2019年4月2日 更新

アウディのプレミアムコンパクトカーであるA1の魅力を紹介します!

アウディのA1はコンパクトカーではありますが、アウディの技術がしっかり刻みこまれており、上質なデザイン・仕様になっています。今回はそんなA1の魅力を紹介していきたいと思います。

アウディのプレミアムコンパクトカーであるA1の魅力を紹介します!

A1ってどんな車?

Audi A1 > A1 > アウディジャパン (57955)

A1は、アウディが2010年から製造・販売しているコンパクトカーであり、現行モデルが初代のモデルになります。日本国内ではその翌年の2011年から販売されています。アウディのラインナップ中で最もコンパクトなモデルかつエントリーモデルであり、高級車ブランドと言われるアウディの中でも購入しやすいモデルとなっています。

A1の外観

Audi A1 > A1 > アウディジャパン (57958)

A1の外観はコンパクトカーでありながらも、アウディらしい上質なデザインが魅力です。フロントマスクは、シングルフレームグリルの幅を拡大し、さらにシャープで精悍な仕様に変貌を遂げました。車体寸法は全長3,985mm x 全幅1,740mm x 全高1,425mmとなっており、全幅以外は国産車の5ナンバーのコンパクトカー並みのサイズになっています。全幅がコンパクトカーにしては少し広いので、室内にはゆとりがある空間が生まれています。

A1の内装

Audi A1 > A1 > アウディジャパン (57961)

A1の内装は、インストルメントパネル各部の素材から厳選しています。エアコン吹き出し口にはジェットエンジンのタービンをイメージしたデザインを施しており、視覚的な美しさを提供しています。ドアやスイッチ類は、触れた時の質感や、心地よい操作音まで吟味され、上質なモデルであることを象徴しています。
またシートは、質感の良さだけでなく、長年の使用でも経年変化の少ない素材を用いています。圧力を分散する設計を行なっているので、身体の一部分だけに負荷がかかるようなことはありません。
Audi A1 > A1 > アウディジャパン (57962)

A1の走行性能

Audi A1 > A1 > アウディジャパン (57965)

A1のエンジンには1Lエンジンと1.4Lエンジンが用意されており、1Lエンジンは直列3気筒DOHC12Vインタークーラー付きターボユニット、1.4Lエンジンは直列4気筒DOHC16Vインタークーラー付きターボユニットが搭載されています。
1Lエンジンは最高出力が70kW(95PS)・最大トルクが160Nm(16.3kgm)の数値になっており、自然吸気の1.5Lクラスに匹敵する走行性能になっています。
1.4Lエンジンは最高出力が110kW(150PS)・最大トルクが250Nm(25.4kgm)の数値になっており、自然吸気の2.5ℓクラスにも肩を並べる走行性能になっています。
ターボチャージャーや筒内直接噴射、可変バルブタイミングといった先端技術がこれまでの常識を打ち破り、小排気量エンジンの新たな基準を作り出しています。

また燃費性能も優れており、エンジンの燃焼効率を高めた先進技術に加えて、スタートストップシステム(アイドリングストップ)や7速Sトロニックトランスミッションなどの高効率メカニズムが組み合わされています。1Lエンジンは最大22.9km/Lの数値・1.4Lエンジンはcylinder on demand(気筒休止システム)も搭載し、最大21.1km/Lの数値を実現しています。

A1の価格

A1のグレードと価格は、2,490,000円~(1.0 TFSI S tronic)・2,650,000円~(1.0 TFSI sport S tronic)・3,290,000円~(1.4 TFSI cylinder on demand S tronic)になっています。
国産車のコンパクトカーと比べると高めですが、アウディのモデルがこの価格帯で購入できるという点だけでも大きな魅力です。

まとめ

今回はアウディのプレミアムコンパクトカーであるA1の魅力を紹介してきました。
コンパクトカーサイズなので運転もしやすいですし、アウディのクルマを運転してみたいと思われる方には購入しやすくオススメのモデルになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi