通です。2015年~2018年、4年連続インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーの最優秀賞に輝いている定評のエンジンで、1.200cc、PureTech3気筒DOHCターボは110PSを発揮します。サスペンションも共通の前:マクファーソンストラット式、後:トーションビーム式となっています。最低地上高は160mm、JC08モード燃費は18.7km/Lです。

エントリーモデルのFEELは219万円と非常にお値頃で、SHINEでも243万円です。このSHINEグレードにはコネクテッドカムが標準装備となっています。

ドライブ中の印象的なシーン、出来事を逃さず撮影できる機能です。ルームミラーの基部に装着され、16ギガバイトのメモリーとGPSを搭載しているフルHDカメラで、前方視界120°でワンタッチ撮影、保存が可能です。個性的なデザインと確かな性能、先進装備と揃っていて、かなり魅力的だと思います。

ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャー

ルノー・キャプチャー

車内

車内

フランスにはルノーもあります。ルノー・キャプチャーはインテンスで約270万円です。

メカニズムのベースとなっているのはBプラットフォームの日産・ジュークですが、随分と雰囲気が違っています。フルLEDランプやスキッドプレート、新デザインのアロイホイールなどでSUVとしての主張を高めています。

エクステリアとインテリアの2トーンカラーも新色が登場し、スタイリッシュなデザインがなかなか魅力的です。サイズはジュークとほぼ同じ4,135mm×1,780mm×1,585mmですが、最低地上高は185mmとたっぷりとられています。

エンジンは1.200cc、直噴4気筒DOHC16バルブターボで118PSを発揮、ミッションは6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)で、JC08モード燃費17.2km/Lとなっています。

インテリアはそんなに個性的ではありませんが、シートはルノーならではのサポート性のいい疲れにくいもので、特徴的な織り模様のファブリックを使い、柔らかな手触りが品質の高さを感じさせます。また、リアシートは前後に160mmも移動できるので、ゆとりある後席空間を確保できます。

SUV的には、3つの走行モード(標準モード、ソフトグラウンドモード、エキスパートモード)を切り替えられ、路面状況に応じて駆動力を最適に制御できる点が特徴です。

非常に堅実なつくりですが、フランス車らしいおしゃれ感も充分に備わっています。

フィアット・500X

フィアット・500X

フィアット・500X

フィアット・500X

フィアット・500X

車内

車内

イタリア車で異彩を放っているのがフィアット・500Xです。

個性的でかわいい人気車フィアット・500と共通性のあるデザインですが、ボディサイズも含め、コンパクトSUVとして全く別の5ドア設計となっています。しかし、500の面影を残したデザインはさすがです。価格は293万円からの展開で、値頃感がかなりあると思います。

サイズは4,250mm×1,795mm×1,610mmということで500よりかなり大型化され、1,400cc、4気筒マルチエア16バルブのインタークーラーターボエンジンは140PSを発揮します。

ミッションは6速乾式デュアルクラッチオートマチックです。最低地上高はSUVとしては必要最小限の165mmです。JC08モード燃費15.0km/Lもパワフルなエンジンなので納得の範囲でしょう。

ちなみに500Xの先代となるフィアット・セディチはスズキ・SX4の兄弟車でした。そして500Xは、米クライスラーが販売するジープブランド「レネゲード」と兄弟車になっています。ちょっと意外な感じもしますが、こうした効率化のおかげでお値ごろになっているのだと思います。

インストゥルメントパネルは外観よりも500とは違っています。テイストこそ同じイメージですが、メーターは3つになり、中央にはディスプレイオーディオが配置されます。

操作面で特徴的なのは、センターコンソールにあるダイヤルです。これは全グレードに標準装備され、ドライブモードセレクターによってエンジン、ミッション、操舵力をコントロールできます。外側ダイヤルを動かすことでメーターに選択したモードが表示されるようになっています。

シートなどはまさにイタリアンデザインで、ヘッドレストが丸い形をしているのはかなり特徴的です。

デザインが気に入ったら長くつきあえそうなクルマですね。

魅力的な欧州コンパクトSUV

ここまで紹介してきた欧州のコンパクトSUV、いかがだったでしょうか?

国産の人気コンパクトSUVももちろん魅力的ですが、個性を主張できるのが外車の強みです。そして価格的にも割高感はほとんどありません。気になるモデルがあったら是非一度試乗してみてください。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai