2018年8月23日 更新

オープンカーで心地よい風を感じながらドライブ!マツダのロードスターの魅力に迫る!

春や秋など気候が良い時期になると、車の窓を開けて運転することも多くなります。オープンカーなら走行中ダイレクトに心地よい風を感じることが出来るので気持ち良いですね。今回はオープンカーのマツダのロードスターの魅力に迫ります。

オープンカーで心地よい風を感じながらドライブ!マツダのロードスターの魅力に迫る!

ロードスターってどんな車?

【MAZDA】ロードスター(NDロードスター)|スポーツ – マツダ (40027)

ロードスターはマツダが1989年に販売を開始したオープンタイプのライトウエイトスポーツカーです。現行モデルは2015年から販売されている4代目のモデルになります。また今年2018年7月にマイナーチェンジを行いました。

マツダは人と車との一体感を目指した人馬一体の理念を追求しており、その理念はこのロードスターにも刻まれています。ドライバーのことを考えた設計と走行性能はスポーツカーという枠を超えて、ドライバーに運転する楽しみを与えてくれます。

ロードスターの外観

【MAZDA】ロードスター エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (40030)

ロードスターの外観はスポーツカーなのでカッコいいの一言に尽きます。この車で恋人や奥さんを乗せて遠くまでドライブに行ったりすると楽しいですね。

高級スポーツカーには敵いませんが、マツダらしい要素も加わり、素晴らしいデザインに仕上がっていると思います。雨の日でも、収納されている屋根を引き出せば雨の日でも濡れずにドライブを楽しむことが出来ます。

ボディーカラーは7色から選択出来ます。マツダ車は写真の赤色であるソウルレッドクリスタルメタリックが一番しっくりくるかなと個人的には思います。

ロードスターの内装

【MAZDA】ロードスター インテリア - オープンエアの心地よい開放的な内装空間 (40033)

ロードスターの内装はスポーツカーらしい内装とマツダらしい内装が見事に中和したスタイルになっています。運転席に乗った瞬間から遠くまでドライブしたくなるような魅力的な内装です。

メーターも大きく見やすいものになっており、中央部にタコメーターでその右側に速度メーターを配置し、スポーツカーらしい配置になっています。

ロードスターの走行・安全性能

【MAZDA】ロードスター 走行性能 - ピュアな「人馬一体」の走り (40036)

ロードスターはマツダ車の人馬一体の理念を注ぎこんだSKYACTIV-G 1.5のエンジンを搭載しています。FR専用設計の1.5Lエンジンであり、このエンジンによりアクセルレスポンスとコントロール性能を磨き、車との一体感を高めています。意のままに車を操れる感覚はマツダ車ならではの特徴です。

またシフトレバー手前のスイッチを「SPORT」モードにすると、アクセル操作に対して力強い加速を発揮して、スポーツカーらしい楽しい走りを演出してくれます。

2018年7月マイナーチェンジ! マツダ ロードスター(ND型)に乗ってみた!

2018年7月に行ったマイナーチェンジで、先進安全技術のi-ACTIVSENSEをロードスターに標準装備しました。よって安全性能は大幅に向上しました。

歩行者などを検知して、衝突を軽減する(アドバンストSCBS)・後退時の同機能である(SCBS R)・AT車限定のAT誤発進抑制制御(後退時も)・駐車時の近距離の静止物を警告するリアパーキングセンサーを新たに追加しました。

また上位グレードのみ標準装備であった車線逸脱警報システム(LDWS)・車線変更時の後方からの車を検知する(BSM)・バックで駐車場から出る時に左右から来る車両を検知する(RCTA)なども同時に全グレードに標準装備しました。

ロードスターの価格

【MAZDA】ロードスター グレード&スペック - ガソリンラインナップ (40043)

ロードスターの価格は2,554,200円(S)~3,256,200円(RS)になります。
高級スポーツカーに比べたら価格はとても安いので、この価格でスポーツカータイプの車に乗ることが出来るのは嬉しいですね。

まとめ

今回はマツダのオープンタイプのライトウエイトスポーツカーであるロードスターの魅力を紹介してきました。

ただのスポーツカーと違い、ロードスターはマツダの人馬一体の理念が注ぎこまれているだけあって、意のままに車を操れる感覚がとても楽しいです。安全性能も強化されより実用性が高くなったスポーツカータイプのロードスターは、よりドライバーの安全を守り、ドライブを楽しい時間にしてくれます。

気になられた方は是非マツダのお店に試乗しに行ってみてはいかがでしょうか?
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi