2017年12月15日 更新

レクサスNXマイナーチェンジ画像公開!流れるウインカー採用!かっこよくなった!

2017年4月19日の上海モーターショーのプレスデーにおいて、2017年9月に予定されているレクサスNXのマイナーチェンジ版の画像が公開されました。それを細かく見てみましょう。

レクサスNXマイナーチェンジ画像公開!流れるウインカー採用!かっこよくなった!

精悍になったF SPORTのエクステリア

LEXUS (6606)

公開された画像のうち、こちらがF SPORTの画像です。

まず大きく変わったのがフロントバンパー形状。
サイドにエアインテークのような黒いメッシュパーツが加わったことで、よりアグレッシブなデザインになりました。
LEXUS (6607)

全体のデザインの密度感が上がったことで、全体として質感が高まったような印象を受けます。

この大型のエアインテークはダミーと思われます。
LEXUS (6614)

またヘッドライト内のデザインも変わり、目つきが鋭くなった印象です。

今回のマイナーチェンジでレクサスセーフティシステム+が標準装備となりますが、それに伴いオートマチックハイビームだったものがアダプティブハイビームシステムへとバージョンアップしました。
これは嬉しい変更点です。
また、ウインカーもRX同様の流れるタイプのシーケンシャルターンシグナルになります。
LEXUS (6608)

リアビューも若干の変更があります。
リアコンビネーションランプが大型化し、印象が若干変わりました。
こちらはターボモデルのNX300ですが、マフラーがバンパー一体型になりました。
今回のマイナーチェンジを機に、NX200tからNX300と名称変更になります。

ノーマル顔もRXのような横フィンタイプに変更

LEXUS (6613)

一方でノーマル顔のNXも質感が向上しました。
スピンドルグリルのフィンが、レクサスRXのような目の細かいものに変わったおかげで、車格が上がったように見えます。
フロントサイドのエアインテークもF SPORTほど大きくないので全体的に上品にまとめられています。
LEXUS (6618)

RXよりコンパクトなのに凝縮感のあるデザインは、人気が再燃する可能性がありますね。
LEXUS (6617)

こちらはおそらくversion Lと思われますが、RX同様のセレクタブルカラートリムホイールが装備されているのでしょうか。ホイールの一部の色が変わっています。
セレクタブルカラートリムホイールとは、アルミホイールの一部パーツをカラードのものと差し替えて色を選べるというもの。
このホイールがそれに該当するかはわかりませんが、シックで洒落たアルミホイールですね。
LEXUS (6621)

こちらはハイブリッドのモデルNX300hですが、リアバンパーの形状がNX300のものと違います。
LEXUS (6622)

マフラーは隠された形状になっています。
デザインは変更になりましたが、ハイブリッドモデルのマフラーが見えない仕様なのは同様です。
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部