2019年2月28日 更新

レクサスの最もコンパクトなハイブリットカー!CT200hの魅力を紹介します!

CT200hは、レクサスが発売しているハイブリッドカーであり、レクサスのエントリーモデルとして位置づけられているモデルでもあります。今回はそんなCT200hの魅力を紹介していきます。

レクサスの最もコンパクトなハイブリットカー!CT200hの魅力を紹介します!

CT200hってどんな車?

LEXUS ‐ GALLERY|CT (56401)

CT200hは、トヨタの高級ブランドであるレクサスが2011年から販売しているハッチバック型の乗用車です。発売からマイナーチェンジは何度か行われていますが、フルモデルチェンジは未だに行われていないので、このモデルが初代のモデルになります。
レクサスのモデルの中では、最もサイズが小さく価格設定も低めであるために、レクサスのエントリーモデルの役割を担う車種であると言われています。

CT200hの外観

LEXUS ‐ GALLERY|CT (56404)

レクサスの中ではコンパクトなモデルではありながら、車体寸法は全長4,355mm × 全幅1,765mm × 全高1450~1460mmとなっており、トヨタ車のプリウスと変わらない車体寸法になっているのでそこそこ大きな車になっています。レクサスの象徴である迫力あるフロントマスクは、エントリーモデルと呼ばれるこのCT200hでもしっかり施されており、高級車としての外観に仕上がっています。

CT200hの内装

運転席周り

LEXUS ‐ GALLERY|CT (56409)

運転席周りは、ハイブリッドカーらしい先進装備で充実しています。メーター部分はハイブリッドインジケーターとタコメーター表示を切り替えることが出来、メーター上部がブルーライトの時(ECO・NORMALモード時)は、ハイブリッドインジケーターが速度計の左部分に表示され、レッドライトの時(SPORTモード時)は、ハイブリッドインジケーターがタコメーターに切り替わります。

室内空間

LEXUS ‐ GALLERY|CT (56410)

トヨタのプリウスと同じくらいの車体寸法なので、室内空間もそれと同じくらいゆったりできる仕様になっています。レクサスの中ではコンパクトでありながらも、しっかりと室内空間が確保されているのはさすが高級車という感じがします。大人5人が快適に乗車することができます。

ラゲッジスペース

LEXUS ‐ COCKPIT & LUGGAGE|特徴|CT (56419)

ラゲッジスペースは、コンパクトハイブリッドであることを感じさせない広さとユーティリティを兼ね備えています。ハイブリッドバッテリーを低い位置に搭載することで最大375L (VDA方式) の容量を確保し、リヤシートを倒すことなく9.5型のゴルフバッグ等を収納できます。さらに6:4分割可倒式のリヤシートを倒せば奥行き約1,500mmのフラットな空間が生まれるので、さらに収納スペースが広がります。

CT200hの走行性能

LEXUS ‐ GALLERY|CT (56422)

CT200hの燃費性能は、JC08モードで最大30.4km/Lとなっており、ハイブリッドカーらしい素晴らしい数値になっています。
パワートレインは、1.8Lアトキンソンサイクルエンジン「2ZR-FXE」型とモーター「3JM」型、リダクションギヤを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しており、システム最高出力は100kW (136PS)を発生します。ハイブリッドシステム自体は3代目プリウスと同様のものを使用しており、走行時の静粛性もとても高いです。
また気分に合わせて走りを選べるドライブモードセレクトが装備されている点も魅力的です。ECOモードでは、パワートレーンとエアコンを燃費優先の制御に変化させます。NORMALモードでは、走りと燃費のバランスにすぐれ、さまざまなシーンでのドライブに適しています。SPORTモードでは、ハイブリッドシステムの加速性能を最大限に引き出し、すぐれた加速を発揮します。さらにスポーティなハンドリング特性に切り替わり、ダイレクト感ある走りを提供してくれます。
LEXUS ‐ LEXUS HYBRID DRIVE|特徴|CT (56424)

CT200hの価格

CT200hの価格は、3,770,000円(ベースグレード)~4,770,000円(version L)になっています。
レクサスの中でもエントリーモデルと呼ばれるだけあって価格はかなり良心的なので、とても購入しやすい価格になっています。

まとめ

今回はレクサスのハッチバック型の乗用車であるCT200hの魅力を紹介してきました。
レクサスはかなり大きな車が多いですが、その中でもCT200hはコンパクトなボディーのため、都市部でも扱いやすいクルマになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi