2017年8月9日 更新

ダイハツムーヴがマイナーチェンジして2017年8月新登場!新型ムーヴの気になるマイチェン内容は?

ダイハツといえば、ミラやタントといった様々な車両が存在しますが、その中でも人気なのがムーヴではないでしょうか?1995年の初代登場から軽自動車ファンを魅了し続けるムーヴですが、今回のマイナーチェンジでどのような進化を遂げたのでしょうか?気になるマイナーチェンジ内容とライバル車との比較をご紹介します!

ダイハツの顔であるムーヴが、マイナーチェンジして新登場!

ムーヴ カスタム スモールに求めるすべてがここにある。|ダイハツポート【ダイハツ】 (13140)

1995年の初代登場からダイハツの顔として存在し続けるダイハツの主要車種のムーヴですが、そんなダイハツムーヴが2017年8月にマイナーチェンジが行われ新登場となりました!

カスタムの先駆けとなった裏ムーヴなど、今日の軽自動車にとって必要となる歴史ある車両がこのムーヴになります。

また見た目も経済性にも優れ実用性も高いダイハツムーヴですが、今回のマイナーチェンジによってどのような進化を遂げたのでしょうか?

今回はマイナーチェンジとなった新型ムーヴの気になる変更点についてご紹介します!

マイナーチェンジの詳しい内容をポイント毎に解説!

ムーヴ|外観・カラー【ダイハツ】 (13143)

2017年8月にマイナーチェンジとなったムーヴですが、詳しくどのような点が進化しているのでしょうか?

ここでは注目のマイチェンポイントについて、項目毎に解説したいと思います!

エクステリア

ムーヴ|外観・カラー【ダイハツ】 (13146)

まずエクステリアに関してですが、マイナーチェンジとなる今回は大きく変更した点なく、グリルの変更や設定部品が変更、追加されている程度となっています。
ムーヴ カスタム|トップページ【ダイハツ】 (13148)

カスタムに関しても、これまでのイメージは壊さずヘッドライトやリアランプが変更となり、さらにカスタムの優位性が上がったように感じられます。

他にもホイールの形状変更などが行われ、さらにかっこ良くスマートに進化していますね!

インテリア

【公式】ムーヴの車内空間と荷室|ダイハツ (13151)

インテリアに関しても上記のようなデザインに仕上がっています。

上質なシートにFFの低グレード以外はシートヒータが標準など装備内容にも充実しているのが特徴です。

また荷室からリヤシートのスライドができるようになるなど、様々なシチュエーションで便利を感じることが可能な室内に仕上がっています!
【公式】ムーヴ カスタムの車内空間と荷室|ダイハツ (13153)

カスタムは標準の便利さにプラスして、上品なデザインとさらに質の高いシートが特徴となっており、今日の軽自動車における質の高さを見せつける納得のインテリアと言えるでしょう。

当然かもしれませんが、カスタムの場合は全グレードにおいてシートヒータは標準装備され、グレードにおいてはスマートクール(アイドリングストップなどの際に冷えた送風を維持する)も装備される充実の内容です。

運動性能や燃費

【公式】ムーヴの燃費と走行性能|ダイハツ (13156)

軽自動車は安価な価格帯と低燃費がセットになっている印象が強いですが、最近では軽自動車の質も高くなり普通車を買うのとあまり変わらないくらいですね。

しかし低燃費はどの車両でも必須と呼べるほど、車と特に軽自動車にとって必須項目ですが、新型ムーヴの燃費は一体どのくらいなのでしょうか?

そんな気になる新型ムーヴの燃費は以下のようになっています。
【公式】ムーヴの燃費と走行性能|ダイハツ (13158)

31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき