2019年2月21日 更新

新型トヨタ ハイエース、海外向けモデルをフィリピンで初公開!

新型トヨタ ハイエースの海外向け仕様が、フィリピンで2月18日に発表されました。これは、新興国を中心に自動車市場が拡大し続けて要ることより、新ハイエースをフィリピンで初雄披露目したと言えます。このモデルをご紹介していきます。

新型トヨタ ハイエース、海外向けモデルをフィリピンで初公開!

新型トヨタ ハイエース海外向けの概要等

TOYOTAは、2月18日フィリピンにおいて海外向け新シリーズとなるハイエースを世界初お披露目しました。新型シリーズでは、新開発された専用プラットフォームをベースに、快適性、安全性を大幅に向上させるだけでなく、ユーザーの日常生活やビジネス用途に充分に活躍できる様に、優れた基本性能と高い耐久性を実現しています。

開発コンセプトは?
①海外向けに新型を開発し、働くクルマとしての物流バンだけでなく、送迎、観光、乗合バス等の乗客の輸送を重視した仕様も設定している点がポイントです。バン設定の他に、コミューターとツーリズムをラインアップすることで、需要を伸ばして行きたいという目標設定があります。

②新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化デザインにより、基本性能や快適性を大幅に向上させて登場させています。

③Euro NCAP5★に相当するクラス最高レベルの安全性も確保したモデルに仕上げています。
 (56025)

新型トヨタ ハイエース海外向けのエクステリア等

まず真っ先に目に飛び込むのは、セミボンネット化したデザインですね。今までの100、200系ハイエースとは、全く違うディテールとなっています。

海外モデルでは、「ショート・標準ルーフ」、「ロング・ハイルーフ」の2つのボデータイプを設定しています。セミボンネット化したディテールを生かしながら、ハイエース最大の特長である信頼感・力強さ・機能美を継承しなががら、さらに進化させて快適かつ先進的な空間を連想できるエクステリアスタイルですね。
 (56020)

①ショート・標準ボディ
全長5,265mm「+570」×全幅1,950mm「+255」×全高1,990mm「+10」

②ロング・ハイルーフボディ
全長5,915mm「+535」×全幅1,950mm「+70」×2,280mm「-5」
「」内は、現行型とのサイズ差です。

セミボンネット化したことによって車内空間が狭くならないように、全長はかなり伸びている印象です。また全幅も拡大することで、シートアレンジを拡大させていると言えますね。
 (56021)

リア部分では、ハイエースらしいテールランプやスクエアなデザインが特徴的です。力強さと機能美を表しているのではないでしょうか?海外仕様だけにホイールベースも長く、リアもタイヤハウス以降の空間を長く保持させていますね。
 (56022)

新型トヨタ ハイエース海外向けの内装等

新たに設定したツーリズムでは、快適装備と専用インテリアを採用しています。観光・送迎としての必要不可欠な装備を搭載して、グレードアップした仕様です。安全装備では、Toyota Safety Senseを搭載することで、乗客・乗員等に安心を与えてくれていますね。
 (56023)

バン仕様では、世界各国のパレットを搭載可能な荷室に仕上げています。色々な国の基準を満たせるように工夫されています。
 (56042)

海外向けハイエースでは、用途に応じて複数の座席および荷室のレイアウトを用意しています。乗合バス用途のコミューターでは、クラス最大乗車人数17名の設定も可能です。

日本では、普通免許で運転できるのは、10人乗車迄ですので、このサイズと座席で国内導入された場合は、マイクロバスの代わりなどになるかもしれませんね。

乗員それぞれが使いやすくなるように、大型ドアトリムポケットや大型シート下収納等、乗員のニーズに対応し、機能性を高めています。さらに乗客に落ち着き感や安心感を与える内装に仕上げています。
 (56024)

新型トヨタ ハイエース海外向けのパワートレイン等

パワートレインでは、1GD型2800ccディーゼルエンジンと、7GR型3500ccガソリンエンジンの2種類を設定しています。

ディーゼルエンジンである1GDは、KDエンジンに変わるトヨタの主力ディーゼルエンジンであります。GRエンジンは、V型6気筒で、こちらもトヨタが継続開発・生産しているガソリンエンジンです。

新型海外向けハイエースは、新設計された環状骨格構造採用による優れたボディ剛性などを特徴にしてます。TNGAの設計思想に基づき開発された新開発ボディです。このボディによって、乗り心地、静粛性、安全性能を大きく向上させています。

世界の国々の様々な道路環境を走行するのに、安心・安全を与えられるように開発され、さらに高い耐久性と長距離走行でも疲れない快適な乗り心地を実現させています。新しいボディ構造に、信頼のあるパワートレインを組み合わせているということでしょう!
 (56037)

まとめ

トヨタは、2月18日に海外向け新型ハイエースを公開しました。今回公開されたモデルは、全長・全幅共に現行モデルよりも拡張されています。現在日本のハイエースは、4ナンバーで4,695×1,695×1,980㎜のサイズです。これは、4ナンバーサイズの範囲に収まるように設計されているためです。

これから、日本にもセミボンネット300系ハイエースの展開が行われる予定です。最適な荷室空間を確保しながら、4ナンバーサイズのモデルがラインアップされるかも、重要なことになるのではないでしょうか!新型ハイエースの日本版登場が楽しみです。

24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me