2017年10月2日 更新

ホンダ S660 に待望の電動開閉ソフトトップが登場か!

ホンダのS660はカッコイイけど、収納が少ないし、ロール方式の屋根の取り外しが面倒、と考えている人も多いのでは? その悩みを解決する電動開閉ソフトトップが開発中とのこと!

ホンダ S660 に待望の電動開閉ソフトトップが登場か!
http://www.honda.co.jp/S660/ (15525)

via http://www.honda.co.jp/S660/

面倒だったルーフの着脱が不要に!?

 (15528)

S660と言えば、軽自動車としてはスペシャリティなオープンカーで、ミドシップというかなり嗜好性の高いボディ構造で走りを気軽に楽しみたい人たちに支持されて、一時期は納車待ちが1年近くなっていましたが、走りに対して犠牲になっていたのがロールトップの収納方法。

かなり重いロールトップを巻いて、ボンネット内に収納するという骨の折れる作業が必要なので、気軽に取り外しができるというものではありませんでした。

それが、もっと気軽に便利になるかもしれません。

後付け出来る電動キャンバストップを開発中か

 (15534)

ホンダのアクセサリーメーカーである「ホンダアクセス」がアメリカで新開発の電動キャンバストップの特許を申請していることが判明。

現状のタルガトップのロールトップがついている部分に換装が可能で、布地が電動でスライドして気軽にオープンとクローズドを切り替えられるというもの。
頭上の開放感は、ロールトップを外した時には敵わないですが、気軽に頭上を開放できるのは既存のオーナーさんからは支持される可能性が高いですね。
 (15532)

キャンバストップになるので強度面や耐候性などはロールトップのほうが強いかもしれませんが、面倒な収納作業が必要ないのは、待ち望んでいるユーザーも多いのではないでしょうか。

後付け出来るので、既存のS660にも取り付けできそうということ。
まだ未確認ですが、すでに納車されているオーナーさんでも後から装備できるとしたら嬉しいでしょうね。

気になるのは価格ですが、確実に10万円は超えてくるでしょう。
もともと高価なS600ですので、さらに高価なオプションということになりますが、せっかくのタルガトップもロールトップの着脱がネックになるくらいなら、こうした後付の電動キャンバストップを付けるのも良いと思います。

いっそメーカーオプションとして、ロールトップと選択できるといいですね。

発売日などは不明ですが、そう遠くない未来に販売されると思われます。
これから買おうとしている人の背中を押してくれそうな装備ですね。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部