2019年10月12日 更新

大人気の軽自動車!ホンダ「N-BOX」・「N-BOX Custom」が一部改良されて発売!

「N-BOX」は、軽自動車の中でも最も売れているモデルであり、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインなどが魅力の一台です。今回はこの「N-BOX」・「N-BOX Custom」が一部改良されて10月4日に発売したとのことで、その詳細を紹介していきます。

大人気の軽自動車!ホンダ「N-BOX」・「N-BOX Custom」が一部改良されて発売!

「N-BOX」・「N-BOX Custom」の概要

「N-BOX」・「N-BOX Custom」

「N-BOX」・「N-BOX Custom」

「N-BOX」・「N-BOX Custom」は、ホンダが2011年から生産・販売しているトールワゴン型の軽自動車です。現行モデルは2代目のモデルであり、2017年から販売されています。広い室内空間と実用性の高さが魅力のモデルで、売り上げは軽自動車トップクラスになっています。
また、「N-BOX Custom」は「N-BOX」のドレスアップモデルであり、内外装のデザインやカラーラインナップ、標準装備などがN-BOXと異なります。ブラックを基調とした室内で、どちらかと言えば男性ドライバーをターゲットにしたモデルになっています。
今回はこの「N-BOX」・「N-BOX Custom」が一部改良して10月4日から発売されたということなので、その詳細を以下に紹介していきます。

一部改良内容

「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」の性能向上

予防安全性能|安全・性能|N-BOX|Honda (67275)

「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」は、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」の機能であり、前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援してくれる機能です。
今回の一部改良により、検知機能をさらに進化させ、「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」は横断自転車に対応できるようになりました。また、街灯のない夜間の歩行者検知も進化させ、事故回避を支援します。

「リアワイドカメラ」の性能を向上

Honda|Honda Access|N-BOX|セキュリティー・運転サポート|リアワイドカメラシステム (67283)

従来の30万画素から100万画素まで画素数を向上しています。より明確な後方確認が可能となり、安心感を高めています。「リアワイドカメラ」の機能は、セレクトノブを [ R ] の位置に入れると、自動的に画面がカメラ映像に切り替わります。後退時、ガイド線付きの画面で後方の視界をサポートしてくれるので、より安心して駐車することを可能としています。

快適機能の標準装備化

「運転席&助手席シートヒーター」

「運転席&助手席シートヒーター」

従来4WD車のみに採用していた「運転席&助手席シートヒーター」、ターボ車のみに採用していた「左右独立式リアセンターアームレスト」を標準装備とし、快適機能をさらに充実させています。
「運転席&助手席シートヒーター」により、座面を温めて寒い日も快適にドライブすることができ、温度は2段階の調節ができます。また「左右独立式リアセンターアームレスト」により、広い後席スペースをさらに居心地よく過ごすことができます。
「左右独立式リアセンターアームレスト」

「左右独立式リアセンターアームレスト」

一部グレードに「本革巻セレクトノブ」を採用

デザイン・カラー|インテリア|N-BOX|Honda (67286)

「N-BOX Custom」のグレードである(G・Lターボ Honda SENSING、G・EXターボ Honda SENSING)には新たに「本革巻セレクトノブ」を採用し、上質感を際立たせています。室内の漆黒に映えるクロームメッキの輝きと相まって、もはやこの質感は軽自動車の域を超える仕様ですね。

「N-BOX」・「N-BOX Custom」の価格

「N-BOX」の価格は、
1,411,300円(G Honda SENSING)~1,926,100円(G・EXターボ Honda SENSING)
「N-BOX Custom」の価格は、
1,746,800円(G・L Honda SENSING)~2,129,600円(G・EXターボ Honda SENSING)
になっています。

価格は軽自動車の中では少し高めですが、それ以上の広い室内空間と実用性を兼ね備えているので、2017年9月の発売以降、新車販売台数第1位を獲得し続けているのも納得がいきます。

まとめ

今回は、ホンダの大人気の軽トールワゴンである、「N-BOX」・「N-BOX Custom」の一部改良内容の紹介をしてきました。安全性能や快適機能の向上によって、さらに安全・快適にドライブできるようになった「N-BOX」・「N-BOX Custom」は、これを機にさらに人気が出るのではないでしょうか。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi