2019年1月13日 更新

トヨタのミニバン3姉妹、安全性能を向上させ、特別仕様車も設定

トヨタは、ミニバンのヴォクシー,ノア,エスクァイアを安全性能を向上させるなどの一部改良を行い、同時に3車種にそれぞれ特別仕様車を設定して1月7日より発売を開始しました。さて、今回の改良でどのように変わったのでしょうか。

トヨタのミニバン3姉妹、安全性能を向上させ、特別仕様車も設定

一部改良の内容

「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポー...

「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)」

プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)

プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)

2019年最初のニューカーとして登場したのは、ミニバンのヴォクシー/ノア/エスクァイアでした。今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージのToyota Safety Senseの機能を向上させたことです。どのように向上させたかというと、まず、昼間の歩行者も検知することを可能にしたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用、さらに駐車場などにおけるアクセルとブレーキの踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)」を新たに設定しています。ただし、「サポカーS」のワイドに相当するのはこの機能を装着した場合のみです。

特別仕様車はどお?

ヴォクシー特別仕様車「ZS 煌 II」

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53863)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53864)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53865)

ヴォクシーではおなじみの「煌」。今回の特別仕様車「ZS 煌 II」は、内外装にメッキやシルバーの意匠を多用し、ロアグリルは黒艶塗装を施して、ヴォクシーのフロントをよりクールな印象に仕立てあげています。また、ボディカラーはブラックのほか4色を設定しました。

メーカー希望小売価格

・8人乗り2WD:2,856,600円
・7人乗り4WD:2,885,600円
・7人乗りハイブリッド2WD:3,380,400円

ノア特別仕様車「Si W×B II」

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53866)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53867)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53868)

ノア特別仕様車「Si W×B II」は、特別内装色のブラック&フロマージュに加え、ホワイトステッチとブラック&フロマージュの縦縞グラデーションの専用シート表皮(合成皮革+ファブリック)を特別装備しました。 さらに、W×Bの専用エンブレムのほかアウトサイド/インサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すことでスタイリッシュさを加えています。ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインやブラックなど全4色を設定しました。

ノアはマイナーチェンジ以絶好調。特別装備「Si W×B」は、ヴォクシーの「煌」のノア版であり、装備内容はほぼ同じです。

メーカー希望小売価格

・8人乗り2WD:2,856,600円
・7人乗り4WD:2,885,600円
・7人乗りハイブリッド2WD:3,380,400円

エスクァイア特別仕様車「Gi Premium Package Black-Tailored」

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53869)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53870)

TOYOTA、ヴォクシー、ノア、エスクァイアに歩行者も検知するToyota Safety Senseを採用 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (53871)

エスクァイア特別仕様車「Gi Premium Package Black-Tailored」は、ボンネットフードモールやバックドアガーニッシュなどに黒を基調としたスモークメッキを採用しました。ボディカラーはブラックを含む全4色。 インテリアは、センタークラスターやフロントドアスイッチベースに、ブラックレーザーライン加飾を施し、シート表皮にはブラックのブランノーブというヌバック調シート表皮を採用。上質な室内空間としています。 

メーカー希望小売価格

・7人乗り2WD:3,062,880円
・7人乗りハイブリッド2WD:3,397,680円
また、それぞれの特別仕様車にリヤオートエアコンを標準装備したほか。ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアや6スピーカーを装備して魅力をアップさせています。 
ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア

リヤオートエアコン (リヤクーラー+リヤヒーター)

リヤオートエアコン (リヤクーラー+リヤヒーター)

薄型天井スピーカー

薄型天井スピーカー

まとめ

2018年上半期のミニバン販売台数で、ヴォクシー/ノア/エスクワイアは堂々の一位。単独車種では、時には日産のセレナに抜かれることもありますが、3車種の合計では不動の地位を守っており、日産の諸問題の影響もあって、直近ではヴォクシーがセレナを押さえ続けています。噂では車種統合されて一本化される可能性もあるようですが、総台数では増えることはあっても減ることはないでしょう。そんな怪物モデルである3姉妹は、まだまだミニバン市場を牽引していくはずです。
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン