2017年3月27日 更新

軽乗用車「タント」を一部改良し安全性・使い勝手を向上

ダイハツ公式サイトで12/14リリースされたニュースをまとめます

軽乗用車「タント」を一部改良し安全性・使い勝手を向上

軽乗用車「タント」を一部改良し安全性・使い勝手を向上

~新開発の「スマートアシストⅢ」を初めて搭載~

2016年11月30日
ダイハツ工業株式会社
タント X“SAⅢ”

タント X“SAⅢ”

タント カスタム RS“トップエディションSAⅢ”

タント カスタム RS“トップエディションSAⅢ”

ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)は、軽乗用車「タント」、軽福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」を一部改良し、11月30日(水)から全国一斉に発売する。

「タント」は、モアスペース系の軽乗用車として、2003年の発売以来、子育てファミリーを中心に幅広くご好評いただいているダイハツ基幹車種の一つである。今回の一部改良では、 ダイハツ独自の衝突回避支援システムである「スマートアシストⅡ」を進化させ、「スマートアシストⅢ」として初めて搭載するなど、安全性能を進化させるとともに、使い勝手を向上させた。(スマートアシストⅢの内容は同日発行の別リリースをご参照)

安全性能に関しては、スマートアシストⅢの搭載に加え、リヤに2箇所のソナーセンサーを設置することで、死角となる左右後方の障害物を検知し、ブザー音で運転手に警告する「コーナーセンサー」を搭載。使い勝手に関しては、パワースライドドアに予約ロック機能を追加、すでに「ムーヴ」や「キャスト」などで採用している「D assist 切替ステアリングスイッチ」を全車標準装備とした。福祉車両についても、スマートアシストⅢを搭載するなど、「タント」と同様に安全性能と使い勝手を向上させた。

また、安全・安心機能、装備を充実し使い勝手を向上させながら価格は据え置き※1としている。

今後もダイハツはお客様のご要望にスピーディにお応えすべく、お客様のニーズを反映した商品改良を進めていく。

※1:4WDおよび「タント スローパー」の一部グレードを除く。

*メーカー希望小売価格*

【タント(消費税込み)】

【タント(消費税込み)】

【タント スローパー(消費税非課税)】

【タント スローパー(消費税非課税)】

【タント ウェルカムシート(消費税非課税)】

【タント ウェルカムシート(消費税非課税)】

※2:naturally aspirated engine(自然吸気エンジン)
※3:turbo charger engine(ターボエンジン)
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya