2019年3月26日 更新

モーガンからPlus 6が初公開、伝統エクステリアに新技術搭載!

モーガン・モーター・カンパニーは、2019年で110周年を迎えました。同社は、110周年を記念してPlus 6モデルを開発しました。これからのモーガン10年を視野に入れたモデルです。このモデルを紹介していきます。

モーガンからPlus 6が初公開、伝統エクステリアに新技術搭載!

モーガン Plus 6のエクステリア等

モーガンは、変わらないディテールを70年以上保持し、製造し続けている自動車メーカーです。Plus 6では、モーガンの象徴的なデザインを変えないで、採用されている素材やユニットが、大きくアップデートしているモデルに仕上げています。

ボンネットに刻まれているエアベントが、モーガンらしいスタイリングとなっていますね。新設計、新素材になっても、ゆるぎないディテールです。ただ、伝統のディテールに新しいものを組み合わせていく作業は、非常に大変な挑戦でもあったようです。
https://www.netcarshow.com/ (57270)

via https://www.netcarshow.com/

モーガン Plus 6の内装等

内装では、新しいダッシュボードに組み込まれたLCDスクリーンなど、多くの新技術導入が採用されています。このスクリーンは、ドライバーの視界に収まっていて、重要な車両情報を綺麗に表示してくれる仕様です。

センターコンソールも新設計されています。メーターは、1950年代の航空計をモチーフにしていて、グラフィカルな印象を与えてくれます。メーターは、代々受け継がれているデザインですね。
https://www.netcarshow.com/ (56992)

via https://www.netcarshow.com/
シートは、軽量、高剛性、そして車両の動きをよりフィードバック出来るように設計されています。新しいものを取り入れながらも、伝統的なモーガンモデルのエレガントさは継承しています。Plus Six Touringモデルには、デタッチャブル式の軽量コンポジットハードトップが装備されていてます。
https://www.netcarshow.com/ (56996)

via https://www.netcarshow.com/

モーガン Plus 6のパワートレイン等

パワートレインでは、最新世代のBMWエンジンの導入が行われました。BMW 2019 B58ツインパワーターボ直列6気筒エンジンを採用しています。

最高出力は、326psです。組み合わされるミッションは、8速オートマチックです。このオートマは、パドルシフトまたは手動でシフトチェンジが出来る様になっています。

新設計・開発されたプラットフォームは、CX-Generationボンドアルミニウムプラットフォームとなっています。今後の10年を視野に入れ、同社ではかなりの投資を行い開発しています。変わらぬディテールの下には、最新の技術が集合しているということですね。
https://www.netcarshow.com/ (56991)

via https://www.netcarshow.com/
新設計プラットフォームを開発したことで、サスペンション周りもアップグレードさせています。各ダンパー、コイルオーバー、ウィッシュボーンは、このモデルに合わせて快適性や旋回性能をアップさせています。

フロントには、マクファーソンストラットを採用し、リアには、コンパクトな4バーリンケージを採用しています。
https://www.netcarshow.com/ (56993)

via https://www.netcarshow.com/

モーガンってどんな会社?

創始者ヘンリー・フレデリック・スタンリー・モーガン(H.F.S. Morgan)は、1881年に、国教会牧師H G モーガン(H G Morgan)の子として英国のモートン・ジェフリーズ牧師館で誕生しました。

その後、彼は18歳からグレート・ウェスタン鉄道に勤め、同社を退職後にガレージを建て自動車会社をはじめました。1909年には、モーガン・モーター・カンパニーの設立がされました。H.F.S. Morganが、Morgan Three-Wheelerを造ったことが始まりです。このモデルは、今尚モーガンの象徴的なモデルとして存在しています。

英国のウスター州、その中心地ウスター市街から少し南の小さな街にあるのが、モーガン・モーター・カンパニーです。そこで最初に生まれたThree-Wheelerの成功により、以来、現在に至るまで、この愛らしいクルマは造られ続けています。

モーガンは、1936年から70数年に渡り、ただ一度のエクステリアフルモデルチェンジをすることもなく、世紀をまたいで生き続けるモデル4/4を完成させました。

職人の技により木材で作られたフレームに、丹念に仕上げられた金属パーツの車体ディテールには、クルマづくりの魂が込められています。

ゆるやかな時間が、モーガンモデルには流れていますね。4/4、ロードスター、エアロ8は、車を操るユーザーの心を擽るモデルです。また、豊かなオプションパーツの数々は、ドライバーのニーズに応えるアイテムとして提案されています。

自動車量産時代の昨今において、真の個性を作り続けているメーカーと言えますね。昔ながらの技と、現代の技術を融合させ、芸術表現がされています。モーガンは、時代をまたいで駆け抜けている自動車メーカーですね。

設立1909年から、110周年を記念してモーガン Plus 6を開発しています。変わることなのないエクステリアに、次世代プラットフォームやパワートレインを搭載して登場していますね。
https://www.netcarshow.com/ (56994)

via https://www.netcarshow.com/

4/4画像

①4/4モデルの諸元
全長×全幅×全高 4010×1630×1220mm
車両重量 800kg
エンジン形式 直列4気筒DOHC(英国フォード製)
総排気量 1595cc
燃料供給 電子制御燃料噴射
最高出力 115hp/6,100rpm
最大トルク142Nm/4600rpm
変速機 5段M/T
となっています。他にもPlus4、ロードスター、3Wheelerモデルが日本の代理店でも取り扱わされています。
 (57266)

まとめ

日本では、2018年の4月より、エスシーアイ株式会社が正規輸入権を取得して、モーガンカーズ・ジャパンとして日本の統括(販売含む)を行っています。モーガンオートイワセでは、正規ディーラーモーガンカーズ東京として販売を行っています。

モーガンから新パワートレイン、新シャーシを搭載したPlus 6が登場しそうです。モーガンモデルがお気になった方は、問い合わせをしてみては如何でしょうか!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me