2018年4月4日 更新

新型クラウンが2018年3月に登場!?モデルチェンジの内容とかっこいい画像が公開!

日本を代表する自動車メーカー、トヨタの顔とも言えるセダンのクラウンが2018年3月にフルモデルチェンジとなるようです!セダンに必要な高級感と性能の高さが魅力のクラウンですが、新型クラウンは一体どのように進化するのでしょうか?今回は新型クラウンのフルモデルチェンジについてご紹介していきます。

新型クラウンが2018年3月に登場!?モデルチェンジの内容とかっこいい画像が公開!
東京モーターショーを前にして、トヨタの公式リリースから新型クラウンの画像が公開されました!
 (15849)

以前から雑誌などで予想イラストやスパイショットで出ていたものとほぼ同じですね。

現行型のイメージを色濃くのこし、イナズマ型だったグリルがシンプルな形状になっています。
ずいぶんと若々しくかっこいいデザインだと思います。
 (15850)

サイドビューも併せて公開されました。

こちらを見るとEセグメントセダンとして堂々たる風格を感じることができます。
現行型よりも伸びやかな感じで、メルセデスEクラスにも負けないボディラインではないでしょうか。

公開された「CROWN Concept」のサイズは、全長4910mm、全幅1800mm、全高1455mm、ホイールベース2920mm、定員5名となっています。

全幅が1.8mに留まっているのは取り回しが良さそうです。

新型クラウンが東京モーターショーに出展予定!

日本が世界に誇る1流自動車メーカーであるトヨタですが、車両のラインナップの多さは日本国内どの自動車メーカーよりも多く、規模の大きさを感じさせられますね。

その中でも特にトヨタらしい車両といえば、今回ご紹介するクラウンではないでしょうか?

トヨタクラウンといえば、「いつかはクラウン」そんな言葉を生み出し、日本を代表するセダンの1つですね。

そんなクラウンが2018年3月にフルモデルチェンジするとの情報が挙がっています。また新型クラウンのお披露目は、2017年10月の東京モーターショーになるようです。

そこで今回は、2018年3月に登場予定の新型クラウンの気になるフルモデルチェンジ内容についてご紹介していきます。
トヨタ クラウン アスリート | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (14793)

エクステリア

All New 2019 Toyota Crown Next Generation Prototype - YouTube (14796)

まずは新型クラウンのエクステリアです!

既に新型クラウンのエクステリアに関しては、テスト走行する新型クラウンらしき車両がスパイショットとして収められており、大体のイメージが想像できます。

車両を見る限り、グリルは現行型と近いグリル形状が採用されているように感じられますね。
All New 2019 Toyota Crown Next Generation Prototype - YouTube (14798)

リア周りはセダンというよりは、若干クーペにも近いシャープな印象を感じさせています。

さながらスポーツセダンといったような感じが強くなったように思えますね。

All New 2019 Toyota Crown Next Generation Prototype

実際に紹介されている動画ですが、全体像を見てもやはり高級セダンというよりはスポーツセダンのような印象が全体を通しても強く感じるように思えます。

外装に関しては紙面で全体像のイメージが出ていたりもするので、気になる方はそちらもチェックして見るといいと思います!

*ちなみに動画は2019年と出ていますが、日本の登場は冒頭でご紹介した通り、2018年となっています。

走行面

トヨタ クラウン アスリート | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (14803)

まずパワートレーンについてですが、6気筒エンジンは廃止となり、直列4気筒の2Lターボエンジンと2.5Lハイブリットエンジンの2ラインナップになるようです。

これに関しては、これまで6気筒エンジンが長らく投入され続けたクラウンだけに歴史的変更となりそう。

ちなみに遅れて登場となる、クラウンマジェスタにて6気筒エンジンは搭載されるとされています。低排気量エンジンでこれまでの3.5Lエンジンのパワフルかつ上品な走りに対抗できるか気になるところですが、内部から見直された新エンジンのパフォーマンスに期待したい所です!
トヨタ プリウス | 燃費・走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (14806)

また進化はエンジンだけでなく、トヨタの新たな車の未来を提案する新プラットフォームTNGAの導入によって、運動性能といった車両の基本的な能力値と、ドライビングポジション等の運転のしやすさが向上する見込みです。

また若干ながらプラットフォームによるコストダウンも期待できるかもしれないため、機能面などに優れる新型クラウンの価格についても期待したいですね。

ただし高級車であるため、過度な期待は厳禁です!

トヨタセーフティーセンスPもさらに進化!

トヨタ クラウン アスリート | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (14809)

最近では自動車の運動性能や燃費、デザイン以外にも安全性がかなり重視される時代となってきましたが、新型クラウンに関しても安全性能にさらに力を注いでいるようです。

現在のクラウンに関しては、トヨタの上位安全技術であるトヨタセーフティーセンスPが搭載されていますが、さらに追加で機能がプラスされると予想されています。

特に他社では結構採用されてきている自動運転技術に関しても搭載が期待できるようですので、アイサイトや日産のプロパイロットのような先進技術がトヨタに登場する可能性も秘めています。

どのような仕様になるかは、2017年10月の東京モーターショーにて明らかになると思われますが、先進化が進むことは間違い無いでしょう。

↓現行型トヨタセーフティーセンスに関してはこちらもどうぞ

価格は一体どれくらい?

トヨタ クラウン アスリート | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (14813)

最後に新型クラウンの気になる価格についてですが、正確な価格の予想はちょっと難しいように思えます。

新型プラットフォームの投入や、エンジンラインナップの変更、新技術の(大幅?)搭載が期待されるだけあって、東京モーターショーにて初めて明らかとされる事実があるかもしれません。

しかしながら、3.5Lエンジンの廃止もあるため最低価格は変わらず、約400万円あたりからの展開でそこまで大幅な価格の変化はないのでは無いかと予想されます。

高級車ですので、価格に関して値下げとはなかなかいかないでしょうが、実際に現行型を大きく超える価格の上昇が無いことを期待して待ちたいですね。

「いつかはクラウン」の再来となるか?

トヨタ クラウン アスリート | 価格・グレード | 特別仕様車 “J-FRONTIER Limited” | トヨタ自動車WEBサイト (14816)

2018年夏頃に発売が期待されている、新型クラウンについてご紹介しましたがいかがでしたか?

クラウンといえば昔から憧れの高級車としての印象が強かったですが、現在では車離れも進みあまりステータスと感じない人も多いかもしれません。

しかし新型クラウンに関しては、優れた性能面もそうですが、カッコいいエクステリアが特に話題となっているので、車に興味がない方でも1度乗ってみたいと感じることができる優れた車両になる気がしています。

2017年10月の東京モーターショーにて登場とされているので、カッコいい新型クラウンに期待して、その時が来るのを待ちたいですね!

クラウンの気になる歴史に関しては、こちらの記事にて詳しくご紹介していますので、よければ合わせてご覧ください!
32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき