2019年10月3日 更新

メルセデス・ベンツ EQVの完全電動モデルが公開に!

メルセデス・ベンツは、ゼロエミッションモデルとなるEQVを初公開しました。電動パワートレインによるラグジュアリーミニバンとしての高級感や静かな車内などが特徴です。同モデルをご紹介します。

メルセデス・ベンツ EQVの完全電動モデルが公開に!

メルセデス・ベンツ EQVの概要等

メルセデス・ベンツは、2019年3月のジュネーブモーターショーで研究目的としてコンセプトEQVを一度発表しました。今回メルセデス・ベンツEQVは、研究モデルとしてではなく、市販ベースモデルとして初公開されました。

今回発表のメルセデスEQVは、排気ガスのないモデルに進化させ、印象的な運転能力、高機能性、美的デザインを追求した、メルセデスベンツ最初の完全電動プレミアムMPVとして発表されました。メルセデス・ベンツEQVは、フランクフルトモーターショー2019で初めて一般公開されました。

量産モデルとして、EQVはスペイン北部のビトリア工場での生産に完全に統合されていて、Vクラスとメルセデスベンツヴィートも製造されています。ユーザーの需要と直接相関して、柔軟で相乗的な生産が可能になる仕組みです。
https://www.netcarshow.com/ (65212)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデス・ベンツ EQVのエクステリアの特徴等

すべてのEQモデルに共通する要素は、先進的な美学を備えたデザインに仕上げている点です。焦点は、クロムフィン付きのブラックパネルラジエーターグリルと、EQデザイン、軽量18インチホイールを装備したサイドプロファイルで、静止している時でさえダイナミックな雰囲気に仕上げています。

エクステリアの美学は、インテリアにもシンクロしています。ゴールドホームのような温かみのあるアクセントがクール美学を植えつけています。「ウェルカムホーム」効果も持ち合わせていますね。ドライバーとマシンを繋ぐ中心は、直感的なMercedes-Benzユーザーエクスペリエンス(MBUX)です。10インチタッチスクリーンに学習音声操作、革新的な接続機能を組み合わせて、ユーザーとリンクしていきます。
https://www.netcarshow.com/ (65213)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデス・ベンツ EQVのパワートレイン等

メルセデスベンツEQVの電気駆動トレイン(eATS)は、フロントバンパーに充電接続ポイントがあり、車のダイナミックフロントエンド下のフロントアクスルに装備されています。ピーク出力は150kWです。電気モーター、ギア比が固定されたトランスミッション、冷却システムがユニット搭載されています。最高速度は、160㎞/hとなっていてゆとりのあるスピードと目的地まで迅速に行ける仕様です。

パワーエレクトロニクスの進化は、高度に統合されたコンパクトなユニットとして進化し搭載されています。電力は、車両の床下にあるリチウムイオン電池から供給される仕組みです。
https://www.netcarshow.com/ (65214)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデス・ベンツ EQVの内装等

EQV専用のMBUX改良点は、非常に重要なポイントです。高解像度の10インチメディアディスプレイでは、メインメニューのEQタイルが、特定ディスプレイと設定へのアクセスの中心点として機能しています。これらには、充電電流、出発時間、エネルギーフロー、消費ヒストグラムが表示されます。

メディアディスプレイは、ナビゲーションモードやメルセデスミーチャージ機能、運転モードの操作にも使用できます。MBUXの強みの1つは、自然言語を使用したインテリジェントな音声制御です。これは、「Hey Mercedes」というキーワードによってアクティブスタートします。

音声制御は、多くのインフォテインメント機能(宛先の入力、電話、音楽の選択、メッセージの書き込みと聞き取り、天気予報など)だけでなく、エアコン制御/ライトなど多数の便利な機能もサポートしてくれます。

MBUXは、車両の外でMercedes meアプリと組み合わせることで、外部からのアクセスも可能にしています。EQVドライバーは、自宅またはオフィスから目的地を計画し、出発時間を入力して、車内を希望の温度にすることもできます。

落ち着きと電化を表現しているローズゴールドは、ダッシュボードでも重要な役割を果たしています。ミッドナイトブルーレザーのエクステリアを強調させていますね。コントロールデザインも特徴的で、ローズゴールドは、インフォテインメントとサウンドシステムに優雅さと暖かさをもたらし、「シルバーシャドウ」がエアコンダクトを包みます。シートに沿ったローズゴールドのステッチが、コントラストも生み出しています。
https://www.netcarshow.com/ (65215)

via https://www.netcarshow.com/
メルセデス・ベンツ EQVには、標準で11kWの水冷オンボード充電器(OBC)が搭載されていて、家庭や公共の充電ステーションでのAC充電が可能です。充電容量は90kWhあり、最大405キロメートルの距離が走行可能になります。

バッテリーを床下のスペースに設置するということは、他のスペースが居住空間になり、車内に影響を与えないことを表していますね。メルセデス・ベンツの完全電動MPVが、機能性と可変性の点で最高基準を満たしていることを意味しています。

6つのキャプテンシートは、メルセデスベンツEQVを快適で静かな状態で、人が乗るためだけの高品質なシャトルに変貌しますね。キャプテンシートまたはベンチシートを柔軟に設置できるため、EQVを7人乗りまたは8人乗りにも変更できます。
https://www.netcarshow.com/ (65216)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

メルセデス・ベンツは、Vシリーズを更に進化させた電動ユニットモデルを公開しました。ラグジュアリー感満載のVクラスを更にアップデートさせて、環境に対しては、ゼロエミッションになるモデルに仕上げています。既に、しっかりしたベースモデルに仕上がっていますので、販売開始も近いのではないでしょうか。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me