2018年1月15日 更新

ホンダがCES 2018にて新たな技術を発表!AIを用いた次世代ロボットも!

ホンダはアメリカのラスベガスで開催されているCES 2018にて、AI技術を駆使した新たなロボットコンセプトモデルを含む全16のコンセプトモデルや技術の発表を行いました!

ホンダがCES 2018にて新たな技術を発表!AIを用いた次世代ロボットも!

目次

Honda | 「CES 2018」Honda発表内容 ~Empower・Experience・Empathyで実現する「人の素晴らしさが際立つロボティクス社会」~ (21517)

 Hondaは、2018年1月9日(火)から12日(金)まで米国ネバダ州ラスベガス市で開催されている世界最大級の家電見本市「CES 2018」に、「Empower・Experience・Empathy(人の可能性を拡大する・人と共に成長する・人と共感する)」をテーマに出展し、Hondaの目指すロボティクスの方向性についてプレゼンテーションを行いました。
ホンダはアメリカのラスベガスで開催されているCES 2018にて、AI技術を駆使した新たなロボットコンセプトモデルを含む全16のコンセプトモデルや技術の発表を行いました!

今回発表された主な内容を見ると、車というより人の生活をより便利にするロボット技術がメインに思える方もいるかもしれませんが、これらのロボット技術にも採用されているCI(Cooperative Intelligence)、つまり一般的にAIと呼ばれる技術力は自動運転技術などにおいて欠かせないものとなっております。

CIによって人の表情を判断し、多彩な表情などでコミニュケーションの取れるロボットコンセプトのお「3E-A18」や(画像上)、「3E-D18」のように走破性に優れており、アタッチメントの交換で消火活動から農業支援まで様々な仕事をこなす車型のロボティックデバイズも存在します。(画像下)

トヨタや日産の自動運転技術に負けない画期的な技術も、これらのホンダのCIを駆使することによって夢ではないかもしれません。

ホンダに関しては、新型CR-Vの登場や人気車両のマイナーチェンジなど様々な話題に溢れているので、今後も気になる情報が分かり次第お伝えしたいと思います!
Honda | 「CES 2018」Honda発表内容 ~Empower・Experience・Empathyで実現する「人の素晴らしさが際立つロボティクス社会」~ (21520)

5 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部