2017年12月31日 更新

アルファード・ハイエースのモデリスタコンセプトを先取り! 東京オートサロン2018出展車両モデリスタ第2弾

㈱トヨタモデリスタインターナショナルの東京オートサロン出展第2弾としてアルファード・ハイエースを先取りでご紹介します。

アルファード・ハイエースのモデリスタコンセプトを先取り!  東京オートサロン2018出展車両モデリスタ第2弾
 (20676)

12/25にマイナーチェンジされたパーフェクトラグジュアリーアルファード!

筆者は、ずっとモデリスタの東京オートサロン2018ページを見ていて、COMING SOONというブランクが気になっていました。12/25にこのブランク部分にアルファードが埋め込まれたことになるとは予想もしていませんでした!

ある意味非常にうれしいNEW情報でも有ります。今回モデリスタでパーフェクトラグジュアリーを追及していることをコンセプトにしたアルファードからご紹介したいと思います。

アルファード(エアロバージョン)のコンプリート仕様から!

アルファードが持つ日本の美意識を追求したエクステリアデザインに、極上のおもてなしを盛り込んだインテリアデザインに仕上がっているようです。

今回のマイナーチェンジでアルファードのエクステリアデザインは、メッキパーツをふんだんに使用して最上級感と他にはない威風堂々とした作りとなっていると感じます。
 (20620)

卓越したラグジュアリーを追及したインテリア

①ロイヤルラウンジ専用シートを採用し、プレミアムナッパ本革のハイバックチェアを採用し頭まで包み込むようなデザインとなっているようです。
②このシートには、㈱フジ医療器との共同開発によってリラクゼーションシステムが採用されてもいます。
③この専用シートの足元空間は、600㎜と広く設定されておりゆったり広々としたくつろげる空間に!
④シート中央にある集中コントロールパネルにてテレビ・シートコントロール・リラクゼーション等が可能!
⑤シート全面に24インチ液晶ディスプレーが設置されており、エンターテインメントを楽しむことが出来ます。
⑥運転席側とリアをフルパテーションで区切ることでくつろぎの一室を演出

コンプリートバージョンでは、エクステリアでは通常のモデルと変わらないデザインながら、インテリアデザインでは、3列シートを2列シートに作り直し、極上の後席のくつろぎの空間を演出していると感じます。
 (20615)

 (20616)

アルファードモデリスタのエクステリアパッケージ

 (20612)

コンプリートでも採用されているエアロキット!標準エアロ仕様とエアロなし仕様の2種類がラインアップされています(画像はエアロ仕様)。とにかく威風堂々と周囲の目線を独り占めしそうなデザインに仕上がっていると筆者は思います。
 (20613)

もともと存在感の強いアルファードですが、これにモデリスタのエアロキットを追加することで更に存在感を際出たせると考えます。
 (20614)

お好みでエクステリアパーツが選べるように各種エクステリアの用品もご用意されているようです!
 (20608)

20インチ及び19インチのモデリスタ専用ホイールも用意されています。

このほかインテリアのパーツ等も各種用意されており、ユーザーの好みで組み合わせてカスタマイズすることも可能となっており、拡張性が高いことを感じます。

参考URL
https://www.modellista.co.jp/product/alphard/aerobody/
 (20609)

ハイエースリラックスベースも出展予定!

エクステリアデザイン

 (20629)

ネオレトロ感を出してユーザーのカーライフに彩と楽しさを追加できるようにデザインされたモデリスタのリラックスベース!仕事に使うにも遊びやその他のライフスタイルとしても通常のハイエースと違いファニーで可愛く仕上げることで、存在感を演出していると感じます。
 (20630)

商用バンというカテゴリーのハイエースに、エクステリアパーツの形状とカラーリングの組み合わせで柔らかさや丸味を表現していて、色々なシーンにもマッチできると考えます。
 (20631)

インテリアデザイン

 (20634)

専用ロンリュームフロア(白木目調硬質塩ビ)仕様となっており、フロアアンカーナット16箇所にバックドアスカッフプレートが付属しているタイプⅡ。タイプⅠは、フルフラット仕様。

座席には、透明感のあるライトブルーのトリコットツートン仕様のシート表皮が採用されております。

もともとモデリスタでは、ハイエースのエアロキットやインテリアのパーツが豊富に揃っております。今までモデリスタとしては、比較的シュッと格好良いデザインのエアロ等のラインアップが多いと筆者は感じます。今回新たにレトロ感たっぷりのリラックスベースを提案してくるのであろうと推測します。

参考URL
https://www.modellista.co.jp/product/hiace/relaxbase/
 (20637)

まとめ

第1弾同様に、やはり㈱トヨタモデリスタインターナショナルとしては、節目の20周年になります。今までの非常に格好良いデザインの追及は勿論のこと、ハイエースリラックスベースのような新しい提案も盛り込んできていると考えます。東京オートサロン2018のモデリスタブースは見逃せません!
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me