2018年5月11日 更新

アルファロメオ、新型SUV「ステルヴィオ」に限定車「ファースト・エディション」を設定

FCAジャパンは、アルファロメオ初の本格SUV、「ステルヴィオ」の本格導入に先駆け、限定車「ファースト・エディション」を6月25日(月)に発表します。ステルヴィオはスポーツセダン「ジュリア」から受け継いだ走行性能を実現したモデルです。

アルファロメオ、新型SUV「ステルヴィオ」に限定車「ファースト・エディション」を設定

峠に由来する車名を持つ「ステルヴィオ」

 (30364)

「ステルヴィオ」の車名の由来は、北イタリアにあるワインディングロードで48のヘアピンを持ち、歴史ある自転車レース、ジロ・デ・イタリアにも度々登場する有名な「ステルヴィオ峠」に由来します。

「ステルヴィオ峠」は、標高が2,757mにもなることから、「天空の道」と呼ばれ、世界中の人々が車やバイク、そして自転車で訪れており、車のCMにもたびたび登場。英国BBCの自動車バラエティ番組「トップ・ギア」において、「世界最高のドライビングロード」として紹介されています。

ジュリアを受け継ぐ走行性能

STELVIO - Alfa Romeoの情熱が生んだ、初のSUV-

 (30377)

ステルヴィオは、アルファロメオの新世代モデル第2弾となるプレミアムSUVであり、2016年にドイツ・ニュルブルクリンク北コースで世界最速の量産4ドアセダンの座に輝いたジュリアの最新鋭アーキテクチャーを受け継ぎ、卓越した俊敏性、および操縦安定性を実現しています。

ドライブトレーンには、あらゆる路面で抜群の安定性を発揮するアルファロメオ独自の4輪駆動システム「Alfa Romeo Q4」を採用。走行状況に応じて前車軸に50%、後車軸に100%を上限に迅速なトルク伝達を行う可変トルク配分機構により、ドライバーの思い通りのラインをトレースする正確なハンドリング特性を実現します。

このように、安定性、トラクション、安全性といった四輪駆動のあらゆるメリットと、後輪駆動のレスポンスやドライビングプレジャーを高次元で両立させているのが、アルファロメオ独自の4輪駆動システム「Alfa Romeo Q4」なのです。

ファースト・エディションは限定400台

 (30369)

6月25日に発表となる限定車「ステルヴィオ・ファースト・エディション」は、限定400台の特別仕様で、20インチの5ツインスポークアロイホイールや外装4色、内装4色のカラーバリエーション、レッド仕上げブレーキキャリパー、上質なプレミアムレザーシート、ウッドパネルなどを標準装備しています。

 (30379)

エンジンは、「ジュリア」にも採用される、最高出力280ps、最大トルク400Nmを発生する、2.0L列4気筒ツインスクロールターボを搭載し、8速オートマチックトランスミッションを組み合わせます。車体の軽量設計とあいまって0-100km/hタイムは5.7秒という、同クラスのSUVとしては類い稀な加速性能を誇っています。

特設サイト開設、「#ターニングポイント」キャンペーンもスタート

 (30372)

また、FCAジャパンは10日に、新型ステルヴィオの特設サイトを開設しました。高みを目指す人たちの「ターニングポイントストーリー」コンテンツやプロダクトムービー、アルファロメオならではのSUVであるステルヴィオの特徴などを公開中。発売に先駆け新型ステルヴィオに関するさまざまな情報を発信しています。(http://www.alfaromeo-jp.com/models/stelvio/

そして、「#ターニングポイント」キャンペーンをスタートし、その第1弾として、北京五輪日本代表で元プロ・ロードレーサーである宮澤崇史氏の「ターニングポイントストーリー」コンテンツ、さらに、世界最古の自転車ブランド「ビアンキ」とのコラボレーションを実現しています。このコラボレーションにより、アルファロメオ・ステルヴィオの車名の由来となったステルヴィオ峠を宮澤崇史氏と共に巡るサイクリングやアルファロメオ歴史博物館、ビアンキ本社を訪問するツアーを実施。抽選で1組2名様にプレゼントしています。

まとめ

 (30375)

次々登場するSUVですが、アルファロメオとなれば注目度も抜群。エンジンも4WDシステムもジュリア」で実証されているので、パフォーマンスは折り紙付き。あとは価格次第となりそうですが、どうせなら限定車「ステルヴィオ・ファースト・エディション」を狙う事をお勧めします。最近の輸入車は、これら限定モデルの比重が高く、早い段階で完売することも多いのです。そして、今後はこの「ステルヴィオ」がアルファロメオの主力モデルとなりそうです。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン