2017年6月16日 更新

三菱と日産の軽自動車燃費不正問題で、消費者庁から課徴金納付命令

2016年に問題となった三菱自動車工業の燃費の不正で、日産と三菱の軽自動車の燃費が、実際よりも良い数字を示していたとして、消費者庁は、三菱自動車と日産自動車に対し、景品表示法に基づいて課徴金の支払いを命じました。

三菱と日産の軽自動車燃費不正問題で、消費者庁から課徴金納付命令
thinkstock (10067)

課徴金の4億8500万円が317万円に減額

日産と三菱の軽自動車合弁会社NMKVで製造されていた軽自動車が、三菱自動車側の意図で不正に燃費が改ざんさてていた問題で、消費者庁は、対象となる車を販売していた三菱自動車と日産自動車に対し、景品表示法に基づいて課徴金の支払いを命じました。

三菱自動車が9つの車種で、燃費性能を最大で16%程度高く表示していたとして、2017年1月、景品表示法に基づいて課徴金として4億8500万円余りを支払うよう命じていましたが、課徴金は最大で売上げ額の3%に当たりますが、消費者に返金した場合は、その分が差し引かれることになっています。
日産、三菱ともに、顧客への補償を行っていたため、消費者庁はそれを加味して再計算し、2017年6月14日付で、三菱自動車に453万円、日産自動車に317万円をそれぞれ支払うよう命じました。

三菱・日産の態度に差

thinkstock (10068)

この課徴金の支払いを命令を受けて、両社の態度は異なっています。

三菱では「燃費不正問題に関し、多大なるご迷惑・ご心配をおかけしたこと、深くおわび申し上げます。内容を精査のうえ、すみやかに対応してまいります」などとするコメント。

一方で、日産では「今回の件は三菱自動車の燃費不正が原因であり、課徴金の納付命令は納得できない。必要な対抗措置を検討していきたい」とNHKの取材に対してコメント。

日産側はあくまで三菱の不正に対する被害者という立場を貫いています。

三菱は、この事件以来、未だにイメージ回復も半ばといったところですが、日産は昨年の軽自動車販売減を取り戻す勢いで好調に販売が推移しています。
不正はもってのほかですが、その悪い過去を反省し、その教訓を活かし、三菱も早く企業体質を改善し、良い車作りに邁進して欲しいと思います。
それを待ち望んでいるファンも少なくないのではないでしょうか。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部