2018年3月2日 更新

【C-HR・CX-5・ティグアン・フォレスター】話題の実力派SUV試乗比較 ~あなたが求める実力派SUVは~

今、日本だけではなく世界中で注目を集めるクルマのジャンルはSUVであり、昨年は各社から実力派のSUVが多数登場しました。その中でも特に実力の高いトヨタ C-HR、マツダ CX-5、フォルクスワーゲン ティグアンの3車に加え、従来からその実力の高さは誰もが認めるスバル フォレスターの4車に試乗し、その実力を検証します。

【C-HR・CX-5・ティグアン・フォレスター】話題の実力派SUV試乗比較 ~あなたが求める実力派SUVは~

今回の試乗比較車及びエクステリア

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

マツダ CX-5

マツダ CX-5

フォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲン ティグアン

スバル フォレスター

スバル フォレスター

SUVは現在各社が最も力を入れているジャンルだけあって、各社の個性がハッキリと出ているなと感じます。スタイリングについてはそれぞれ好みがあると思われるのでここでは割愛します。

インテリアの比較ではティグアンが1位!

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

マツダ CX-5

マツダ CX-5

フォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲン ティグアン

スバル フォレスター

スバル フォレスター

インテリアのクオリティが高く感じた順番は

①ティグアン
②C-HR
③CX-5
④フォレスター

の順となりました。

正直、クオリティについてはどのクルマについても十分満足できるものがありまして、敢えて順番を付けるならこの順番になったということです。
C-HRとCX-5の順位の差はシートやステアリングに使用されている本革のクオリティの差です。C-HRのほうがしっとりとした本革が使用されていました。
ティグアン、C-HR、CX-5の3車は電動式のパーキングブレーキが採用されていました。その使い勝手はシフトレバーのDの位置にセレクトするとパーキングブレーキが自動で解除し、Pの位置で自動ロックされるC-HRが一番良かったですね。

シートの比較ではC-HRが1位!

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

マツダ CX-5

マツダ CX-5

フォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲン ティグアン

スバル フォレスター

スバル フォレスター

シートの掛け心地が良かった順番とは

①C-HR
②CX-5
③ティグアン
④フォレスター

の順となりました。

シートの掛け心地については今回の4車とも十分満足できる掛け心地でありまして、敢えて順番を付けるならこの順番になる、ということです。

動力性能の比較ではフォレスターが1位!

この4車でエンジンがパワフルな順番はとなると、
①フォレスター(XT)
②CX-5(XD)
③ティグアン
④CX-5(25S)
⑤C-HR(HV)
⑥C-HR(ターボ)

の順となりました。

この項目については、スペックからして当然ですがフォレスターのターボモデルがブッチギリの1位ですね。どの領域からアクセルを踏み込んでも思い通りに加速していきますね。ただし燃費はそれなりになってしまいますが。

ただ、燃費とのバランスを考慮するとCX-5やティグアンが俄然魅力的になりますね。CX-5とティグアンは十分な加速性能を持ちながら低燃費も期待できるエンジンに仕上がっています。

C-HRはハイブリッドモデルもターボモデルもシャシー性能からすればちょっとパワーが物足らないですかね。もちろん、ハイブリッドの燃費はこの4車の中ではブッチギリの1番ですが。

乗り心地の比較ではティグアンが1位!

乗り心地が良かったと感じた順番は
①ティグアン
②フォレスター(XT)
③C-HR(HV)
④C-HR(ターボ)
⑤CX-5

の順となりました。

ティグアンの乗り心地はSUVとしてはほぼ完ぺきですね。道路の凹凸部分を走行しても突き上げも無ければ不快な横揺れの発生もありません。よほど走り込んでチューニングしているのでしょう。

フォレスターXTも度重なる改良で改善され、突き上げの少ない乗り心地になりました。個人的な好みを言えば、パワフルなエンジンパワーを活かすためにももう少し硬めでもいいのではと感じました。

C-HRは上記2車と比較すると硬めな乗り心地になり、道路の舗装状態によっては突き上げを感じる部分もありますが、走り好きの方にとっては不快に感じることが無い程度の乗り心地になります。

CX-5は試乗したグレードが全て19インチタイヤ装着モデルということもあって、大径タイヤによる突き上げが上記3車よりも多く感じました。17インチタイヤ装着モデルは突き上げが少ないとの記事も見かけます。19インチタイヤの突き上げが気になる方は17インチタイヤ装着モデルを試乗してみるのもイイと思います。

旋回性能の比較ではC-HRが1位!

旋回性能(曲がる性能)が優れている順番は

①C-HR
②CX-5
③ティグアン
④フォレスター

の順となりました。

正直言って、C-HRの旋回性能はSUVの常識を覆していますね。ティグアンをも上回るボディ剛性により、ステアリング操作に即座にボディが反応して、応答遅れなしでクルマの向きを変えてしまうところはまるでスポーツクーペのようです。

CX-5は、Gベクタリングコントロールとマツダならではの味付けにより軽快に曲がるハンドリングに仕上がっています。

ティグアンは最低地上高の高さを考慮して無理に曲げないハンドリングに仕上げていますね。ステアリング操作に対して過敏な反応が無いのでリラックスして運転できます。

フォレスターは現行モデルが登場が5年以上が経過していることを考えれば上々の仕上がりで、順番を付けるとこの位置になってしまうのですが、はっきり言って全く不満の無い性能を持っています。今年予定されているモデルチェンジで新しいプラットフォームが採用されれば一気にトップになることも考えられます。

総括

ティグアンはどの項目についてもバランスよく高い順位を付けていますが、乗り出し価格475万円という価格を考えれば「順当」であり、このくらいの性能は持ってないとという感じではあります。
C-HR、CX-5、フォレスターの国産3車はそれぞれに良さがありレベルが高いですね。特にフォレスターは末期モデルながらも最新モデルと性能的に遜色を感じさせないところは正直驚きでした。

予算と何を重視するかによって、貴方に最適なSUVを選ばれてはいかがでしょうか?
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148