2018年5月29日 更新

航続距離が大幅に向上!100%電気自動車、新型日産リーフの実力とは?

日産リーフが2017年9月にフルモデルチェンジを行い、新型日産リーフとして販売されました。今回はそんな新型日産リーフの実力を紹介します。

航続距離が大幅に向上!100%電気自動車、新型日産リーフの実力とは?

日産リーフはどんな車?

日産| リーフ [ LEAF ] Webカタログトップ (31282)

日産リーフは2010年12月に販売された100%電気自動車です。
ガソリンを一切使用しない為、エンジン音もなく、走行中も室内はとても静かです。
発売当初はJC08モードで最大航続距離が200kmでしたが、マイナーチェンジを経て徐々に航続距離を伸ばし、今回のフルモデルチェンジを経て、最大航続距離が倍の400kmまでに向上しました。
また今回の新型日産リーフは航続距離の向上だけでなく、先進的な日産の技術を搭載しています。

日産リーフの外観・内装

新型日産リーフ(外観)

新型日産リーフ(外観)

新型日産リーフの外観はとてもスタイリッシュでシャープな印象があります。
ボディラインと低重心プロポーションによって走行中に空気抵抗を軽減し、航続距離の向上に貢献しています。
ボディーカラーもモノトーン8色と2トーン6種の全14種類用意されており、充実しています。
充電口はフロント部分に搭載されており、約40分でバッテリーの80%まで充電が出来ます。(急速充電時)
日産:リーフ [ LEAF ] | 充電・航続距離 (31755)

内装も大人5人が快適に乗れる十分なスペースがあります。特に後部座席は、大人の男性が座っても余裕がある程の足元スペースがあります。
エンジンノイズがないだけでなく、風切り音の発生も抑える設計になっているので、快適なドライブを楽しむことができ、会話も弾みますね。
新型日産リーフ(内装)

新型日産リーフ(内装)

コックピットも電気自動車らしい先進的なつくりになっています。
電制シフトで操作も手軽になり、メーターや電源スイッチ等も電気自動車らしいブルーのカラー印象的です。
充電スポットは約29,490基(2018年3月末)あり、日産リーフのナビでそれを手軽に探すことが出来るので、航続距離向上に加えて、ますます電気自動車リーフが使いやすい時代になってきました。
日産:リーフ [ LEAF ] | 外観・内装 (31759)

アクセルのみで運転可能なe-Pedalの魅力!

e-ペダルって何? ブレーキ踏まずに 止まれる!ワンペダルドライブ、メリット デメリット

車を運転する場合、加速したい時はアクセルペダルを踏んで加速し、減速して停止したい時はブレーキペダルを踏んで、減速して停止します。
そんな車の基本概念を覆す機能が新型日産リーフに搭載されているe-Pedalです。
この機能をONにするとアクセルペダルのみで加速・減速・停止まで出来ます。アクセルペダルを離した時、ブレーキを踏んでいるかのように減速し、停止まで行ってくれます。
もちろん急ブレーキなどが必要な時はブレーキペダルを使って減速・停止が出来ますし、e-PedalモードをOFFにすると、他の車と同じようにアクセルペダルで加速し、ブレーキペダルで減速して停止します。

自動運転技術「プロパイロット」

日産| リーフ [ LEAF ] Webカタログトップ (31732)

長時間の高速道路の運転は疲れを伴いますし、渋滞に直面してしまうとより疲労度が増します。
そんな時は日産の先進技術であるプロパイロットによる自動運転を利用すれば、疲労を軽減出来ます。新型日産リーフにはこの先進技術が搭載されています。
この機能は高速道路での同一車線を自動運転走行してくれます。アクセル・ブレーキ・ステアリング等全ての操作を自動で行ってくれるので、自動運転時はドライバーの操作が必要ありません。この機能で長時間の高速道路の運転の疲労は大幅に軽減されます。
もちろん機械上の操作で100%ではないので、ドライバーは自動運転中もブレーキやハンドルを切れるように周囲の安全確認は怠らないで下さいね。
日産:リーフ [ LEAF ] | 先進技術 (31734)

駐車が苦手な人は必見です。
新型日産リーフのプロパイロットは自動で駐車スペースを認識し、駐車を完了させてしまいます。
駐車時にプロパイロットスイッチを押し続けることで、ハンドルも自動で回転し、駐車スペースにきっちりと駐車してくれます。(スイッチから手を離すと停車します。)
駐車が苦手な人は苦手な駐車から解放されるので、より楽しくドライブ出来ますね。
ただこの機能も同じように100%ではないので、周囲確認とブレーキ・ハンドルをいつでも握れる準備は怠らないで下さいね。

まとめ

今回は電気自動車である新型日産リーフを紹介してきました。
ガソリン車からハイブリッド車、ハイブリッド車から電気自動車と徐々に時代は電気自動車にシフトしつつあります。電気自動車を購入予定の方で新型日産リーフを検討されている方の参考になれば幸いです。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi