2018年4月22日 更新

ダイハツムーヴが2017年8月にマイナーチェンジでカッコよくなった!スマアシⅢ搭載!

ダイハツの軽自動車の代名詞とも言える「ムーヴ」が2017年8月にマイナーチェンジ予定となっています! ライバルであるワゴンRが2017年2月にフルモデルチェンジを行ったばかりなので、それに対して商品力の増強を図りたいところ! どんなところが変わるのかレポートします。

ダイハツムーヴが2017年8月にマイナーチェンジでカッコよくなった!スマアシⅢ搭載!
 (17215)

ダイハツの軽自動車の代名詞!ムーヴ

初代ダイハツムーヴがデビューしたのは、1995年8月。
打倒ワゴンRを掲げて開発され、以来熾烈な戦いを繰り広げてきた両車ですが、直近2017年3月の軽自動車販売ランキングでは、ムーヴの勝利となっています。
4位 ダイハツ ムーヴ 15077台(先月11312台)↑
6位 スズキ ワゴンR 13949台(先月12585台)↓

ワゴンRは2017年2月にデビューしたばかりなのに、この数字とはちょっと心配になりますが…
いずれにせよ、ムーヴは好調のようです。というのも、この数字には2016年に追加されたムーヴキャンバスも含まれているから。

両側スライドドアを備えて、レトロなワーゲンバス風なエクステリアのムーヴキャンバスはムーヴ全体の数字を押し上げるのに貢献しています。
ワンダー速報 (6089)

でも、今回マイナーチェンジを行うのはムーヴキャンバスではなく、素のムーヴとムーヴカスタムのほうです。

現行ムーヴは2014年12月、2年半が経過

ダイハツ工業株式会社|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】 (6093)

2014年12月に現行型のムーヴがデビューして以来、すでに2年半が経過しようとしています。
そのタイミングでマイナーチェンジを行い、商品力の強化を図るというものです。

ライバルであるワゴンRは、マイルドハイブリッドやデュアルセンサーブレーキサポートなどで燃費も安全性も向上しています。
それに対してダイハツのムーヴも燃費と安全性も向上させる見込みです。

ムーヴのマイナーチェンジでスマートアシストⅢを搭載!

現行ムーヴに搭載されているスマートアシストIIでは、すでにJNCPN予防安全評価で最高ランクを獲得していますが、それが今回のマイナーチェンジを機に「スマートアシストⅢ」にアップデートされます!
こちらの「スマートアシストⅢ」は、レーザーセンサーとソナーセンサーに加えてステレオカメラを搭載することで、より検知性能を向上させているというもの。
ライバルであるワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートとは方式は違いますが、どちらも安全性が高まるならば、切磋琢磨してより良いものを搭載してくれたほうがユーザーはうれしいですよね。

すでにタントで導入されている「スマートアシストⅢ」であその安全性も実証されているので、それが新型ムーヴにつくのは嬉しいですね。

エクステリアと内装も若干の変化あり?

今回のダイハツムーヴのマイナーチェンジで、エクステリアと内装にも変更がありました。
マイナーチェンジとはいえ、かなり大幅なフェイスリフトが行われました!
ダイハツ 2014新型ムーヴ(ムーブ・MOVE)カスタム見てきました!内装も好評価だ! | ワンダー速報 (6101)

↑こちらがマイナーチェンジ前のムーヴカスタム。

↓そしてこちらがマイナーチェンジ後の新型ムーヴカスタム。
 (17218)

目つきや表情も精悍になり、かなりシャープで大人っぽい雰囲気になりました!
筆者的にはマイナーチェンジ後のほうが圧倒的に好みです!

ムーヴのマイナーチェンジで燃費はどうなる?

マイナーチェンジ前のムーヴは、ベースグレード「L」(FF)で、JC08モード燃費31.0 km/Lとなっています。
ターボモデルのFFでは27.4km/Lとなっています。

ライバルである最近モデルチェンジしたばかりのスズキワゴンRの燃費は、ガソリンモデルの「FA」が26.8 km/Lとなっていますが、スズキ謹製のマイルドハイブリッド「HYBRID FX」や「HYBRID FZ」では33.4 km/Lという驚異的な燃費性能となっています。
ちなみにターボモデルのワゴンRスティングレイの「HYBRID T」(FF)では28.4km/Lとなっています。
どちらも、ムーヴを超える燃費性能となっているので、今回のマイナーチェンジでどこまで近づけるかが注目でしたが、燃費に変化はナシでした。
ムーヴ|トップページ【ダイハツ】 (6104)

ムーヴ|トップページ【ダイハツ】 (6105)

ダイハツムーヴのマイナーチェンジは2017年8月!

マイナーチェンジ版新型ムーヴは2017年8月に発売されました!

ライバルであるワゴンRは、2017年2月にデビューしたばかり。
ホンダのN-WGNは、N-BOXが8月末にフルモデルチェンジしたので、2018年夏頃にモデルチェンジを迎えるのではないでしょうか。

マイナーチェンジした新型ムーヴがどこまでシェアを伸ばせるか注目です!!
 (17231)

29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部