2018年4月23日 更新

ACURA RDXがフルモデルチェンジ!デザイン・予想価格・ライバルは?ホンダのアキュラブランド日本導入は?

ホンダの北米での別ブランドであるACURAから新型RDXが登場することとなりました。今回のフルモデルチェンジでシャーシからエンジン、そしてエクステリアや内装等、進化を遂げているとのことです。デザインやスペック、そして価格等も予想していきます。

ACURA RDXがフルモデルチェンジ!デザイン・予想価格・ライバルは?ホンダのアキュラブランド日本導入は?

ACURA RDXってどんなクルマ?

 (27441)

まずアキュラって?
ホンダが北米を中心に、より高級な車を販売するチャネルとして1986年に立ち上げたブランドです。
北米ではアキュラは、非常に知名度が高くホンダブランドと併せて人気があります。


アキュラRDXってどんなクルマ?
ホンダがアキュラブランドで生産するSUVモデル。初代は、2006年から販売開始。5人乗りのワイドでゆったりとした雰囲気のボディが特徴です。

2代目が2012年から販売開始され、2016にビッグマイナーチェンジをして今日に至っています。
そのアキュラRDXが、フルモデルチェンジして登場するようです。詳細や日本導入を探ります!

新型ACURA RDXはどう変わる?

 (27419)

現行型のアキュラRDXは写真上下のようなデザインとなっています。
モデルスパンが比較的長いので、発売当初のモデルから比べると、マイナーチェンジを迎えるたびにデザイン変更や先進技術の導入を図られてもいます。

フルモデルチェンジのRDXはどう変わるのでしょうか?
新しいアーキテクチャのシャーシになり、ホンダ及びアキュラブランドの先進デザインの採用と先進技術の採用を取り入れたモデルとなっているのではないでしょうか?
 (27420)

現行型では、マイナーチェンジの際に5ブロック構造のLEDライトに変更されていますね。新型では更に進化していそうです。
 (27428)

新型ACURA RDXのエクステリアデザイン

フロントビュー

新型RDXでは、アキュラの特徴であるペンタゴンデザインのグリルが、さらに強く強調されているデザインへ進化。アキュラマークから末広がりに広がっていくデザインと放射状に伸びるグリルパターンが斬新でもあります。

バンパー下のエアダクトは、NSX風に仕上げられており、アキュラ(ホンダ)の最新のデザインが施されてもいます。
https://www.netcarshow.com (27418)

via https://www.netcarshow.com

サイドビュー

ドロップキャラクターラインと呼ばれているフロントとリアのフェンダーラインを強調するサイド部分。
流れるようなプレスラインが特徴的ですね。

標準仕様車は、19インチのアロイホイールを採用しています。
Aスペックでは、20インチのアロイホイールとなり、タイヤサイズは255/45R20とさらに大径化。
https://www.netcarshow.com/ (27421)

via https://www.netcarshow.com/

リアビュー

新型RDXのリアで特徴的な存在は、竜の尾と名付けられたLEDテールライト。このネーミングをモチーフにリアのデザインが構成されていますね!

新型RDXの全体的なデザインバランスは、シャープでロー&ワイドをモチーフにして開発を進めたようです。
https://www.netcarshow.com/ (27422)

via https://www.netcarshow.com/
現行型で5つのブロック構造のLEDヘッドライトは、新モデルでは進化を遂げて7つのブロック構造へとなっています。
https://www.netcarshow.com (27427)

via https://www.netcarshow.com
ゆったり5人が乗車できて、更に荷物もしっかり積載できるという、北米に向いているデザイン。
https://www.netcarshow.com/ (27423)

via https://www.netcarshow.com/

新型ACURA RDXの内装

センターコンソール上に配置されたハイデッキフローティングセンターコンソールと優れたIntegrated Dynamics Systemコントロールノブ。NSXからインスパイアされたインテリアデザインと先進装備です。

4種類のドライブコントロールモード(スノー、コンフォート、スポーツ、スポーツ+)が選択できるようになっています。

そして10.2インチの大型タッチスクリーンが、フルHDとなっており、ドライバーの視界を邪魔することなく、そして操作しやすい位置に置かれています。
https://www.netcarshow.com/ (27424)

via https://www.netcarshow.com/
シートカラーは、グレード別に3色が用意されているようです。
新型RDXのシート自体は、長距離運転でも疲れないように重厚かつ程よく固めに作られているとの事。
https://www.netcarshow.com (27425)

via https://www.netcarshow.com
新設計されたパノラマムーンルーフは、最近のモデルの傾向としてガラス面が大きく取られていて開放感がありますね!
RDXでも惜しみなく装備されています。
https://www.netcarshow.com (27426)

via https://www.netcarshow.com

新型ACURA RDXのパワートレインは?

新型RDXでは、2000㏄VTECデュアル可変バルブ仕様、直噴ターボエンジンを採用。
このエンジンでは272psの最高出力を発生。
同社のV6エンジンと比較して、パワーもトルクも上回っての登場となります。

これに組み合わされるミッションは、10速オートマとなっているようです。
自動モードとパドルシフトでシームレスにシフトチェンジが可能となっています。

新型ACURA RDXの安全装備は?

新型RDXには、全てのグレードに下記が標準装備。

①前方衝突警告
②車線逸脱警告付きのロード・ディザスタリリーフ
③衝突回避警告を含むCollision Mitigation Braking System
④アダプティブクルーズコントロール
⑤フロントサイドエアバッグ
⑥フロントサイドエアバッグ
⑦サイドカーテンエアバッグ

高級車としては、安全装備が標準なのは良いですね。

新型ACURA RDXの価格・発売日?

現行型のRDXの価格は36000ドルからとなっております。
新型の販売の際には、安全装備の標準化や開発費等で、若干の値上がり傾向となってくるのではないでしょうか?となると、38000ドル前後となり、日本円に換算すると407万円ほどのスタート価格になると予想します。

筆者が予想する発売日は、2018年の秋以降に販売アナウンスが開始され、年末ごろから納車できる段取りではないでしょうか。
ただしこれは北米など海外での話です。

まとめ(アキュラブランドの日本導入は?)

現時点でホンダでは、日本国内へのACURA導入は行われておりません。
トヨタでいうレクサスや日産でいうインフィニティのような別ブランド名ではあるのですが、国内のホンダが高級志向に舵を切れていない現状もあります。

また、日本国内では、ACURAという名称に、ユーザーがピンと来ないのも導入されていない理由として考えられます。

ただ、先にもあげたレクサスやインフィニティのように高級路線を行くための布石として、新型RDXを導入するというのは有りなのではないでしょうか?

2018年は、ホンダのSUVとして新型CR-Vが日本国内で再デビューとなります。
その売れ行き次第では、新型RDXも日本に導入される可能性も大いにあると思いますね。

ホンダが、ACURAブランドを日本国内で創設した際には、RDXの販売も行われると予想します。
RDXが販売される日を楽しみに待ちたいですね。
42 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me