2019年10月5日 更新

<動画有り>東京モーターショー2019の開催概要等をご紹介!

東京モーターショー2019の開催が近づいてきました。開催期間は、プレスデーを含めて10月24日(木)~11月4日(月・祝)とロングランでも有ります。日本を代表するモーターショーの開催概要等をご紹介します。

<動画有り>東京モーターショー2019の開催概要等をご紹介!

第46回東京モーターショー2019 開催概要等

・名称 第46回東京モーターショー2019「The 46th Tokyo Motor Show 2019」
・主催 一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)
・共催 一般社団法人 日本自動車部品工業会(JAPIA)・一般社団法人 日本自動車車体工業会(JABIA)・一般社団法人 日本自動車機械器具工業会(JAMTA)・日本自動車輸入組合(JAIA)
・総裁 瑶子女王殿下
・会長 豊田 章男(一般社団法人 日本自動車工業会 会長)
・会期 2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)
・会場 東京ビッグサイト青海・西/南展示棟、MEGA WEB、シンボルプロムナード公園、TFTビル横駐車場など

・開催スケジュール
プレスデー
10月23日(水) 8時00分~18時00分
10月24日(木) 8時00分~11時30分

オフィシャルデー(開会式等招待者)
10月24日(木) 11時30分~18時00分

特別招待日
障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日
10月24日(木) 14時00分~18時00分

プレビューデー
10月25日(金) 9時00分~14時00分

一般公開日(月~土曜日)
10月25日(金) 14時00分~20時00分
10月26日(土)、10月28日(月)~11月2日(土) 10時00分~20時00分

一般公開日(日曜日、祝日)
10月27日(日)、11月3日(日)、11月4日(月・祝) 10時00分~18時00分
開場時間は止むを得ない場合は変更し、時には入場を制限する場合があります。同日25日(金)14時00分~20時00分の一般公開時間内の入場も可能です。

今年は、東京ビッグサイト西・南展示棟がある、「有明エリア」に加え、新たに「青海エリア」まで会場を拡大させています。そのふたつのエリアをつなぐ約1.5kmの一本道がOPEN ROAD会場となっています。電動キックボードや、次世代小型モビリティなど、未来のモビリティに乗って、自由自在に行き来き出来るように企画されています。

OPEN ROADには、普段は見ることのできないレアなモビリティから、スーパーカー、カスタマイズカー、キャンピングカーなどが大集合して展示されています。ゲートをくぐると、モビリティのテーマパークが広がる仕様です。キッチンカーで食べ歩きしながら、観て、乗って、OPEN ROADを楽しんでいただけるように企画されていますね。

The 46th TOKYO MOTOR SHOW 2019 PR MOVIE

第46回東京モーターショー2019チケット情報等

①プレビューデー入場券 3,800円
②一般公開日の入場券 1,800円
③前売団体入場券(20名以上) 1,800円
④2DAYパス 3,500円
⑤通期パス 6,000円
⑥当日入場券 2,000円
⑦当日団体入場券(20名以上) 1,800円
⑧アフター4入場券 1,000円

チケットの購入には、開催日時など細かい要件などがあったり、購入先も多種多様出来るようになっていますので、一度チケット購入ページを閲覧していただき、行きたい日やその他の要件を確認後、購入したほうが良いでしょう。

参考URL
https://www.tokyo-motorshow.com/ticket/
 (67005)

第46回東京モーターショー2019のアクセス方法等

電車での行き方
①りんかい線
・「東京テレポート」駅下車 徒歩約2分
大崎駅(JR) ←12分 →東京テレポート駅←7分→新木場駅(JR、東京メトロ)

・「国際展示場」駅下車 徒歩約7分
大崎駅(JR)←14分→国際展示場駅←5分→新木場駅(JR、東京メトロ)
※どちらも大崎から新宿・大宮方面へ、JR埼京線相互直通運転

②ゆりかもめ
・「青海」駅下車 徒歩約4分
新橋駅(JR、東京メトロ、都営地下鉄)←20分→青海駅
豊洲駅(東京メトロ)←10分→青海駅

・「お台場海浜公園」駅下車 徒歩約6分
新橋駅(JR、東京メトロ、都営地下鉄)←13分→お台場海浜公園駅
豊洲駅(東京メトロ)←18分→お台場海浜公園駅

・「東京ビッグサイト」 駅下車 徒歩約3分
新橋駅(JR、東京メトロ、都営地下鉄)←22分→東京ビッグサイト駅
豊洲駅(東京メトロ)←8分→東京ビッグサイト駅

③バスでの行き方
・都営バス
波01系統 品川駅港南口←約22分→東京テレポート駅前
海01系統 門前仲町←約36分→東京テレポート駅前
都05系統 (勝どき駅前経由) 東京駅丸の内南口←約40分→東京ビッグサイト
東16系統 (豊洲駅前経由) 東京駅八重洲口←約40分→東京ビッグサイト
門19系統 (豊洲駅前経由) 門前仲町←約30分→東京ビッグサイト
※豊洲駅←約15分→東京ビッグサイト

・京急バス
「パレットタウン前」/「東京テレポート駅」
<森30系統> <森40系統> <井30系統>
<羽田空港~東京テレポート/パレットタウン前>
<横浜駅YCAT)~東京テレポート/パレットタウン前>

・空港バス(リムジンバス・京急バス )
羽田空港←約25分→東京ビッグサイト
成田空港←約60分→東京ベイ有明ワシントンホテル(下車 徒歩約3分)
京急バス(直行) 横浜駅東口←約50分→東京ビッグサイト
※イベント開催時のみ運行の便もありますので、ご確認ください。

④水上バスでの行き方
東京ビッグサイト・パレットタウンライン 「東京ビッグサイト」下船 徒歩2分

⑤クルマでの行き方(高速・一般道)
都心方面からは「首都高速11号台場線・台場出口」
横浜・羽田方面からは「首都高速湾岸線・臨海副都心出口」、「首都高速10号晴海線・豊洲出口」
千葉・葛西方面からは「首都高速湾岸線・有明出口」、「首都高速10号晴海線・豊洲出口」

新橋方面からはレインボーブリッジを渡り有明へ。
銀座方面からは、晴海通りを経由し有明へ。
葛西方面からは、湾岸道路を経由し有明へ。

やはり東京モーターショーの会場がビッグサイトなだけに、いろいろなアクセス方法が有りますね。来場者数が非常に多くなることも予想されますので、公共交通機関でも1番楽な方法をチョイスするのが良いでしょう。
 (67007)

まとめ

東京モーターショーは、2005年までは毎年開催(年代により2年に1回の開催も過去に有り)していましたが、現在では、2年に一回の開催スケジュールになっています。

今回のモーターショーでは、OPEN ROAD・FUTURE EXPO・e-Sotorsports・キッザニア・DRIVE PARK・グルメキングダムなど色々な企画やイベントが開催されそうです。また会場自体が拡大されたことで、より多くの展示等が行われそうです。開催まで待ちきれませんね。

11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me