2017年5月18日 更新

スズキ新型スイフトRSt試乗しました!エクステリアインプレッション

2017年1月にデビューしたスズキの新型スイフトに試乗しましたのでそのインプレッションをお届けします! まず今回はそのエクステリアからご紹介!

 (8263)

スズキ新型スイフトのエクステリアをチェック!

ではさっそく新型スイフトのエクステリアを見てみましょう。

今回試乗させていただいたのは、スズキ新型スイフトRStという1.0Lターボを搭載するスポーティなモデルです。
組み合されるミッションは6速AT。

新型スイフトRStの価格は170.4万円からとなっています。
 (8207)

ピュアホワイトパールの新型スイフトRStはコンパクトながら張りのあるボディラインをしています。
先代スイフトのイメージをヘッドライトで残しながらのキープコンセプトのフルモデルチェンジとなりました。
ひと目見て「スイフト」とわかるデザインですが、各部のデザインはブラッシュアップされています。
 (8208)

ボディラインがしっかりある2BOXのハッチバックスタイル。
グリル周りの張りのあるデザインが可愛らしくもありカッコよくもありますね。
リップスポイラーが付くのはスポーツグレードのRS系だけとなります。
 (8209)

新型スイフトRStを正面から。

グリルの赤いラインが特徴的ですね。
デミオのディーゼルモデルには同様に赤いラインがあったのが印象的でしたが、デミオはマイナーチェンジで赤いラインを廃止。
グリルに赤いラインが入るのは、国産車ではスイフトだけ?となります。

欧州車ではゴルフGTIなども赤いラインが入りますね。
 (8210)

近づいて新型スイフトRStのフロント部分を撮ってみました。
白のボディに赤いラインは映えますね。
 (8212)

ヘッドライトはハイ・ロー共にLED。
フォグランプはハロゲンでした。
 (8239)

ライトを点灯した状態で、新型スイフトRStのエクステリアを撮ってみました。
昼間だとあまりわからないですかね^^;

ステアリングを少し切って撮ってみましたが、このほうがカッコよく見えますね。

サイドビューはトレンドを取り入れたデザイン

 (8211)

新型スイフトRStをサイドから。
新型スイフトのボディサイズは全長3,840mm×全幅1,695mm×全高1,500mm(4WDは1,525mm)。
全長4mを切り、全幅も1.7mに収まるサイズは現在の国産車の中ではかなりコンパクトです。
全長はヴィッツよりも10cm程度も短いです。
 (8250)

特徴的なのは、リアのドアハンドルが隠されたデザインになっています。
そして、リアクォーターピラーが一部ブラックアウトされ、ガラスエリアがリアガラスにつながっているように見えるデザインです。
これも昨今流行りの屋根が浮いて見えるデザインですね。
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部