2018年5月15日 更新

夏を先取りしませんか??

カレンダーも5月半ば!時折長袖が欲しい日もありますが、夏に向けて徐々に気温は上がってきていますね! そんな中、「活動的になれる気候なってきたし、愛車でいろんな所へ出かけてみるか!」と考えている方は 多いのではないでしょうか??そんな方々へ今回は、「初夏に行きたいドライブスポット5選!」をご紹介させて頂きます。

夏を先取りしませんか??
夏といえば海を連想される方は多いのではないでしょうか??
そこで、初夏に是非訪れていただきたい海に近いドライブスポットをご紹介させて頂きます。

ここに行けば今年の夏の思い出は充実すること間違いないですよ!

【神奈川県】 由比ガ浜~江の島 (江ノ電沿線)

稲村ケ崎から富士山を望む

稲村ケ崎から富士山を望む

定番中の定番!!
休日に行くとなると渋滞は避けられませんが、いろんな楽しみ方があるため
初夏を満喫できることには間違いありません!

例えば、由比ガ浜や七里ガ浜といった道路の目の前が海で、かつ江ノ電の駅が
近いような所は、有料パーキングが数多くありますので、そちらに車を止めて
お子様連れの家族で浜辺でお昼ご飯をまったり食べるなんてのもいいですね。

また、七里ガ浜にはパンケーキで有名なbillsをはじめグルメが集結していたり、
長谷には鎌倉大仏や長谷寺といった観光スポットがありますので、
カップルではもちろん、一人でも楽しいドライブになること間違いなしですね!
(筆者は一人で何度もこの辺りを訪れています。)

また、この周辺は目の前が浜辺の駐車場も多いので、車を停めて
バックドアを開けてトランクに腰掛けながら海を眺めるだけでも
満足できそうではないでしょうか。
海と鉄道の踏切

海と鉄道の踏切

【千葉県】 袖ヶ浦海浜公園

広大な芝生広場

広大な芝生広場

こちらは、意外と知らない方も多いかもしれません。千葉県内では非常に有名な
ドライブスポットで、袖ヶ浦海浜公園へ向かう道の辺りは通称、「チバフォルニア」
と呼ばれています。

どちらかというと最近は、袖ヶ浦海浜公園よりも「チバフォルニア」という言葉の方が
よく耳にします。下に画像を貼りましたが、「チバフォルニア」を知らない人でも画像を
見ればなんとなく納得できるのでは?

そう、いかにもアメリカの西側のような風景が広がっていることからこのような名前が
付けられたのです。ヤシの木もたくさん植えられていて、こんな写真はここでないと
撮れなそうですね。

主題から話が逸れてしまいましたが、袖ヶ浦海浜公園はまったり出来るドライブスポット
です。辺りが一望できる展望台もありますし、海風を感じながらゆっくりできる広場や、
子供向けの遊具も充実していますので、カップルは勿論お子様連れの家族も楽しめます。

ちなみに、駐車場は無料で使用可能です。

一人で訪れる方は、袖ヶ浦海浜公園よりも前述の「チバフォルニア」の方が楽しめるかも
しれません。特に車好きの方は、この周辺に車を少しだけ停めさせてもらって、ヤシの木と
共に愛車の写真を撮るなんてのもいいかもしれませんね。
昼下がりのチバフォルニア

昼下がりのチバフォルニア

via 筆者撮影

【東京都】 葛西臨海公園

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園

私は個人的にここを推しています。

ここは、関東圏内でも有名な葛西臨海水族園があります。
「マグロの回遊」水槽をはじめ、ここでしか見られない展示が数多くあります。
マグロの回遊

マグロの回遊

また、「ダイヤと花の大観覧車」と呼ばれる観覧車があり、ここから見る夜景や、
昼間に一望できる東京湾と東京都心はぜひ一度は見ていただきたい景色です。
葛西臨海公園の大観覧車

葛西臨海公園の大観覧車

更に、公園は広大な敷地で、お子様向けの遊具やバーベキュー場、ランニングが
できるコースもあり、様々な楽しみ方ができる場所となっております。

ちなみに、筆者はここへ車で訪れて水族館へ行って観覧車も乗りましたし、
一人で来てランニングや車の雑誌をのんびりと読んでたこともあります。

また、東京・神奈川方面から来る方は「東京ゲートブリッジ」を通って来ることも
出来ます。個人的にレインボーブリッジよりも「東京ゲートブリッジ」の方が好きで、
窓を少し開けながらこの橋を渡った時の爽快感は病みつきになってしまいますよ!

そのため、東京・神奈川方面から来る方は道中も楽しい、葛西臨海公園も楽しめる、
と一回で二度美味しい思いが出来ます。
ちなみに駐車料金は普通車ですと1時間まで200円、以後30分毎に100円となっています。

是非、一度訪れてみてはいかがでしょうか?
2012年竣工の東京ゲートブリッジ

2012年竣工の東京ゲートブリッジ

道路の両サイドが海ですので、天気の良い日にここを通れば気持ちの良い事間違いなし!

【おまけ】東京湾フェリー

東京湾フェリー(画像はしらはま丸)

東京湾フェリー(画像はしらはま丸)

海関連で少しだけおまけを付けさせて頂きます。

画像は、神奈川県の久里浜港と千葉県の金谷港を結ぶ東京湾フェリーです。
ご存知の方も多いかと思われますが、このフェリーは車と一緒に乗船する
事ができます。

ちなみに、この船は往復券も発売されておりますので、どちらの港から出発
するにしても気軽に乗れちゃうのが良い所です!

船内は展望デッキや売店、休憩スペース、特別旅客室(グリーン室)等楽しめる
要素が充実しており、船そのものも楽しめます。
東京湾フェリーの船内

東京湾フェリーの船内

また、金谷へ行って観光したい方は鋸山や道の駅富楽里(地元野菜、千葉県名物を販売)、
久里浜で観光したい方はくりはま花の国もありますので、

海も船もドライブも観光も!とよりアクティブに活動されたい方は
是非一度乗船してみて下さいね!

参考に、東京湾フェリー公式HPよりお借りした運送賃表を以下で
ご紹介いたしますので、興味のある方は是非ご覧ください。

尚、この表に記載されている金額は車1台+人間一人の運賃なので、
複数人で乗船される場合はその人数分別途乗船賃720円(往復1320円)
を支払う必要があります。
東京湾フェリー運賃表

東京湾フェリー運賃表

最後に・・・

いかがでしたでしょうか。初夏に行きたいドライブスポット3選は以上と
なります。8月頃になると暑すぎて外へ出る気力もなくなってしまいそうなので、
7月前半くらいまでに一度はこのドライブスポットに訪れてはどうでしょうか?
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

koyo koyo